カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは利点がたくさん!?カーリースの仕組みから注意点、メリット・デメリットまで細かく解説!

カーリースには様々なメリットや利点があり、それゆえに人気を集めています。今回はカーリースの利点について、徹底解説します。また、カーリースには利点もある一方で注意点やデメリットもあります。その点についてもご説明しますので、参考になさって下さい。

カーリースとはどんなもの?

カーリースの利点について考える前に、まずカーリースの仕組みについて見てみましょう。

カーリースとは、月々定額のリース料金を支払うことでカーリース会社から車を長期間貸し出してもらえる仕組みのことです。レンタカーのサービスは、数時間から数日間の利用を前提としていますが、カーリースの契約は一般的に3年、5年、7年などの長期にわたります。

レンタカーやカーシェアとは違って、リースした車を自分だけで長期間利用できますので、マイカーのような感覚で車を楽しむことができます。ただし、車の「所有者」はあくまでもカーリース会社で、車検証にも、そのように記載されます。

カーリースの場合、利用する車は在庫の中から選ぶわけではありません。契約が成立した後、カーリース会社がディーラー経由で車を調達しますので、あらゆるメーカー・車種から選択できます。

購入の場合と同じように、グレードやオプションも自由に選ぶことが可能です。なお、カーリースの車は、レンタカーやカーシェアの車とは違って「わ」ナンバーにはなりません。ですから、ナンバープレートでリース車だと判別されることはありませんので、気になる方は安心です。

月々のリース料金は「車両価格」から「契約終了時の車両の予想残存価値(残価)」を差し引いた金額を元に設定されます。カーリースの料金には、登録諸費用や各種税金、自賠責保険料、車検代なども含まれています。契約プランによっては、整備点検や消耗部品の交換などのメンテナンスの費用も含まれます。

契約期間が終了した後は、車を返却してリースを終了することもできますが、新たに別の車をリースすることもできます。さらに、契約を延長して同じ車のリースを続けることもできたり、残価で車を買い取ったりするという選択肢もあります。

※契約プランによっては、契約の延長や車の買い取りができない場合もあります。

 

知っておきたいカーリースの利点とは

ここで、カーリースの利点を見てみましょう。個人カーリースの利点と法人カーリースの利点を、それぞれご紹介します。

個人カーリースの利点

・各種税金、自賠責保険料、車検など車の維持に必要なものが毎月定額のリース料金に含まれるので、車に関係する出費が安定します。これは、家計のやり繰りがしやすくなるという利点につながります。

・契約プランによっては、整備点検や部品交換などがサービスに含まれるため、車のメンテナンスが非常に楽になります。

・車両価格から残価があらかじめ差し引かれますので、ローン購入と比べると毎月の支払いを安く抑えることができます。

・頭金を支払う必要がありませんので、高額な初期費用が発生するのを避けることができます。

契約期間が終了した時に、車を返却して新しく別の車をリースすることで、簡単に車を乗り換えることができます。車は数年もあれば、新しい車種やモデルが登場する可能性が高く、定期的に新車に乗り換えたいという人は少なくありません。そのような人にとっては利点があると言えます。

法人カーリースの利点

・購入の場合のように、資産計上して減価償却の処理をする必要がありませんので、会計上の処理が楽です。さらに資産税もかかりませんので、節税につながるという利点もあります。
※契約によってはカーリースもリース資産として計上しないといけない場合があります。

・月々のリース料金を全額経費として計上できるため、節税効果を期待することができます。

・車の管理をカーリース会社に任せることによって、車の管理業務を減らすことが可能です。これは人件費の節約につながりますので、1つの利点だと言えるでしょう。

・車両の入替が容易です。購入した車を入れ替える際には、車の売却手続きと新しい車の購入手続きが必要となります。その時には車両運搬具売却損益を計上したり、新しい車を資産計上したりと、面倒な事務処理もあります。一方、カーリースではそのような必要がありませんので、簡単に車を入れ替えることができます。

 

カーリースを利用する際の注意点

カーリースにはたくさんの利点があることが分かりました。しかしながら、カーリースには利点だけではなく、難点や注意点もあります。利点だけに注目するのではなく、デメリットについても把握しておくのは大切なことです。

カーリースのデメリット

・契約期間が満了しても車は自分の物になるわけはないので、カーリース会社に返却しなければなりません。残価で車を買い取る場合、総支払額がローン購入よりも多くなってしまいます。

・中途解約には高額な費用がかかります。残りのリース期間の料金の全額を負担する必要がありますので、事実上、中途解約はできないと思っていた方がいいでしょう。

・契約終了時に車の査定が行なわれ、査定額が契約時に設定した残価を下回ると差額を負担しなければなりません。車を大事に扱い、コンディションを維持する必要があります。

・走行距離に制限が設定されることが多いです。契約終了時に設定距離を超えていると、距離に応じて追加料金を請求されます。料金は1kmあたり、3円〜10円程度です。

・元の状態に戻せないような、車の改造やカスタマイズをすることはできません。

 

カーリースと購入、迷ったら?

カーリースには利点もあれば難点もありますので、カーリースにしようか、購入にしようか迷うかもしれません。結局のところ、カーリースがお得かどうかは、利用する人によって変わってきます。

つまり、カーリースの利点を活かせる人と、カーリースに向いていない人がいるのです。具体的には以下のとおりとなります。

カーリースの利点を活かせる人

・車に関わる出費を安定させたい人
・各種税金の支払い、車検、点検整備などの面倒な車の管理から解放されたい人
・頭金を払わずに毎月リーズナブルな料金で新車に乗りたい人
・数年ごとに新しい車に乗り換えたい人

カーリースに向いていない人

・車をなるべく安く自分の物にしたい人
・車のコンディションを維持する自信がない人
・日常的に長距離のドライブをする人や、距離制限を気にすることなくドライブを楽しみたい人
・車を自分好みに改造したい人
・住宅ローンを組むことに不安を感じる人

※残価設定のあるカーリースを利用している場合、「返済比率」が高いとみなされてしまい、住宅ローンの審査に通らない可能性があるそうです。融資審査ではカーリースを借り入れとみなして、「残りのリース期間=残りの借入期間」、「残価を含んだ総額=残りの借入金額」とみなして、返済比率を出てしまうことがあるからです。ただし、カーリースの仕組みは審査機関も知っているはずですので、不安な方はカーリースの契約書やリース料金の支払い予定明細などを提出しておくと良いかもしれません。

このように、カーリースの利点を活かせる人とそうではない人がいます。自分はどちらのタイプに近いかを考えて、カーリースにするか購入にするかを決めると良いでしょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

オリックスカーリースの口コミや評価を徹底調査!

長期のリース契約を結んでマイカーのように新車を楽しめる個人向けのカーリースのサービスが人気を集めています。大手の業者の1つがオリックス自動車のカーリースで、全国的な規模でサービスを展開しています。ここでは、オリックスのサービスやプランの内容を解説すると共にカーリースの口コミや評価をお伝えしていきます。

カーリースのサービス内容とは?メリットやデメリット、今注目のカーリース会社のサービスまで詳しくご紹介!

これまでは新車を導入するとなると、購入するのが一般的でした。新車の購入の際には現金で一括購入するか、オートローンを利用するかの二択でしたが、どちらにしてもかなりの初期費用がかかります。 新車の購入はマイホームの次に大きな買い物である、というのがこれまでの一般的な認識だったのではないでしょうか。ですが、話題となっているカーリースは、今までの認識を覆すようなサービスとして注目を集めています。 ここでは、カーリースのサービス内容についてはもちろん、メリット、デメリットについても詳しくご説明します。