カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは途中で解約できる?違約金はどうなる?

一般的に言って、カーリースの契約は3年・5年・7年などの長期間にわたります。では、カーリースは契約期間の途中で解約することはできるのでしょうか、解約する場合に、カーリースの違約金はどれくらい必要になるのでしょうか?

カーリースは途中で解約できるのか?

カーリース業者や契約プランにもよりますが、カーリースの契約は基本的に途中で解約することはできません。

ただ、正当な理由があると認められた場合には、カーリース業者が中途解約を認めてくれる場合があります。例えば、契約者が死亡したり重い病気になって長期入院したりする場合は、カーリースの利用を続けたくてもそうするのは不可能ですから、中途解約が認められるでしょう。

他にも、契約者が海外に転勤になったり、経済状況が悪化してリース料金を支払い続けるのが不可能になったりした場合など、中途解約が必要な状況はいろいろ考えられますが、解約が認められるかは契約内容やカーリース業者の判断次第ということになります。

また、大きな事故を起こしてリース車が全損になった場合は、もはや車を継続的に利用するのが不可能ですから、解約が可能というよりは強制的に解約になるケースが多いようです。

 

カーリースの違約金はどれくらいかかるのか?

ここまで見てきたように、カーリースは原則として解約不可ですが、解約が認められるケースもあります。しかし、解約が認められた場合にはカーリースの違約金を支払う必要があります。では、違約金はどれくらいかかるのでしょうか?

「オリコオートリース」というカーリース業者の公式サイトで違約金の計算方法について親切に説明されていました。それによれば、違約金は下記のように算出されます。

「中途解約金」=「未払リース料」+「遅延損害金」+「残期間分リース料」+「事務手数料」+「残存価格」-「未経過費用」-「車両査定価格」

「未払いリース料」と「遅延損害金」は、解約するまでの間、きちんと期日通りにリース料金を支払っていれば発生することはありません。

また、「残存価格」とは「契約時に設定する契約期間満了時におけるリース車両の予想査定価格」のことですが、解約時の車の状態に問題がなければ、「残存価格」の部分は返却車両の査定価格(「車両査定価格」)でカバーできる可能性があります。「事務手数料」は「書類発行手数料等の費用」のことですが、それほど高額にはならないでしょう。

一番問題となるのは「残期間分リース料」です。途中で解約したとしても残りのリース期間の料金は支払わないといけないため、事実上この部分がカーリースの違約金となるとも言えるかもしれません。

例えば、月々3万円、5年契約のカーリースを利用するとします。もし2年後に何らかの事情で解約しなければならなくなった場合、残り3年間のリース料金を負担しなければなりません。

その金額は3万円×12か月×3年で108万円となります。「未経過費用」つまり「リース契約に含まれる費用の中で解約日までに発生しなかった費用の合計」がそれから差し引かれるとしても、かなりの費用負担になります。

今回は「オリコオートリース」のサイトを参考にして、カーリースの違約金の計算方法についてご説明しましたが、他のカーリース業者の違約金もこれと大きな違いはないでしょう。カーリースで中途解約する場合には高額な違約金が掛かるのです。

しかも多くの場合、違約金の支払いは分割払いではなく一括払いとなります。もちろん、業者に相談すれば違約金を数回に分けて支払うことを許してもらえるかもしれませんが、ローンやリース料金のように何年にもわたって毎月少しずつ支払うことはできないと思っておいた方がよいでしょう。

中途解約をするというのは、費用負担の観点から言っても簡単なことではありません。ですから、契約する前に、自分は途中で解約する可能性があるのか、解約なった場合にカーリースの違約金を負担できるのかといったことをしっかり吟味すべきでしょう。

 

中途解約が可能なカーリース業者をご紹介!

幸い、違約金なしで中途解約ができるカーリースプランを用意している業者も存在しますので、ここでご紹介します。

もろコミ

「もろコミ」とは「カーコンビニ倶楽部」が運営するカーリースです。「もろコミ」には7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の2つのプランがあります。どちらのプランでも契約期間が終了する2年前から、カーリースの違約金なしで乗り換えや返却ができるようになります。

「もろコミ7」と「もろコミ9」のプランには、「残価(残存価格)」の設定がなく、契約期間満了まで利用すると車両が自分の物になるというメリットがあります。車両の査定および精算がありませんし、走行距離制限超過で追加料金が生じることもありません。

ただし、途中で解約する場合には車を返却しなければなりませんし、車の損耗状況により費用を請求される可能性があります。

リース料金はボーナス併用払いで「月額8,000円」からと、残価設定なしであるにも関わらずリーズナブルな価格となっています。料金には「車両価格」の他に「車両登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」が含まれています。

しかも、リース期間中の「車検基本料金」と「印紙代」が無料になるクーポンが付きます。さらに、WEB申込限定ですが、全車種に無料で「ドライブレコーダー」が付きます。

オリックスカーリース

「オリックスカーリース」は「オリックス自動車」が展開しています。「いまのりくん」「いまのりセブン」「いまのりナイン」の3つのプランがあります。

「いまのりくん」は5年契約ですが、契約開始から2年経過後に違約金なしで自由に解約ができるようになります。契約期間満了後は車を返却することになります。「いまのりセブン」は7年契約ですが、5年経過後にカーリースの違約金なしでの解約が可能になります。

契約期間満了時には車を自己所有にするか返却してキャッシュバックを受けるかを選択できます。「いまのりナイン」は9年契約ですが、7年経過後に違約金なしで中途解約ができるようになります。契約期間満了後には車が自分の物になります。

リース料金には「車両価格」「新車登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」が含まれています。「オイル交換費用」や「車検の基本点検費用」が無料になるクーポンなども付いています。また、リース期間中に「オリックスレンタカー」を半額以下で利用できる特典も付きます。

このように、契約開始から一定の年数が経過した後に、カーリースの違約金なしで自由に解約できるようにしている業者が存在します。

今回の記事で見てきたように、一般的なカーリースで中途解約するには正当な理由が必要ですし、違約金も高額になる可能性があります。ですから、中途解約する可能性がある方はこうしたカーリース業者を利用するなら安心でしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

レジャー好きの大家族などにおすすめ!7人乗り自動車をカーリースで手に入れよう

何らかのイベントなどで親戚や友人が集まった時、「7人乗りの車があれば便利なのに」と感じることがあるのではないでしょうか。もとより大家族という場合はなおさらです。しかし、7人乗りのミニバンやSUVなどの新車は、コンパクトカーなどに比べるとかなり価格も上がり、なかなかハードルが高いといった問題も出てくるでしょう。 その点、カーリースを利用すれば、高額な初期費用なしで7人乗りの車が手に入ります。ここでは、そんなお得なカーリースの仕組みや、人気の7人乗りミニバンやSUVのカーリースの料金をご紹介します。

ガソリンスタンドで契約可能?人気のカーリースをご紹介!

今人気のカーリースサービスの中には、ガソリンスタンドで気軽に契約できるものもあります。また、ガソリンスタンドでメンテナンスサービスを実施していたり、ガソリン代を割引したりしているカーリース会社もあります。今回は、そんなガソリンスタンドでのサービスを充実させている、おすすめのカーリース会社をご紹介します!

自家用車をリースで購入する場合のメリット・デメリット徹底調査

以前までのカーリースは、財務上でのメリットがあることから営業車や商用車として多くの企業に利用されてきました。しかし、最近では、「同じ予算内でワンランク上の車に乗れる」などの広告の影響もあり、個人向けカーリースの人気も高まっています。なぜ、人気が高まっているのか、カーリースのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

リース車を傷つけてしまった!査定や減額、修理代金はどうなるの!?

自己所有、レンタカー、リース…車を所有する手段に限らず、車を運転している以上、傷やヘコミなどは常につきまとう問題です。リース契約している車を傷つけてしまったりヘコミが生じてしまった場合、査定に響いたりするのでしょうか?また修理にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか?