カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを低価格で利用したい!おすすめのサービスや賢い利用法とは?

カーリースをできるだけ安く利用したいという方はたくさんいるはずです。というのも、カーリースを利用するのは主婦や学生も多いからです。今回は、なるべく家計やお財布に負担をかけない賢いカーリースの利用方法をご紹介します。

車の購入とカーリースの利用、その違いは?

マイカー購入とカーリース、どちらが低価格で利用できるかを考える前に、まずカーリースの頭金について知っておく必要があります。カーリースは頭金を支払う必要がありません。そのため、マイカー購入のようにまとまったお金を支払う必要がないのです。

一方、マイカー購入は、できるだけ低価格なイニシャルコストで新しい車に乗り始めたいという方にオススメの乗り方なのです。マイカー購入でローン支払いをするのであれば、ボーナス払いや頭金支払いがあるため、毎月の収入に余裕がない場合、家計のやりくりが難しくなる場合があります。

マイカー購入の場合、自動車税、自賠責保険、自動車重量税、オイル交換などの費用を自分で管理しなければなりません。ディーラーに任せるか、街の車検業者に頼むか、自分で行うかを考えて、車を手放すときまでずっと管理していく必要があるのです。

しかし、カーリースの場合は、上記の自動車重量税やオイル交換などの費用をすべて含めた形で毎月の支払いを行うことができます。車に関する急な出費がないため、自分のペースで家計をやりくりできるのがポイントです。

また、車にあまり詳しくない方がいきなりマイカー購入をすると、乗り方が悪くて普通より早く故障してしまったりすることがあります。例えば、オイル交換をおろそかにしていたため、エンジンに負担がかかり、故障してしまった、などという場合です。

カーリースの場合は、オイル交換やタイヤ交換が込みのメンテナンスリースが利用できるため、オイル交換やタイヤ交換を忘れてしまい、故障や事故を招くといったことがありません。車の事に詳しくない方にとっては、カーリースは賢い乗り方なのです。

カーリースした車はノーマルの状態で乗るのが規則です。マイカー購入した車の場合は自由にカスタマイズすることができますが、カーリースの車はそうではありません。毎月低価格の支払いで乗っている分、ルールを守らなければならないということを覚えておきましょう。

 

とにかく低価格で乗りたいなら、中古車のカーリースがおすすめ!

中古車のカーリースは、低価格でカーリースを利用したい方にオススメです。というのも、新車のカーリースよりも毎月の費用が低価格であるだけでなく、カーリース会社が車を管理するため、メンテナンスが行き届いているからです。

個人事業主の中古車販売などで車を買う場合、万が一、整備が行き届いていなければ、故障してしまう場合があります。とくに10万キロを超えるような車は故障しやすく、中古車を安く買ったものの、多額の修理代がかかるということになりかねません。

中古車カーリースの場合は、信頼の置ける業者に整備を任せているため、基本的には状態の良い車に乗ることができます。低価格かつ安全な車に乗れるというのが、中古車カーリースのメリットといえるでしょう。

また、中古車カーリースとはいっても、ほぼ新車という場合もあります。レンタカーの初回車検は2年と定められており、レンタカーの車が中古車カーリースに回ってくる場合があるので、比較的新しい車をカーリースできることもあるのです。

さらに、リース期間が満了した場合は、自分の車にすることができる場合もあります。中古車でも長く乗っていると、愛着が湧いてくることがあります。そんな場合は、契約終了後にそのまま自分の車にして乗り続けることもできるのです。

 

新車にこだわるなら、残価設定なしのサービスを選ぼう!

中には、中古車ではなく新車が良いという方もおられます。そのような方には、残価設定無しのカーリースがオススメです。新車にできるだけ低価格で乗りたいと言うのであれば、残価設定型でも良いかもしれませんが、毎月の予算に少しでも余裕があるなら、やはり残価設定なしのカーリースがオススメです。

残価設定というのは、カーリース契約が満了する3年後、5年後の車の価格をあらかじめ設定することです。契約満了の時まで、車の価値を一定に保っておく必要があるため、車が損傷してしまったり、汚れてしまったりした場合は、カーリース会社に精算されてしまう可能性もあります。

例えば、残価設定型のカーリースプランで、残価を50万円と設定した場合を考えてみましょう。もともとの新車の価格が150万円だとすると、残価を差し引いた100万円がカーリース料金となります。この100万円を契約期間中、毎月分割で支払う必要があるのです。

例えば、一例としてホンダフィットやトヨタアクアなどの人気のある車は3年後、5年後でも乗りたい人がたくさんいるので、中古車市場で高値がつく場合があります。そういった車は残価設定を高くできるので、月々低価格で乗ることができる可能性が高くなります。

ここでホンダフィットやトヨタアクアと述べたのはほんの一例であり、必ずしもこの車種が、人気があるとは限りません。将来も人気が落ちない車を見極めるのは困難なので、残価設定をむやみに高くする事はできません。

もし、カーリース期間中に余計なプレッシャーに縛られたくないなら、残価設定なしのカーリースの方が、気が楽かもしれません。7年、9年と長期間カーリースするため、傷をつけてしまうかもしれないとか、子供がいるから汚れるかもしれないという方は、残価設定なしのカーリースがオススメです。

 

低価格で乗れるカーリースをご紹介!

中には、新車に低価格で乗れるというカーリースもあります。特に有名なのが以下の2社です。

オリックスカーリース

オリックスカーリースは毎年大量の新車を特別なルートで仕入れているため、顧客に特別価格でカーリースすることができます。オリックスカーリースの車種は実に豊富で、5年、7年、9年という契約の長さを選べます。

オリックスカーリースには、中古車リースもあるので、毎月のリース料をなるべく低価格にしたいという方は、中古車リースも考えてみましょう。人気のミニバンだけでなく、ハイブリッドカーや商用車までの幅広いラインナップが特徴です。

カーコンカーリースもろコミ

もろコミは月々8,000円(税込み)からカーリースできます。人気の軽自動車が揃っており、カラーも自由に選ぶことができるので、通勤に車を使用する女性の方に人気のカーリースです。プランは7年、9年を選択できます。

低価格でカーリースを利用したいのであれば、中古車リースがオススメです。新車にこだわるのであれば、期間を長く設定したり、残価設定型にしたりすることで、リース料金を低価格にすることができます。

人気カーリースを見る

関連する記事

均等払いでカーリースを利用したい!均等払いでも支払い額を抑えられるカーリースプランの選び方とは?

カーリースといえば、月額一定の料金を支払うことで、車を利用することができるサービスとして知られています。月々の支出を安定させることができるので、家計も計画的に行うことが可能です。しかし、本当にカーリースの利用料金は毎月一定なのでしょうか。今回は、気になるカーリースの均等払いについてまとめていきます。

法人・個人事業主の方は必見!事業用でカーリースを使うメリットとは?

昨今、法人や個人事業主の間では自社車両を購入して所有するより、リースで運用しようという選択が定着してきています。それは、いったい何故なのでしょうか? そこで今回は、法人や個人事業主の方必見の事業用カーリースの魅力やメリット、申し込み方法にフォーカスした情報をお届けします。