カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを利用したらどんなサポートが受けられる?カーリースのメリットを購入した場合と比較してみよう

「車が欲しいけどお金がない…」「メンテナンスや、保険、税金など、何のことかよくわからない…」そんな方に向けて、カーリースのサポートサービスを紹介します。カーリースは「今はまとまったお金がない」「車のことにあれこれ時間や労力を回したくない」といった現代人にぴったりのサービス内容です。それでは、以下で具体的に解説していきます。

カーリースを利用するメリット

カーリースを使用する主なメリットは、「月々の料金が明確かつ一定する」「頭金なしで安く利用開始できる」ということです。

他にも、残価(リース契約終了後に残る車の価値)をあらかじめ計上するので車価格全額を支払うわけではない、ディーラーと交渉する必要がないといったメリットがありますが、月々の料金が固定されていることと、頭金なしという点に特に魅力を感じる方が多いのではないでしょうか。

車を自身で購入する場合は頭金が必要で、当然、最終的には車価格全額を支払う必要があります。また、車検や自動車税やオイル交換に伴う出費が発生します。

ローンで車を購入した場合には毎月一定額の支払いで済みますが、ローン契約の場合保険や税金やメンテナンスの関係で、月によっては急な出費が伴います。

その点、完全月額固定で急な出費が発生しないカーリースには、お金の心配が不要です。あらかじめカーリースに掛かるお金を計算しておけば、家計が急な出費などで無理な負担が掛かって圧迫されることもありませんね。

金銭的にも、カーリース会社のサポート的にも、自分で車を購入するよりも負担が少なく安心です。

ただし、カーリースにはデメリットもあります。デメリットも知った上で、メリットと比較し、自分にカーリースが合っているのか検討してください。

具体的には、

「走行距離が決められているので、契約時に決めた以上の距離を走ると、追加でお金が取られる場合がある」

「カーリースの車所有者はカーリース会社なので、勝手に車をカスタマイズすることはできない」

「月々の料金は残価(リース契約終了後残る車の価値)をあらかじめ計上して決定しているので、事故の修理などで車の価値が下がると、契約終了時に追加料金が取られる」

「中途解約すると残金を一気に請求される」

「本体価格の分だけではなく保険や税金やメンテナンス料が含まれるため、ローン契約に比べて月額料金が安いわけではない」

といったデメリットがあります。

カーリース契約はたしかに月額固定で頭金いらずで、保険や税金やメンテナンスのサポートが充実しているといった大きなメリットがあります。

しかし、月額がかかる割に最後に自分のものになるわけではなかったり、自由にカスタマイズしたり乗り回せるわけではなかったりといった、ローン契約と比べてのデメリットもあります。

このページの最後でカーリース契約がおすすめの人とそうでない人について改めてまとめますが、上記のようにメリット、デメリットを比較して決めると良いですね。

 

カーリースではどんなサポートが受けられる?

カーリースで受けられるサポートは「車にかかわる諸々すべてのサポート」です。サポート詳細はカーリース会社によって変わってきますが、どのカーリースでも保険や税金周りのサポートから、車両点検や整備といったサポート、車両に関するサポートまでを網羅しています。

つまり、利用者は月額料金を支払うだけで、車のメンテナンスや各種手続きといったサポートはカーリース会社が行います。

ここまでサポートが充実している理由としては、もちろん利用者のためを思ってのことであるということが第一に挙げられるものの、単にそれだけの理由でサポートを行っているわけではありません。

ここまでカーリース会社がサポートを充実させるもっとも大きな理由としては、「車の所有者がカーリース会社だから」ということです。カーリース契約をした利用者はあくまでも利用者でしかなく、車の所有者ではありません。

厳密には保険や税金に関して使用者と所有者で法律上の区分がありますが、細かく分けるのはかえって面倒です。そのため、カーリース会社がまとめて一括でサポートとして行っているという事情もあるのです。各種手続きを行わなくて困るのは、使用者ではなく所有者だと言えます。

カーリース会社がすべてまとめて一括で車の管理や各種書類手続きサポートを行いますが、これには上述の通り妥当な理由があるので、利用者としても理由がはっきりしている分、安心して利用できますね。

その他のサポートとしては、ガソリン代補助や、カーリース会社が発行するカードを使用してガソリンを購入し、それを一括で月額料金に加算するサポートといったものもあります。これは純粋に利用者のためのサポートで、カーリース会社に手続きが義務付けられているサポート内容ではありません。

これ以外にも、事故時のレッカー手配や、警察への連絡、やり取りまでサポートは充実しています。月額料金を払うだけで、車の整備から各種法手続き、事故対応までやってもらえるので、車のメンテナンスや法手続きについて詳しくなくても安心です。

自分で車を買うにはまとまったお金がない、保険やら税金やらメンテナンスが面倒くさい、という方でもカーリースなら、楽々車に乗ることができます。

 

リースと通常のローン(一括)購入の違い

リースと通常のローンは、あらゆる面でまったく異なります。まず、リースの場合、車の所有者はカーリース会社で使用者が車の利用者になります。そして、リース契約が終了すると車は返却されます。

一方で、ローン契約の場合、ローン返済までは所有者がローン会社、使用者が車の利用者になります。そして、ローン返済が完了したら、所有者も使用者も、車の利用者になります。この点でリース契約とローン契約は大幅に異なります。

そして、月々の金額に関しては、リース契約の方が高めです。ローン契約の方がローン終了後利用者に車の所有権が移るので月額料金が高そうなイメージもありますが、実際はリース契約の方が、月額料金が高めです。

理由としては、リース契約は月額料金に保険、自動車税、各種サポート、車のメンテナンス、といった料金がすべて含まれているからです。

リース契約は最終的に車を返さないといけないのに月額料金がローン契約より高いなんて損な感じもしますが、車のメンテナンスも法的手続きサポートもひっくるめてすべてリース会社がやってくれるので、必ずしも損というわけではありません。

また、ローン契約と違って、リース契約は頭金が必要ありません。最初に高額料金を支払う必要がないので、現状お金があまりなくても契約できます。

 

こんな人はカーリースをかしこく利用しよう

以上のことから、カーリースがおすすめの人の条件として、

「頭金でまとまったお金を支払いたくない」
「税金や保険や車検などでまとまったお金を支払いたくない」
「メンテナンスで急にお金が必要になると困る」
「知識がないので車の点検を自分でやりたくはない」
「新車を安く購入するためにわざわざディーラーと交渉するのは面倒」
「数年で別の車に乗り換えようと思っているし、今乗る車を所有したいわけではない」

といった条件が挙げられます。

以上のような条件に当てはまる方には、カーリースがおすすめできます。特に、「頭金で一気にお金を支払うことが難しい」「月々決まったお金を支払うだけで、後のことはサポートに任せたい」といった方にはカーリースがぴったりです。

逆に、「最後には車が欲しい」「好きなようにカスタマイズしたり、自由に乗り回したりしたい」といった方にはカーリースはおすすめできません。カーリースはサポートが充実していて一気にお金が必要になることがない分、カーリース会社が決めたルールの上でしか車を利用できません。

このようにメリットとデメリットを比較して最終的に決めると良いですが、今の時代「まとまったお金がない」「忙しいから車のことにあまり時間を掛けたくない」といった方も多いでしょう。

そういう意味では、カーリースは今の時代にぴったり合ったサービスだと言えます。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースと残価設定ローン、それぞれどんな人が向いているの?共通点や違いなどをご紹介!

近頃CMなどでもよく耳にする“残価設定ローン”。経済的な負担を少なくしたい人には嬉しい購入方法ですが、同じく近年人気の「カーリース」とシステムが似ています。 「残価設定ローンとカーリースはどう違う?」「自分にはどちらが向いているのか?」などの疑問や悩みを持つ方に向けて、今回は両者の特徴やメリットデメリット、共通点などの解説をしたいと思います。

カーリースした車の車検に必要なものって何?費用はどうなる?疑問点を解消!

車を所有しているなら必要な手続きとして車検があげられます。しかし、車検というものがあることを知っていても、どういったことをする手続きなのかは知らないという方も少なくありません。 お金がかかると聞きますが、実際どれくらいかかるものなのでしょうか。車検をするのに必要なものは何かも知っておかなければ、車検の手続きを進められません。そもそも車検は、車を借りている状態のカーリースであっても必要なものなのでしょうか。今回は、車を所有しているなら欠かせない車検の疑問に答えます。