カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは走行距離の制限があるので注意!走行距離無制限のカーリース会社ってあるの?

カーリースの走行距離制限をオーバーするとどうなるのでしょうか、走行距離無制限のカーリースサービスは存在するのでしょうか?今回は、そんなカーリースについての気になる質問にお答えします!

カーリースの走行距離には制限があるので要注意!

カーリースの契約にはほとんどの場合に走行距離に制限が設けられています。なぜでしょうか?

なぜなら、リース期間中の走行距離は、返却時の車両の損耗状態に大きく影響するからです。カーリースでは多くの場合に残価(契約満了時の車の予想残存価値)が設定されますが、残価はどれくらいの距離を走行する予定なのかということを1つの基準にして決められます。

ですから、走行距離無制限で利用されてしまうと、契約満了時の実際の車の価値と残価との間に大きな乖離が生じてしまいます。それを防ぐために、走行距離制限が設定されるのです。

走行距離制限がどれくらいに設定されるかは、カーリース会社や契約プランによってさまざまです。短い場合は月間500km程度に設定され、最も平均的なのは月間1,000kmです。長い場合は月間1,500km、中には月間2,000kmというのもあります。

走行距離制限は、カーリース会社や契約プランを選ぶ上での1つの重要な要素になります。あまり長距離を走行しないという人は、短めの走行距離制限で問題ないかもしれませんが、日常的に長い距離を走るという人の場合は、走行距離制限が長めのプランを選ぶべきでしょう。

 

もし走行距離が制限をオーバーしてしまったら?

走行距離制限は、わかりやすいように月間で何kmまで走行できるかという形で表示されることが多いですが、毎月走行距離制限をチェックされることはありません。契約満了時に、トータルでの走行距離を確認されることになります。トータルでの走行距離が、月間走行距離制限×契約月数を超えていないかをチェックされるのです。

では、契約満了時に走行距離制限をオーバーしていた場合はどうなるのでしょうか?

制限を超えていた場合には、超過距離に応じて追加請求が発生することになります。料金はカーリース会社によっては異なりますが、超過1kmあたり5円~10円ほどになります。超過距離によっては高額な請求になり得ますので、注意しましょう。

 

走行距離無制限のカーリース会社はある?

中には、「走行距離を気にすることなく車を運転したい」、「走行距離無制限のカーリースを楽しみたい」という人もいることでしょう。では、走行距離無制限のカーリース会社は存在するのでしょうか?

幸い、走行距離無制限のカーリース会社はいくつかあります。ここで、その例をご紹介します。

オリックス自動車株式会社(ワンプライス中古車リース My Car)

オリックス自動車の「ワンプライス中古車リースMy Car」は走行距離無制限のサービスとなっています。ただし、月間1,500kmを超える場合には、故障のリスクを考慮して、リース期間も含めてスタッフと相談することになります。オリックス自動車は、修復歴のない状態の良い中古車を扱っており、登録済未使用車もリースしています。

リボーン・カーリース株式会社

北海道、東北、東海、近畿、四国に店舗を展開している中古車のカーリース会社です。走行距離無制限となっていますので、長距離を走る人でも距離を心配することなく利用できます。リース車両の整備や修理の際には純正のリサイクル部品を使用していますので、安心です。最短で1カ月からの短期での利用が可能です。

カーコンビニ倶楽部株式会社(カーコンカーリースもろコミ)

「カーコンカーリースもろコミ」には、9年リースで7年経過後に車を返却したり乗り換えたりできるようになる「もろコミ9」と、7年リースで5年経過後に車の返却または乗り換えが可能になる「もろコミ7」のプランがありますが、どちらも残価設定0円のプランとなっており、契約満了まで利用すると車をそのままもらうことができます。

ですから、契約満了時に車の損耗状況や走行距離超過などによって、請求が発生することはありません。途中で車を返却した場合に適用される走行距離制限(月間2,000kmまで)は設定されていますが、契約満了まで利用する場合には、実質的に走行距離無制限と変わらないことになります。

 

走行距離無制限かどうかという点以外に、カーリース契約時に確認しておくべきことは?

 

最後に、走行距離無制限かどうか、走行距離制限がどれくらいか、ということのほかに、カーリースを契約する際に確認するべき重要ポイントを4つご紹介しますので、参考になさってください。

1 料金プランについて

カーリース会社によって、料金プランは異なります。月々の料金に車両代と自動車取得税、登録諸費用、初回の車検までの重量税と自賠責保険料しか入っていないシンプルなプランもあれば、それに加えて、期間分の自動車税、重量税、自賠責保険料、車検基本料金もすべて含まれているプランもあります。

さらに、オイル交換や消耗部品交換などのメンテナンスサービスが含まれるものも存在します。料金プランによって、リース料は大きく変わってきますので、よく確認するようにしましょう。

2 カスタマイズや改造について

カーリースの車の所有権はあくまでもカーリース会社にありますので、原則としてカスタマイズや改造などはできないのが通常です。ただ、カーリース会社によっては条件付きで許可されていることもありますので確認しましょう。また、カスタマイズをしてしまった場合のペナルティも会社によってさまざまですので、要確認です。

3 中途解約について

カーリースは基本的には中途解約ができません。しかし、カーリースの契約期間は長期にわたりますので、途中でどうしても解約しなければならない事態が発生する可能性があります。その場合、違約金を支払って解約することになりますが、契約前に違約金がどのようにして計算されるのかを確認しておくならば、万が一の時にも慌てずに済むでしょう。

また、前の項目でご紹介したカーコンビニ倶楽部株式会社のように、契約から一定の年数が経過すると自由に車の返却(中途解約)や乗り換えができるようになるプランを用意しているところもありますので、要チェックです。

4 契約満了時の選択肢について

契約満了時の選択としては、「車両の返却」、「新しい車への乗り換え」、「リース期間の延長(再リース)」「車両の買い取り」の4つが用意されていることが多いです。ただし、カーリース会社や契約の種類によっては、「リース期間の延長」や「車両の買い取り」はできないルールになっていることもありますので、よく確認するようにしましょう。

さらに、カーコンビニ倶楽部株式会社のように、残価設定0円で契約満了時に車をそのままもらえるサービスを提供している会社も存在します。

カーリースを賢く利用するために、契約の段階に進む前に、走行距離無制限かどうかだけではなく、上記の4つのポイントについてもよく確認するようにしましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースでも車庫証明は必要!ケースごとに取得する流れを解説します!

カーリースも通常の購入時と同じように車の保管場所を届け出る必要があります。一般に「車庫証明」と言われるものですが、どのように取得すれば良いのでしょうか?また軽自動車でも車庫証明は必要なのでしょうか?今回はカーリース契約をする際の車庫証明について解説をします。