カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは契約してからどれくらいで納車してもらえるか?

カーリースは契約をしたら、すぐに車に乗れるわけではなく、納車を待たなければなりません。では、カーリースの契約をしたら、どれくらいの期間で納車してもらえるのでしょうか?

カーリースの利用の流れ

納車の時期について見る前に、カーリースの利用の流れを確認しておきましょう。

1 カーリース会社と車種の選択

同じカーリースでも会社によってそのサービスやプランの内容は様々ですから、よく調べて自分のニーズや希望に合った会社を選ぶようにしましょう。

車種は新車のカーリースであれば、国産全メーカー・全車種を扱っている場合が多いです。中古車のリースの場合は基本的に在庫の中から車を選ぶことになります。

2 見積もりの確認

車種を決めたら、「契約期間」「メンテナンスパック」「走行距離制限」「オプション」「頭金やボーナス払いの有無」などの条件を具体的に設定して、見積もりをカーリース会社に出してもらいます。見積もりに納得がいったら審査に申し込みます。

3 審査

カーリースにも審査があります。利用者はリース期間が終了するまで毎月料金を支払い続けなければなりませんから、カーリース会社は利用者に本当に支払い能力があるかを確認するために審査を実施します。

審査に落ちると契約の段階に進むことができません。審査に受かるためには安定した収入(年収200万円以上)が必要だと言われていますが、収入が不十分でも、連帯保証人を付ければクリアできる場合が多いです。

4 契約

審査をパスしたら契約の段階になります。カーリース会社から契約書が送られてきますので、目を通して内容をよく確認しましょう。

内容に問題がなければ署名、捺印をして契約書をカーリース会社に返送するか店頭に持ち込みます。

契約が成立するとカーリース会社は車の準備をします。新車のリースの場合はカーリース会社がディーラーに車を発注することになります。

5 車両の登録手続き

車両の登録手続きに必要な書類を準備したり、書類に必要事項を記入したりします。また、駐車場を確保して車庫証明を取得する必要もあります。車両の登録の手続きはカーリース会社やディーラーが行なってくれます。

6 納車

最後にカーリース会社やディーラーが指定場所に納車してくれます。店頭に自分で車を取りに行く場合もあります。ここからカーリースの利用がスタートします。

 

新車の場合、カーリースの車はどれくらいで納車してもらえる?

納車の時期は、新車のリースか中古車のリースかで異なります。まず、新車の場合の納車のタイミングについて見てみましょう。主要なカーリース会社は納車の時期について、以下のように述べています。

オリックスカーリース(オリックス自動車株式会社)

「リースの契約手続きが完了(契約書締結)してから、通常は1~2ヶ月程度で納車できます。人気車や自動車メーカーの生産状況によっては、それ以上かかる場合があります」

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

「リース契約の手続き完了(契約書締結)後、通常は1~2ヶ月程度で納車できます。人気車や自動車メーカーの生産状況によっては、それ以上かかる場合があります」

定額ニコノリパック(株式会社MIC)

「新車ですので、ご契約いただいてからのオーダーとなります。 納車までに平均的に2か月前後お時間を頂戴しております。 それ以上かかる車種もございますので、ご契約時にご確認ください」

コスモスマートビークル(コスモ石油株式会社)

「お車によって納車までの日数が異なります。ただし、在庫車の場合は最短2週間で納車できます」

以上の内容を見てみると、納車の時期は契約成立からだいたい1~2カ月くらい、在庫車の場合の納車はもっと早い、ということが分かりますね。

 

中古車の場合、カーリースの車はどれくらいで納車してもらえる?

では、中古車リースの場合に納車までどれくらいかかるかを見てみましょう。いくつかの中古車のカーリース会社の納車のタイミングを調べてみました。

ワンプライス中古車リース My Car(オリックス自動車)

「リースの契約手続きが完了(契約書締結)し、お客さまにご用意いただく登録書類が当社に到着してから約3週間程度で納車となります。整備状況等によってはそれ以上かかる場合があります」

リボーン・カーリース(リボーン・カーリース株式会社)

「お申込みいただいてから約2週間程度のお時間をいただきます。お急ぎの場合は、各店舗へお問い合わせください」

ワンコインリース(潮来自動車販売株式会社)

「約2週間頂いております。お客様の必要書類の提出時期、車種により多少前後します」

ニチゴカーリース(株式会社FIFTEEN)

「約1~2週間かかります」

以上の内容を見ると分かる通り、中古車リースの場合、2週間くらいで納車してもらえるようです。

 

カーリースのメリットとデメリット

今回はカーリースの納車のタイミングについて見てきました。納車まで多少時間がかかりますので、余裕をもって申し込むようにしましょう。もっとも、これは車を購入する場合も同じですので、カーリース特有の問題・デメリットではありません。

最後に個人向けカーリースのメリットとデメリットをご紹介します。

カーリースのメリット

・出費が安定する

多くの場合、月々のカーリース料金には「車両代」や「登録諸費用」の他に「各種税金」「自賠責保険料」「車検代」も含まれています。さらに、契約プランによってはメンテナンスサービスも付きます。

そのため、カーリースを利用すると、毎月の車に関わる出費が安定します。車検や部品交換などのタイミングでまとまった出費が発生することがないのです。

・車の管理をカーリース会社にお任せできる

カーリースでは税金の支払いや車検、メンテナンスなどの車の管理をカーリース会社にお任せすることができます。

・出費を抑えられる

個人向けのカーリースでは多くの場合、「車両代」から「契約終了時点での車の予想残価」をあらかじめ差し引いてリース料金を設定します。つまり、購入の場合よりも「残価」の分だけ出費を抑えることができるのです。

カーリースのデメリット

・最後に車を買い取った場合はローン購入よりも総支払い額が多くなる

カーリースでは、契約終了時に車を「残価」で買い取れる場合があります。しかし、その場合、リース料金の合計と車の買い取り価格を合わせた総支払い額は、車をローン購入して、車の維持管理を自分でした場合にかかる総費用よりも多くなります。

なぜなら、リース料金にカーリース会社の利益分もしくはメンテナンスのサービス料が含まれているからです。

・中途解約ができない

カーリースの契約は基本的に途中で解約することができません。どうしても解約する場合には高額な解約手数料が発生してしまいます。

・車の使用に制限がある

カーリースでは、走行距離に制限が設定される場合が多いです。また、車を好き勝手にカスタマイズしたり、改造したりすることは原則として許されません。

カーリースには以上のようなメリットとデメリットがあります。その両面をしっかり把握した上で利用するようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

リース車を傷つけてしまった!査定や減額、修理代金はどうなるの!?

自己所有、レンタカー、リース…車を所有する手段に限らず、車を運転している以上、傷やヘコミなどは常につきまとう問題です。リース契約している車を傷つけてしまったりヘコミが生じてしまった場合、査定に響いたりするのでしょうか?また修理にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか?

カーリースしている車で長距離通勤ってコスパは良い?悪い?知っておきたいカーリースの走行距離制限

カーリースを検討している人の中には、毎日長い距離を車で通勤しているという人もいるでしょう。しかし、長距離通勤者の人がカーリースの仕組みを知らずに契約してしまうと、契約満了時に思いがけない出費を被る恐れがあります。 そこで今回は、特に長距離通勤者の方が注意すべき走行距離制限についてまとめ、カーリースを選ぶポイントをまとめました。