カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは割高?お得な仕組みと賢い利用法をご紹介!

カーリースのサービスは割高でしょうか、それとも割安でしょうか?今回は、カーリースの仕組みを解説すると共に、その疑問にお答えしたいと思います。また、カーリースの賢い活用法もご紹介します!

カーリースは割高?あるいは割安?カーリースの仕組みを解説

カーリースは、毎月定額の料金を支払うことでカーリース会社から車を借りられるサービスです。カーリースの契約期間は、3年、5年、7年などの長期に及ぶのが一般的ですので、まるでマイカーのような感覚で車を利用できますが、車の所有権はあくまでもカーリース会社にあります。

カーリースの車は、レンタカーのように在庫の中から選ぶわけではありません。契約が成立してからカーリース会社がディーラーから車を調達するシステムとなっていますので、さまざまな車種から車を選ぶことができ、オプションも付けることが可能です。

カーリースは、車を借りるための契約ですので、契約満了まで利用しても、基本的には車は自分のものにはなりません。自分のものにするためには、追加でお金を支払って買い取る必要があるのです。

このように、カーリースはローン購入とは違って、長い間毎月料金を支払っても、最後に車が自分のものにならないため、割高のサービスという印象を持っている人もいます。

 

カーリースは税金やメンテナンス費用も含むため、割高とは言えない場合もある!

前述の通り、カーリースのサービスが割高だと考えている人がいます。実際、同じ契約期間、同じ車種でカーリースとローンの月々の支払い額を比較すると、料金はほとんど変わらず、むしろローンの支払いの方が安い場合さえあります。

最後に車が自分のものにならないのに、ローンと月々の支払いがほとんど変わらないとすれば、確かにカーリースは割高のサービスであるように思えますね。

しかし、単純にカーリースが割高であると結論付けることはできません。なぜなら、カーリースの月々の料金には、車両価格や登録諸費用だけではなく、他にも様々な費用が含まれているからです。

例えば、メンテナンスリースという契約形態であれば、月々のリース料に、車両価格、登録諸費用、自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、定期点検代、車検代、部品交換代、オイル交換代などがすべて含まれます。

つまり、カーリースの場合、月々の料金を支払ってさえいれば、車の維持管理の費用はほとんど発生しません。一方、ローンで車を購入した場合には、月々の返済以外にも、税金の支払いや車検、部品交換などのタイミングで費用が別に発生することになります。

そして、車種や契約プランにもよりもますが、カーリースの月々の料金の合計と、車をローンで購入して、車の維持費用をその都度支払っていった場合にかかる費用の合計を比較すると、カーリースの方が20~30万円安く済むという結果が出ることもあります。割高どころか割安となるのです。

ただし、前述の通り、カーリースの車は契約満了後に買い取ることが可能ですが、その場合の総支払額は、ローンで車を購入した場合にかかる費用の合計よりも割高になります。なぜなら、カーリースの場合は、リース料全体、つまり車両価格だけではなくその他の諸々の費用にも金利がかかってしまうからです。

このように見てきますと、カーリースが割高なのか、それとも割安なのか、一概に判断することはできないということがわかります。

ただ、カーリースは車の維持費用コミコミの定額で利用できるので、家計のやり繰りがしやすい便利なサービスなのは間違いありません。また、メンテナンスをカーリース会社にお任せできるので、車の管理の手間がかからないというメリットもあります。

 

カーリース料金が割高になる可能性も含んでいる「残価設定」とは?

個人向けのカーリースには多くの場合に残価設定があります。

残価設定とは、契約満了時に車の下取り価格がどれくらいになるのかを見込みで設定することです。そのようにして設定された金額を「残価」と言います。カーリースの月々の料金を算定する際には、この残価を車両価格からあらかじめ差し引きます。

つまり、カーリースの利用者は車両価格を全額負担する必要がありませんから、購入する場合よりも車両に対する支払いを安く抑えることができるのです。

しかしながら、この残価設定には、結果として支払額が割高になってしまうリスクもあります。なぜなら、契約満了時に残価精算があるからです。つまり、契約満了時に返却車両の査定が行なわれ、査定額が残価を下回った場合には、不足分を請求されることになります。

もちろん、通常の使用による損耗に関しては特に問題になることはありませんが、乱暴な扱い方をしたり、事故などでダメージが残ったりした場合には、残価精算で高額な請求が発生して、結果として支払額が割高になってしまう可能性があります。

また、リースしていた車のメーカーの不祥事などで車の価値が大きく下がってしまった場合にも、利用者には非がないとはいえ、精算金が生じることがあります。残価は、あくまでも見込みの価格であり、契約満了時の車の価値を保証するものではないのです。

このように、残価設定はカーリースの料金を安く抑えることを可能にするシステムであると同時に、結果として支払額が割高になってしまう可能性を含む仕組みでもあります。

 

すべてコミコミ、残価設定も無しの「カーコンカーリースもろコミ」がおすすめ!

前の項目で、残価設定はカーリースを結果として割高にしてしまうリスクがあることについてご説明しました。そんなリスクが不安な方におすすめなのが、カーコンカーリースもろコミです。

カーコンカーリースもろコミは、個人向けのカーリースとしては珍しく、残価設定がないサービスです。残価設定が0円ですので、契約満了時の残価精算は必要ありません。しかも、契約満了時には車をそのままもらえます。まさに賢いカーリースの活用方法と言えるでしょう。

さらに、今なら下記の期間限定のキャンペーンを実施中です。

1 もろコミ7またはもろコミ9(※特選車を除く)ご成約特典

2018年10月1日(月)~12/31(月)に、もろコミ7(7年リース)またはもろコミ9(9年リース)を申し込んで契約した方が対象で、内容は、車載用防災セット、ドライブレコーダー、キズへこみ保証クーポンのプレゼントです。

2 もろコミ7の「特選車」ご成約特典(WEB申し込み限定)

2018年10月1日(月)~12月31日(月)に、WEBから特選車の申し込みをして特選車の契約をした方が対象で、折りたたみ電動アシスト自転車、キズへこみ保証クーポンをプレゼントしてもらえます。

※キャンペーンのサービス内容は予告なく変更、終了する可能性があります。

契約満了時の残価精算が心配な方は、カーコンカーリースもろコミを利用すると良いでしょう。

今回見てきたように、カーリースは料金だけを見ると割高のサービスのように見えるかもしれませんが、諸々の費用コミコミの定額で利用できるという大きなメリットがあります。

また、車の調達はカーリース会社が行いますので、購入の際のディーラーとの面倒な交渉も不要です。カーリースは賢く車に乗る方法としてオススメのサービスなのです。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの契約終了後の再リースは可能?

カーリースでは3年、5年、7年などの契約期間が明確に決まっており、契約期間が終了すると、基本的には車を返却することになります。しかし、リースした車を気に入って、契約終了後も乗り続けたいと思うことがあるかもしれません。契約期間が終わった後に、同じ車を再リースすることはできるのでしょうか?

カーリースに欠点はある?賢い利用方法をご紹介!

最近注目されている車の利用方法でもあるカーリース。月々一定料金で車を利用できることもあって、様々なメリットがあるサービスではありますが、もちろん欠点もあります。人によっては、カーリースの利用が合わない場合もあるので、注意が必要です。今回はカーリースの欠点を紹介して、賢く利用するための方法をまとめていきます。

カーリースの料金は月々いくら?契約期間や車種でも変動する料金をできるだけ抑えるにはどうする?

カーリースの料金は、月々いくらかかるのでしょうか。カーリースは割高になると思っている方もいるかもしれませんが、カーリースにもいろいろな料金設定があります。プランの選び方や車種、契約期間によって、カーリースの利用料金は大きく異なるのです。今回はカーリースの利用料金をなるべく抑えるための賢い方法をご紹介します。