カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは損?得?かしこい活用法を知って快適なカーライフを楽しもう!

近年カーリースのサービスが注目を集めていますが、カーリースは実際のところ損なのでしょうか、得なのでしょうか?カーリースのかしこい活用法を知っていれば、お得にカーリースを楽しむことができるでしょう。今回は、そのコツをお伝えしていきます。

カーリースの料金体系をしっかり知っておこう

カーリースのかしこい活用法を知る上で、料金システムを把握しておくことは大切です。

カーリースは毎月定額の料金を支払うことで利用できます。頭金払いやボーナス併用払いなどをすることできますが、必ずしも、そうしないといけないわけではありません。

カーリースでは多くの場合、契約終了時点での車両の予想残存価格(残価)をあらかじめ設定し、その金額を車両本体価格から差し引きます。これを「残価設定」と言います。

例えば、新車価格が200万円の車を5年契約でリースするとします。5年後の残価を60万円に設定した場合、200万円から60万円を差し引いた140万円が月々のリース料金の元になる金額になります。

残価設定があると、ユーザーは車両価格の全額を負担する必要がありません。ただし、契約終了時に返却車両の査定が実施され、査定額が残価に届かなかった場合には、不足分を支払わなければならないという注意点もあります。

ですから、リース期間中は車を大切に扱うのがカーリースのかしこい活用法です。

各種税金や自賠責保険料の支払い、車検の手続きなどはカーリース会社が行う契約になっていることが多いため、月々の料金にはこうした費用も上乗せされています。整備点検や消耗部品の交換などのサービスも含まれている場合は、それらの料金も加算されます。

カーリースの契約では走行距離に制限が設定されていることがほとんどです。制限距離は短い場合で500km/月、長い場合で2,000~2,500km/月ほどですが、距離が長いと月額料金が高くなります。

なお、カーリースの料金には金利も掛けられています。先ほど残価設定の話をしましたが、金利は残価を差し引いた金額ではなく、車両価格全体の金額を元に計算されますので、この点は注意が必要です。

さらに、金利がかかるカーリースの料金には車両価格だけではなく、税金や車検、メンテナンスの費用も上乗せされています。

そのため、カーリースは金利の面ではローン購入よりも不利になると言えるでしょう。事実、最後に車を残価で買い取った場合には、ローン購入よりも支払い総額が多くなってしまいます。

 

ローン購入とカーリースそれぞれにかかる料金内訳

先ほど、カーリースの月々の料金には車両価格以外の料金も上乗せされていることについて触れました。

ここで、ローン購入した場合とカーリースを利用した場合それぞれにかかる料金の内訳についてご説明します。そこから、カーリースが車とのかしこい付き合い方だと言えるかどうかが見えてきます。

 ローン購入の場合

初期費用

頭金
車両価格
登録諸費用
自動車取得税
自動車税(1年分)
自動車重量税(3年分)
自賠責保険料(3年分)
リサイクル費用

毎月支払う費用

ローンの支払い(車両価格+金利)

維持費用

自動車税(毎年支払う)
車検料(新車登録3年後から2年ごとに実施)
自動車重量税(車検時に支払う)
自賠責保険料(車検時に支払う)
法定点検
定期点検
オイル交換(半年に1回程度)
消耗部品の交換(バッテリー、タイヤなど)
任意保険料
ガソリン代
駐車場代

カーリースの場合

初期費用

なし

毎月支払う費用

リース料金

維持費用

任意保険料
ガソリン代
駐車場代

料金の内訳から見えるかしこい車との付き合い方

このようにローン購入とカーリースそれぞれでかかる費用の内訳を見てみると、カーリースの方がはるかにシンプルですね。これがまさにカーリースがかしこい車との付き合い方と言える理由の1つです。

初期費用がかかりませんし、毎月の料金を支払っていれば、他に必要なのは任意保険料、ガソリン代、駐車場代くらいになりますので、楽に車を維持していくことができます。

事実、ローン購入とカーリースとでは、車種やメンテナンスの方法にもよりますが、年間で数万円~十数万円ほどの維持費の差がつきます。

 

リース車にお得に乗るなら残価設定のないカーリースプランをかしこく選ぼう

前述の通り、カーリースでは多くの場合、残価設定が行われますが、これにはリスクがあります。車の返却時に清算金が発生する可能性があるのです。また、金利も車両価格全体にかかりますので、金利面で得することもありません。

以上のことを考えると、残価設定のないプランを選ぶのもかしこいカーリース活用法の1つだと言えるでしょう。この点、「カーコンカーリースもろコミ」は残価設定なしのカーリースサービスをお得な料金で提供していますのでお勧めです。

カーコンカーリースもろコミには、「もろコミ7」(7年リース)と「もろコミ9」(9年リース)がありますが、どちらのプランも残価設定が0円となっています。

ですから、契約期間満了時に追加料金なしで車をそのままもらうことができます。これはつまり、車の損耗や走行距離制限の超過などによって清算金が発生するリスクがないということでもありますので、余計な心配をせずに、楽な気持ちでカーリースを利用したい人にお勧めのかしこいプランです。

しかも、カーコンカーリースもろコミの月々の料金は8,000円(税込)~と非常にリーズナブルな設定になっています。車は国産の乗用車であれば全メーカー・全車種から選択することができます

※PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両を除きます。

 

カーコンカーリースもろコミならさらにガソリン代もキャッシュバック

カーコンカーリースもろコミでは、ガソリン1ℓあたり20円(毎月最大2,000円)をキャッシュバックしてもらえるキャンペーンを実施中です。

カーコンカーリースもろコミのリース料金は月間走行距離2,000kmで算出しています。では、月に2,000km走行するとガソリン代はいくらになるでしょうか?

今は車の燃費性能が改良されていますが、性能の高い車でも実燃費は20km/ℓくらいでしょう。ですから、2,000km走行するのに100ℓ(2,000km÷20km/ℓ)のガソリンが必要になります。

ガソリンの価格は現在(2018年5月)140円/ℓくらいなので、1カ月あたり14,000円(140円×100ℓ)かかる計算になります。かなりの負担になりますね。

1ℓあたり20円(毎月最大2,000円)をキャッシュバックしてもらえる特典を利用するのは、年間で最大24,000円節約できることになり、カーリースのかしこい活用法だと言えます。

※2018年4月1日以降にカーコンカーリースもろコミに申込んで、もろコミ販売店でご契約の方がサービスの対象となります。キャンペーンの内容は予告なく変更・終了する場合があります。

今回は例としてカーコンカーリースもろコミについて取り上げましたが、このようなお得なキャンペーンを実施しているカーリース会社を利用するのは、かしこい車との付き合い方だと言えます。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースでフルオプションをつけた場合の費用は?

カーリースのオプションって何がついてくるの?費用はどうなる?といった疑問を持っている方は多いでしょう。そこで今回は、オプションの内容や費用について紹介します。そもそもオプションはつけるべきなのか、利用者の方はどのような選び方をしているのかといったことについても解説していきます。