カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは免許がなくても契約できる?基本的な仕組みやおすすめのカーリース会社もあわせてご紹介!

生活の幅を広げてくれるマイカーの存在は非常に魅力的ではあるものの、自動車購入は経済的負担が大きいのも事実です。そこで、お得にカーライフを送る選択肢として、節約上手な人たちの間で個人向けカーリースの存在に注目が集まっています。 しかし、個人向けカーリースの情報に詳しくない方は「カーリースってどうお得なのか?」と疑問を感じる方も少なくありません。また、様々な理由から、免許がない状態でカーリースを契約したいと考えている方もいるのではないでしょうか。 ここではカーリースの基本的な仕組みと共に「自動車運転免許がなくてもカーリース契約ができるのか?」について紹介します。

カーリースの仕組みをわかりやすくご紹介!

購入でもレンタルでもない新しいカーライフスタイルとして注目されているのが「個人向けカーリース」です。従来、カーリースは法人向けに提供されてきたことから、個人利用者には馴染みの少ないサービスですが「リーズナブルにカーライフを楽しめるサービス」として、注目され始めています。

カーリースは所有することなく自動車を利用することからレンタカーに近いものですが、利用者が希望する車両をカーリース会社が代理で購入し、専用車両として貸し出す点が、不特定多数が利用するレンタカーとの違いです。

自動車を購入する場合はカーローンの利用が一般的ですが、月々の支払いを抑えるためにはまとまった頭金を用意する必要があります。カーリースの場合、車両購入はカーリース会社が行うため、頭金を用意する必要がなく、月々のカーリース料金を支払うだけで利用できることから「リーズナブルに新車に乗れるサービス」として注目されています。

また、自動車を購入した場合は月々のローンの返済以外に自動車税や車検時の車検整備や検査費用、自賠責保険料、自動車重量税などの車両維持費を負担する必要があります。

その点、カーリース契約にはファイナンスリースとメンテナンスリースがあり、個人向けカーリースは一般的にメンテナンスリースを採用しています。

メンテナンスリースはリース車両に発生する上記の維持費の多くをカーリース会社が負担し、利用者は基本的に月々のカーリース料金と燃料費、任意保険料のみで車両を使用できる契約です。このことから、カーリースはリーズナブルに新車に乗れるサービスだと言われています。

 

カーリースは免許がなくても契約は可能?

自動車運転免許の取得は運転するための絶対的条件であり、免許を持たない場合、自動車の運転はできません。しかし、必ず車の所有者が運転しなければならないという決まりはないため、免許を持っていない場合でも自動車の購入は可能です。

実際に家族のために購入するケースやプレゼントとして自動車を購入するケースや自営業者が社用車として購入するケースがあり、購入に対して免許の有無は影響しません。ただし、カーローンを利用する場合、ローン会社によっては無免許で契約できるのは運転者の同居家族のみなどの条件を設定しているケースもあるので、注意が必要です。

既に紹介したとおり、カーリースは利用者の希望する車両をカーリース会社が代理購入して貸し出すサービスですので、車両の所有者はカーリース会社となり、利用者は車検証上の「使用者」として登録されます。

つまり、利用者が使用者と同義語となるため、自動車運転免許の保有はカーリース契約の必要条件のように感じますが、カーリース会社は契約申込者と車両使用者が同一である制限を行わないため、申込者以外も車両を使用できます。このことから、契約条件に免許が必須かどうかはカーリース会社によって異なります。

ただし多くのカーリース会社は契約時の必要書類として免許証を挙げているのも事実で、カーリース契約には免許証が必要である印象を受けます。しかし、必要書類に免許証が含まれる理由は、本人確認書類として挙げられているケースが多い傾向にあります。

本人確認書類として免許証は非常に一般的ですが、これはパスポートやマイナンバーカード、保険証などで代用することも可能です。本人確認書類が提出できれば契約可能としているカーリース会社も存在することから、免許を持っていないことを理由に自動車の調達手段からカーリースを外すのではなく、まずはカーリース会社に確認することをおすすめします。

 

カーリース契約はできても、無免許運転はもちろん禁止!

免許証がなくても自動車の購入やカーリースの利用は不可能ではありませんが、自動車が手に入ったからと言って、無免許で運転できる訳ではないことはしっかりと理解しておいてください。

自動車運転免許は交通ルールの理解や運転技術の習得を行ったことを証明するために発給されるもので、免許証を持たない方に運転資格はありません。仮に無免許運転を行った場合は道路交通法違反で3年以下の懲役または50万円以下の罰金の処分対象となります。

これは無免許運転を行った運転者だけでなく「無免許を知りながら同乗したもの」、「無免許を知りながら車両を貸し付けたもの」に対しても適用されます。また、重大事故を起こした場合は逮捕され、過失運転致死傷罪に問われる可能性もあります。

さらに、無免許運転は道路交通法にふれる違法行為であると共に、カーリース会社や自動車保険会社とのトラブルの原因にもなります。多くのカーリース契約は万が一の事故に備えて車両保険と共にカーリース会社の保証が付けられていますが、無免許運転には適用されず、利用者が加入している任意保険がある場合でも、自動車保険は無免許運転のケースには適用されません。

無免許運転では全ての保険や保証が適用されないことになり、補償や修理などの全ての費用に対する責任が無免許運転を行った運転者が負うことになります。免許がなくてもカーリース契約は結べますが、無免許運転は絶対にするべきではありません。

 

人気の高いカーリース会社は?おすすめの3社をご紹介!

経済的負担を感じることなくカーライフを楽しめるのが魅力のカーリースを提供する、おすすめのカーリース会社3社を紹介します。

オリックス自動車

オリックス自動車のカーリースサービス「いまのり」シリーズはカーリース期間が5年の「いまのりくん」、7年の「いまのりセブン」、9年の「いまのりナイン」の3つのプランを提供し人気を集めています。

契約期間中は無料で車検やオイル交換クーポンがもらえるメンテナンスリースのうえ、一定期間を過ぎれば契約満了前でも乗り換えや返却が可能です。「いまのりくん」の場合、契約から2年経過すれば、乗り換えや返却が可能でライフステージに合わせたカーライフを楽しめる魅力的なカーリースだと言えるでしょう。乗換えを楽しみたい方や、長期契約が不安な方におすすめです。

コスモスマートビークル

車両価格・メンテナンスパック・走行距離・リース期間・頭金やボーナス払いを予算に合わせてプランニングできるのがコスモスマートビークルの「Myカーリース」です。特に予算やカーライフスタイルに合わせメンテナンスパックを次の3つの中から選べるのが特徴的です。

・車検、整備、消耗品交換など必要な費用を全てサポートする安心の「ゴールドパック」
・車両維持の標準的費用をサポートしリーズナブルに利用できる「シルバーパック」
・車両代金や自動車税など最低限の費用をサポートし手軽に利用できる「ホワイトパック」

全国のコスモ石油でガソリン割引を受けられるのも嬉しいサービスであり、車選びに自信がない方でも、豊富な専門知識をもつカーライフコンセルジュのサポートが受けながら車選びができる頼もしいカーリースサービスです。

カーコンカーリースもろコミ

驚きの低価格のカーリース料金を設定し、人気が高いサービスなのが、カーコンビニ倶楽部株式会社の提供するカーリースサービス「カーコンカーリースもろコミ」です。7年契約の「もろコミ7」、9年契約の「もろコミ9」があり、個人向けカーリースでは珍しい、残価設定無しのクローズドエンドリース方式を採用し、カーリース契約満了に車両がプレゼントされ、そのまま乗り続けることができます。

2019年1月1日(火)~3月31日(日)の期間中に、「もろコミ7」または「もろコミ9」を成約すると「もろコミ7・9(※特選車を除く)ご成約特典」として次の4つがプレゼントされます。

・ガラスコーティング剤「スパシャン」
・車載用防災セット「Refill Box 24」
・ドライブレコーダー
・キズへこみ保証クーポン

またWEB申し込み限定ですが、同期間中にもろコミ7「特選車」の成約者には「もろコミ7「特選車」ご成約特典」として折りたたみ電動アシスト自転車、キズへこみ保証クーポンがプレゼントされます。
※上記特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。
※2019年2月時点の情報です。
人気カーリースを見る

関連する記事

日本の車検費用はなぜ高い?費用の内訳や車検を安く済ませる方法をご紹介!

自動車検査登録制度を採用する日本で車を維持するには、一般的に車検と呼ばれる「自動車検査車検」を受け、合格する必要があります。車検は国土交通省が定める安全基準などを基に行われ、基準をクリアしない場合は合格することができません。 車の安全性能を高いレベルで保つために、定期的な車検は有意義な存在だと言えますが、費用が高いことがネックであり、車検対策に頭を悩ませる方は少なくないと言えるでしょう。 国内で車を維持するために避けて取ることができない車検の仕組みや、費用が高い理由、高い車検費用を抑える方法などを紹介します。

カーリースは誰でも契約できる?利用できる条件や審査について解説!

「購入するよりもお得な条件で誰でも新車でカーライフをスタートさせられる!」と人気が高まっているのが個人向けカーリースです。 誰でもカーリースの利用ができると嬉しいのですが、カーリースの契約前には審査が行われ、残念ながらカーリースを利用できるのは誰でもではなく、審査を通過した方だけだというのが現実です。 しかし審査さえ通過すれば誰でもカーリースを利用して新車でのカーライフを楽しめますので、今回は、カーリースの利用条件や審査について解説します。

リース車が故障した場合の修理と修理費用はどうする

リース車を利用していて急に故障してしまった場合、あるいはこれからリースを検討している方でも、乗っていて故障してしまった場合はどうすれば良いのか?走っている途中などではパニックになってしまい事故を誘発しかねません。いざという時のために故障の時はどうするか、修理費用はどうなるのか、といったことを知っておきましょう。

カーリースとレンタルの違いって何?契約内容やメリットを徹底比較!

車を手に入れる方法としてカーリースを利用する人は増えてきています。カーリースの仕組みを聞くと、車をカーリース会社からレンタルして乗るようなものであると説明されるかもしれません。そこで浮かぶのが、レンタカーとは一体何が違うのだろうかという疑問です。 実はカーリースは車を借りている状態ですが、レンタカー会社でのレンタルとは全く異なる形式です。そこで、カーリースとレンタルの違いと、カーリースを選ぶ人がなぜ多いのかを見てみましょう。

ペーパードライバーから抜け出したいのに車がない…そんなときはカーリースを活用しよう!

ペーパードライバーを抜け出したい!と思っても、急に車を買うのは事故のリスクの高さや気持ちの準備だけでなく、お金も必要ですので、簡単な決断ではありません。その点、カーリースはフラットな支払いで生活を圧迫することなく車に慣れるのに最適です。今回はペーパードライバーの方にカーリースがおすすめである理由を詳しく紹介していきます。

業務で使うトラックは購入とリースどっちがお得?トラックをカーリースする場合のメリットとデメリット

「事業でトラックを使いたい」「トラックのカーリースってあるの?」「購入とリース、どちらが良いのだろう」そんな風に悩む方に向けて、今回はトラックをカーリースした際のメリットとデメリットについて解説します。法人リースを検討している方は必見です。