カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを利用したらキズをつけてしまった!保証はどうなる?

車は欲しいけれど維持費が高額だし、毎日乗るわけでもない、残念だけどマイカーを所有することはできない、と諦めている人も多いのではないでしょうか。しかしカーリースを利用すれば、簡単・安全に車のある便利な日常が手に入ります。 そこで「カーリース車にキズをつけたときの保証はあるの?」「どういう仕組み?」と、まだまだ分からないことだらけという人のために、ここではカーリースでキズをつけてしまった場合の保証について詳しく解説していきます。

カーリースを利用するきっかけ

車は大きな買い物なので、これまでまとまったお金が用意できないと購入を泣く泣く諦めるという人も少なくなかったはずです。

しかし今の時代、車は「買うもの」から「効率よく借りるもの」になりつつあり、その際に利用されるのが便利でお得なカーリースなのです。そこでまずは実際にカーリースを利用したい、利用しているという人のお話をまとめてみましたので参考にしてください。

▽子どもの成長に合わせてカーリースを希望する夫婦
・子どもがまだ小さいので現在はコンパクトカーに乗っていますが、子どもの成長に合わせてミニバンなど車の大きさも変えて、カーライフを楽しみたいと思っています。

▽経済面が心配でカーリースにした男性
・大金を用意できないので、少額から借りられるカーリースに興味がありました。それに数年先にはもっと高性能なエコカーが出るかもしれないし、そちらにスムーズに乗り換えたいということも考えて、出費も抑えられ手間もかからないカーリースを利用しています。

▽老後を楽しむためにカーリースした夫婦
・子どもたちが大きくなり巣立った今、夫婦2人暮らしになったため、大きな車は必要なくなりました。これを機に主人が昔から憧れていたスポーツカーをカーリースし、今は2人で存分にドライブを楽しんでいます。

など、カーリースに興味を持っている人や実際に利用して満足している人が多数いることが分かります。

 

知っておくべき!カーリースについて

カーリースのキズの保証についてチェックする前に、そもそもカーリースとはどのようなものかということも簡単に見ておきましょう。

▽カーリースとは
月々定額料金を支払いながら、自分が選んだ車に契約期間中だけ乗れる、それがカーリースです。車検などの諸費用やキズをつけたとき保証してもらうのに必要な保険料、税金なども含まれているため、ガソリン代以外には大きな出費もなく気軽に車を利用できます。

▽レンタカーとの違い
車を利用したいときだけレンタカーを借りればいいのでは?と思っている人も多いかもしれませんが、レンタカーだと乗れる車種は限られており、借りる期間も短期間になってしまいます。

さらに、レンタカーはナンバープレートが「わ」のため、なんとなく恥ずかしくて気が引けてしまい、運転しにくい!という人も多いでしょう。しかしカーリースなら希望したナンバーを取得することも可能なので、記念日や誕生日の数字に合わせることができるのです。

 

カーリースしている車にキズをつけてしまった!保証は?

カーリースはあくまでも、その名の通り「借りもの」ですので、カーリース車にキズをつけてしまった場合、保証金は果たしてどのくらい出るのだろうと不安でたまらない人もいるかと思います。

キズといっても、壁にこすってしまったような小さいキズから、車同士の衝突などの大きなキズまで種類はたくさんありますが、これらのキズを幅広く保証してくれる保険は、大抵カーリース料金に含まれていることが多く、借りる側にとってはあまり大きな経済的負担となりません。

▽自動車保険は2種類ある

カーリース車にキズをつけてしまった際に保証してくれる自動車保険には「自賠責保険」「任意保険」と呼ばれる2種類の保証保険があり、車を所有するには「自賠責保険」への加入が義務付けられています。

カーリース料金には、この「自賠責保険」が最初からプランに含まれていることがほとんどで、「自賠責保険」の保証が適用されるのは車両そのものになります。

一方の「任意保険」とは、任意と呼ばれている通り加入が義務付けられておらず、保険加入名義の運転手が保証対象となります。

ここで注意したいのが、たとえばカーリース車をキズつけただけでなく、事故も起こした場合、「任意保険」に加入していないとカーリース車のキズなどの保証がされません。

事故の支払い金額が高額な場合の保証も考えて「任意保険」がカーリースプランに含まれていたり、「任意保険」を義務付けていたりするというカーリース会社もあります。また、現在はカーリース会社が提供している独自の「任意保険」もありますので、カーリース料金とセットで保険の支払いができるプランがおすすめです。

こちらは保険の更新もカーリース会社が行うので、借り主は手間がかかりませんし、たとえ事故などで保険を利用してカーリース車をキズなどの保証してもらった場合も、次の保険料が値上がりするということはありません。

しかしこれが個人で加入した「任意保険」であれば、保証が発生した翌年から値上げとなりますので、ぜひカーリース会社のキズ・事故などの保証セットプランを利用するようにしましょう。

 

 カーリース会社への連絡はお早めに!

カーリースでの事故やキズを保証してくれる保険は心強い味方でもありますが、契約期間中のカーリース車の所有権はあくまでもカーリース会社にあります。

実際に事故を起こしたりキズをつけてしまったりした場合は、早急にカーリース会社に連絡するようにしましょう。カーリース会社からの指示を仰げば、トラブルに繋がることは少なく、迅速に対応・キズの保証をしてくれることでしょう。

常日頃からカーリース車に小さなキズやへこみがないか入念に確認し、もしもカーリース車にキズなどがあった場合は保証対象にもなりますので、異変を見つけたときはすぐにカーリース会社に相談することを心掛けるようにしましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

広島県のおすすめのカーリース業者をご紹介

車を利用する方法は、これまで新車や中古車を購入するか、レンタカーを利用するくらいしかありませんでした。しかし近年は、個人向けのカーリースというサービスが人気を集めており、それを扱う業者も増えています。ここでは、広島県で利用できるおすすめの個人向けカーリース業者をご紹介したいと思います。

社用車で車検を受けた場合、費用の仕訳はどうすればいいの?

車は個人で使用する自家車以外にも、社用車などの法人名義のものが存在します。車を維持するにあたって、車検を受けることが義務付けられていますが、その時に必要な車検費用の捻出は、個人にも法人にも頭の痛い問題です。特に車が法人名義の場合は、車検費用に対する会計処理も必要となってきます。 会計処理は事業運営の上で必ず必要となる業務ですが、専門家でない限り、勘定科目の仕訳は複雑で一筋縄にいかないのも事実です。車検費用の仕訳をしっかり把握していなければ、定期的に受ける必要がある車検の度に苦労することになりますので、ここでは、法人名義の車の車検費用の仕訳について詳しく紹介していきます。

中古車のカーリースについて徹底解説!

最近、「カーリース」のサービスが注目を集めています。このサービスでは毎月リース料を支払うことによりリース会社から車を借りることができます。車を借りるという点でレンタカーと同じですが、カーリースはレンタカーと比較すると長期間の契約になる点が特徴です。カーリース業者は新車を扱っているところが多いですが中古車のカーリースも存在します。ここでは、中古車のカーリースサービスを比較して、メリットやデメリットを解説します。さらに、おすすめの中古車のカーリース業者もご紹介したいと思います。

カーリースで利用している車の車検費用は誰が支払うの?

カーリースは月々のリース料金を支払うことで、長期間車を借用できるサービスです。車を「借りる」という契約ですから、車の「所有者」はカーリース会社となります。そして、ユーザーはその車の「使用者」という扱いになります。それでは、その車の車検費用はいったい誰が支払うのでしょうか。カーリース会社でしょうか、それともユーザーでしょうか?