カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを利用したら、車検証の記載はどうなる?車検代は誰が払う?気になるリース車の車検について解説!

カーリースを利用した場合、車検証の記載内容は自家用車の場合とは異なるのでしょうか。車検代を支払うのはカーリース会社か、それとも契約者でしょうか?今回は、カーリースの車検について徹底解説します!

カーリースする車の所有者は“カーリース会社”!

まず、カーリースの基本的な仕組みをおさらいしましょう。

カーリースとは、毎月のリース料を支払うことでカーリース会社から車を貸し出してもらうことです。契約者が希望する車をカーリース会社がディーラーから調達して貸し出します。

ですから、リース車の「所有者」は契約者ではなく、あくまでもカーリース会社ということになります。しかし、実際に車を運転するのは契約者です。そのため、リース車の「使用者」は契約者です。

カーリースには、「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2種類があります。

メンテナンスリースの場合、リース料に、車両価格、登録諸費用、自動車取得税、自動車税(契約期間分)、自動車重量税(契約期間分)、自賠責保険料(契約期間分)、車検代、整備点検代、オイル交換代、消耗部品交換代、ロードサービス代などが含まれます。

毎月のリース料を支払っていれば、車検代を別途支払う必要はありません。

ファイナンスリースの場合、リース料に、車両価格、登録諸費用、自動車取得税、自動車税(契約期間分)、自動車重量税(初回の車検まで)、自賠責保険料(初回の車検まで)が含まれます。

月々のリース料とは別に、車検代や各種メンテナンスのための費用を契約者が自分で負担することになります。月々のリース料はメンテナンスリースよりも安くなります。

ただし、メンテナンスリースとファイナンスリースから2者択一するのは法人向けカーリースの場合が多いです。個人向けカーリースの場合は、カーリース会社ごとにリース料の内訳が異なってきますので、車検代を自分で支払うかどうかは個別に確認する必要があります。

 

車検証の“所有者”欄にはカーリース会社の名前が記載される?

カーリースの場合、車検証の記載内容はどうなるのでしょうか?

そもそも、車検証とは、自動車が保安基準に適合していることの証明書です。車検証は車検対象自動車に交付されます。車検証には、その自動車に関する詳細な情報が記載されています。

車検証は、車検や各種手続きを行う上で、最も重要な書類となります。車検証の記載内容によっては追加で書類が必要になったり、手続きを受け付けてもらえなかったりする場合もあります。ちなみに、車検証は常に自動車に保管していなければなりません

車検証には、「所有者欄」と「使用者欄」があり、それぞれに該当者の名前が記載されます。自家用車の場合、所有者欄には所有者の名前、使用者欄には「***」と記載されるのが通常です。「***」とは所有者と使用者が同一であるという意味です。

しかし、カーリースの場合、車検証の所有者欄にはカーリース会社の名前、使用者欄にはユーザーの名前が記載されます。前述の通り、リース車の所有者はカーリース会社、使用者は契約者だからです。

 

カーリースの場合、車検はいつから、どこで受けられる?

カーリースの車検はいつから、また、どこで受けられるのでしょうか?

自家用車であれ、リース車であれ、車検は期日の1カ月前から受けることが可能です。車検を切らさないように余裕をもって実施するようにしましょう。

自家用車の場合、車検は整備工場やディーラー、カー用品店、ガソリンスタンドなどで受けられます。どこで車検を受けるかは所有者が自由に決めることができます。

一方、カーリースの場合は、提携工場などが指定されていることがあります。

どこでも自由に車検を実施していいわけではありませんので、注意が必要です。もし指定されている工場以外で、無断で車検を実施してしまった場合には、本来リース料に車検代が含まれているとしても、自己負担になってしまうことがあります。

では、個人向けカーリースでは、車検代は誰が支払うのでしょうか?

前述の通り、個人向けカーリースの場合、リース料に車検代が含まれているかどうかは会社ごとに個別に確認するべきです。

例えば、「オリックスカーリース」(オリックス自動車株式会社)では、リース契約に車検などの整備・保守費用は含まれていません(車検時に必要になる自動車重量税と自賠責保険はリース契約に含まれています)が、リース期間中の車検を無料で実施してもらえるクーポンをもらえます。

車検無料クーポンを利用すると、基本点検整備費用に加えて、エンジンオイル交換やタイヤローテーション、バッテリー液・ウォッシャー液補充などをサービスしてもらえます。

「カーコンカーリースもろコミ」(カーコンビニ倶楽部株式会社)の場合も、契約特典として「車検無料クーポン」をもらえます(車検時に必要な自動車重量税と自賠責保険はリース契約に含まれています)。

「コスモスマートビークル」(コスモ石油マーケティング株式会社)の場合、メンテナンスパックとして「ホワイトパック」「シルバーパック」「ゴールドパック」の3つがありますが、それぞれでリース料の内訳が異なります。

ホワイトパックの場合、車検時に必要になる自動車重量税はリース料に含まれていますが、自賠責保険料や車検代は契約者の負担となります。シルバーパックでは、車検時に必要な車検基本料、自動車重量税、自賠責保険料がリース料に含まれています。

ただし、車検時に部品交換が必要になった場合には自己負担となります。ゴールドパックでは、車検基本料、自動車重量税、自賠責保険料だけではなく、タイヤやバッテリーなどの消耗部品の交換も契約に含まれます。

 

車検は車の運転において最も重要なイベント!忘れないように注意しよう

今回は、カーリースの車検について解説しました。

リース車の所有者はカーリース会社ですから、車検証にもそのように記載されます。ただし、リース車の所有者がカーリース会社であるからと言って、車検代を支払うのが必ずしもカーリース会社であるとは限りません。

車検代を誰が支払うかはカーリース会社の契約プランによって異なりますので、よく確認するようにしましょう。

車検は車の運転においてとても重要なイベントです。自家用自動車の場合、新車登録から3年後、それ以降は2年ごとに欠かさずに車検を受けなければなりません。

車検を受けるのを忘れたまま車を運転してしまいますと、重大な法律違反となります。ですから、車検証で車検の満了日をよく確認するようにしましょう。「検査標章」と呼ばれるステッカーでは年月まで確認できるものの日付までは確認できませんので、車検証でチェックするのが一番確実です。車検という大切なイベントを、日頃から忘れないように意識するようにしてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの利用者が年々増加!なぜカーリースは需要があるのか?その理由や魅力について解説

昨今のマーティング動向を観察すると、物は「買うもの」という考え方から、「借りるもの」という考え方へシフトしている様子が伺えます。そして今、車も「所有するもの」から「借りて使用するもの」として、カーリースへの需要が高まってきていることをご存知でしょうか。 カーリース業界は現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しています。今回は、そんなカーリースの人気の秘密を探り、その需要や魅力について解説します。

カーリースを利用したらどんなサポートが受けられる?カーリースのメリットを購入した場合と比較してみよう

「車が欲しいけどお金がない…」「メンテナンスや、保険、税金など、何のことかよくわからない…」そんな方に向けて、カーリースのサポートサービスを紹介します。カーリースは「今はまとまったお金がない」「車のことにあれこれ時間や労力を回したくない」といった現代人にぴったりのサービス内容です。それでは、以下で具体的に解説していきます。

個人カーリースの使い道はいろいろ!カーリースした車で通勤したい人がおさえておきたいポイントや注意点とは?

単身赴任で住まいから離れている場合や、急に車が必要になった場合など、通勤でもカーリースがお得で便利な場合があります。今回は、カーリースした車で通勤したいと考えている方に、知っておいてほしいポイントと注意点をご紹介します。