カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースは頭金ありのローンと何が違う?契約前のチェックポイントを徹底解説!

個人向けのカーリースが増えつつあり、ライフスタイルに合わせたカーリースでの車の所有といった、新しい車の乗り方が提案されています。カーリースを利用する上で、メリットとなるのがコスト面ですが、カーリースと頭金ありのローンはどう違うのでしょうか。今回はカーリースと頭金ありのローンの違いや、契約前のチェックポイントを解説します。

増加傾向にあるカーリースをローンと比較!

個人向けのカーリースが年々増加傾向にあります。車を必要と思わない若者などの増加や、ライフスタイルの多様化などから、車は必ずしも購入するものではなくなってきています。社会は現在も発達し続けているため、社会の変化が続くかぎり、カーリースへの需要も増加していくことでしょう。

では、カーリースとローンでの車の購入はどう違うのでしょうか。頭金、月々の支払い額、リース期間終了後の乗り換えといったオプションに注目して比較していきます。

1.カーリースとローンの頭金の違い

ローンの場合は、月々の支払いを算出する前に頭金を支払うことで月々の支払いを抑えることができます。契約の際に、頭金の額も含めて値引きの交渉などを行い、出費を減らすことができる場合がありますが、交渉の手間がかかるため、すぐに手続きをしたいという方には面倒な点です。

カーリースは頭金の代わりに、契約満了時の車の価値を表す残価を設定し、車両価格から残価を差し引いています。残価として頭金が支払いに含まれているため、車を購入する際の瞬間的な出費がなく、毎月の支払いも抑えることができます。

なお、残価設定については、カーリース会社によってはない場合があるので、契約時の確認が必要です。

ローンでは価格交渉をする場合が多いですが、カーリースはカーリースプランや車種によって、あらかじめ価格が設定されているため、契約の手間が少ないのも特徴です。

2.カーリースとローンの支払額の違い

カーリースの支払いは、自動車税、保険料、車検などの経費が含まれているため、月々一定のカーリース料です。メンテンナンス代や消耗品交換のオプションのあるカーリースプランであれば、さらに維持にかかるお金を節約することができます。

カーリースに対して、ローンは月々の支払いの前に支払う頭金だけでなく、自動車税、保険料、車検などの経費がかかります。ボーナス付きの上乗せなどもあり、一定の支払いではなく、突発的な出費もあるため、生活設計をしっかりと立てて支払いを進める必要があります。

3.カーリースとローンの乗り換えの違い

車を乗り換えたいという場合にも、カーリースとローンには違いがあります。ローンの場合は、基本的にはローンが終わってから乗り換えることになりますが、支払いを上乗せして乗り換える方法もあります。

カーリース会社のプランによって違いがありますが、数年の契約期間が設定されています。契約から2年で乗り換え可能であったり、契約終了後、車を自分のものにできたりと、乗り換えや、そのまま乗り続けることなどを決めることができます。

 

カーリース契約をする際の注意点とは?

カーリースとローンを比較すると、カーリースはローンの際に負担となる経費が込みで、月々一定の支払いのため、とてもお得に感じます。ですが、場合によってはローンよりも損をしてしまうことやデメリットもあります。カーリースの注意点を理解して契約に活かしましょう。

1.カーリース後車を買い取るとローンより高くなる?

カーリースプランによっては、カーリース終了後に車を買い取り、自分のものにすることができます。その際には、残価の支払いが必要です。カーリース料金は、車に関わる税や車検代、メンテナンス費に金利がかけられています。

金利はローンよりも高く設定されていることが多いため、結果ローンよりもお金がかかってしまいます。カーリース後の車の買い取りを検討している方は、新しい車を購入する場合や、買い取りの場合などのお金を考慮して決めましょう。

2.中途解約ができない・違約金がかかってしまう

カーリースには数年の契約期間があり、契約の途中で解約することができません。主な途中で解約する場面は、事故での車への損害です。残っているカーリース料金、車両の残価、解約手数料がかかるため、高額になってしまいます。

短い期間で車を乗り換えたいという方はあまりカーリースに適さないでしょう。また、事故などでの突発的な出費を防ぐため、安全運転の意識を常に持つことが大切です。

3.カーリースには車の利用に制限がある

月々一定額の支払いによって、各種経費を別に支払う必要がなく、メンテナンス込みのプランであれば、手間もかからず、車に乗るだけの利用が可能です。あくまで車をカーリースとして借りているため、車の利用には一定の制限があることも知っておきましょう。

車を借りているため、自分の好きなように改造することはできません。他にも走行距離が設定されていて、距離によってカーリース料金が変わってきます。好きなように車をカスタマイズしたい、たくさんの距離を運転したい、という方は注意が必要です。

 

カーリースで頭金ありの場合のメリットをご紹介!

カーリースは頭金を支払う必要がないが場合が多いため、車を所有する際のまとまった出費を防げます。カーリースではどのプランでも頭金がかからないということではなく、頭金を支払うこともできます。では、頭金ありでカーリースを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

頭金ありのカーリースのメリットはカーリースの契約時にメリットがあります。カーリースの契約には審査があり、車庫証明の他に債務がないか、支払い能力があるかといった部分で契約できるか判断されます。

頭金なしのカーリースは月々の支払いに含まれ、一定の支払いとなりますが、頭金を支払うことで月々の支払いが安くなります。月々の負担が小さくなることで、支払いできる可能性が高くなるため、審査に通りやすいというメリットがあります。

支払いに不安のある方や、月々のコストを減らしたい方は、頭金ありのカーリースがおすすめです。

 

カーリースの特徴を理解して頭金ありなどを駆使しよう

カーリースとローンの違いには、月々の支払いや乗り換えなどがあり、カーリースの方が経費面やメンテナンスなどの手間を抑えることができます。一方で、中途解約ができないことや、改造などができないこと、走行距離制限といったデメリットもあるため、注意が必要です。

なお、頭金の有無も要チェックです。カーリースは頭金が必要ない場合が多いですが、頭金を支払って契約することもできます。頭金によってコストを抑えることができるなどのメリットがあるため、頭金ありのカーリースも考慮に入れておきましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

たった1か月から利用できる短期のカーリース特集!

現在、「カーリース」というサービスが人気を呼んでいます。カーリースとは、月々のリース料を支払うことによってリース会社から車を貸し出してもらえるサービスです。レンタカーの長期バージョンだと考えてもらってもいいと思います。 リースの契約期間の長さは、一般的には3年間とか5年間など、数年に及びます。ただ、短期のカーリースのサービスを提供している業者も中にはあります。1年単位もしくは数か月間単位、中には1か月単位で契約できる業者もあります。ちょっとの間だけ車が必要という人にとってはとても便利なサービスと言えるでしょう。 ここでは、短期のカーリースについて詳しく解説したいと思います。

ズバリ検証!年金受給者はカーリースの契約が可能?

高齢者の方も、お出かけやお買い物など、車を必要とする場面は多くあることでしょう。ですが、車を新しく買うにも、維持するにもお金がかかるので、年金受給者の高齢者にとって、車を持つという選択はなかなか難しいものです。 また、車は日々安全機能や性能など進化を続けているので、機能などを使いこなすことも年金受給者の高齢者の方には難しい要素のひとつです。新しい車を乗りこなせなければ、かえって危険も増えてしまいます。 そこで便利なサービスが、カーリースです。初期費用などの大きな出費がなく、車の維持もほとんどおまかせできます。今回は、年金受給者の高齢者の方に向けて、ずばり年金受給者でもカーリースの契約が可能であるのかをご説明していきます。

話題の軽自動車、月額1万円以下で利用できるカーリース会社をご紹介!

車の利用方法の選択肢として、広まりつつあるのが「カーリース」です。上手に活用すると、手軽に好きな車に乗ることができます。費用の節約として軽自動車の人気が高いですが、カーリースと組み合わせると、さらにコストを軽減できることがあるのです。 カーリース会社やプランを賢く選べば、月額1万円以下で利用することも可能です。それでは、カーリースが安くなるのは、いったいどういった仕組みなのでしょうか。月額1万円以下でカーリースを利用する選び方を見てみましょう。

カーリースの残価精算とはどんな仕組み?メリットやデメリットを解説!

新しいマイカーの導入方法として、近年浸透しつつあるカーリースですが、一般的な個人向けカーリースと残価は切っても切り離せない関係にあります。 カーリース会社によっては「残価清算なし」を宣伝文句に掲げているところもありますが、そもそも残価とは何なのか、残価清算とはどんな仕組みなのでしょうか。ここでは、残価設定のあるカーリース契約の場合のメリット、デメリットとともに徹底解説します。

リース車の改造はどこまでOK!?残クレの存在で違約金が発生するパターンもある!

リース車は月々のリース料金を支払うことで自分の所有物のように新車に乗ることができるのが大きな魅力ですが、ドレスアップやその他のカスタマイズ、いわゆる「改造」は可能なのでしょうか?可能であればどこまでOKなのか?違約金が発生してしまうケースはどんなケースなのか?など今回はリース車の改造にポイントを絞って解説をしたいと思います。