カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを利用したらメンテナンスはどうすればいいの?知っておきたいリースの種類について

車にはメンテナンスが必要です。車を購入する場合には、購入費用だけではなく、車の維持費やメンテナンスにかかる費用のことも考えなければなりません。では、カーリースを利用する場合、車のメンテナンスはどうすればいいのでしょうか?

カーリースの基本的な仕組み

カーリースを利用する場合の車のメンテナンスについて考える前に、カーリースの基本的な仕組みについて理解しておきましょう。

カーリースの仕組みとは?

カーリースは、ユーザーが選択した車種をカーリース会社がディーラーから購入し、契約期間やプランを決めて貸し出す仕組みになっています。ユーザーは契約期間中、毎月定額のリース料金をカーリース会社に継続して支払うことになります。車の所有者はあくまでもカーリース会社ですので、各種税金の支払いや車検の手続きはカーリース会社が行います。

カーリースの料金はどのように設定されるか?

カーリース契約では、契約期間終了時点での車両の予想残存価格を設定します。この価格のことを一般に「残価」と呼びます。契約期間の長さや契約期間における予定走行距離などの要素を考慮に入れて、残価が設定されます。

オープンエンド契約とクローズドエンド契約

カーリース契約には、「オープンエンド契約」と「クローズドエンド契約」があります。

・オープンエンド契約

契約時に、設定した残価を利用者に明示します。契約終了時に、設定した残価と返却車両の実際の査定額の差額清算をします。査定額が残価を上回った場合には、カーリース会社がユーザーに余剰額を支払いますが、下回った場合には、ユーザーがカーリース会社に不足額を支払うことになります。個人向けのカーリースの多くは、オープンエンド契約です。

・クローズドエンド契約

利用者に残価を明示せず、契約終了時に差額清算を行わない方式の契約です。法人向けのカーリースのほとんどは、クローズドエンド契約です。

 

ファイナンスリースとメンテナンスリース

カーリースのサービスは、メンテナンスサービスの有無によって「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2つのタイプに分けることができます。

・ファイナンスリース

カーリースの料金に、車両価格、自動車取得税、契約期間中に発生する自動車税、重量税(初回の車検まで)、自賠責保険料(初回の車検まで)のみが含まれるカーリースです。車を調達したいというニーズに応えるための、金融的性格が強いサービスです。

・メンテナンスリース

カーリースの料金に、車両価格、自動車取得税、自動車税(契約期間分)、重量税(契約期間分)、自賠責保険料(契約期間分)、車検代(契約期間分)に加えて整備点検、オイル交換、消耗部品交換などの費用も含まれます。単に車を借りるだけではなく、メンテナンスサービスも受けられる方式です。

メンテナンスリースを利用すれば、基本的な車のメンテナンスをカーリース会社にお任せすることができます。自分でメンテナンスをする必要がないので、気軽に車に乗ることが可能です。しかも、これからご説明する通り、メンテナンスリースには費用面でもメリットがあります。

 

メンテナンスリースを利用した場合、どれくらい料金はお得になる?

基本的に言ってカーリースの月々の料金は、ファイナンスリースよりもメンテナンスリースの方が高いです。メンテナンスサービスの費用が月々の料金に上乗せされているからです。それでも、その都度、業者にお金を支払ってメンテナンスするよりも、メンテナンスリースを利用した方がお得です。

今回は一例として、「カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)」のメンテナンスリースの費用と、その都度、業者にメンテナンスをお願いする場合にかかる費用を計算して比較してみたいと思います。

カーコンカーリースもろコミは、軽自動車限定ではありますが、充実した内容の「メンテナンスパック」(月額税込2,700円)を用意しています。例えば9年契約の場合、下記のメンテナンスサービスが含まれます。()の中はその都度、業者に依頼した場合にかかる料金の想定額です。

・オイル交換8回 (80,000円)
・タイヤ交換1回 (80,000円)
・バッテリー交換2回 (40,000円)
・ブレーキパッド交換1回 (20,000円)
・ワイパーゴム交換 3回 (6,000円)
・オイルエレメント交換8回 (16,000円)
・オートマチックオイル交換2回 (20,000円)
・点火プラグ交換1回 (8,000円)
・ブレーキオイル交換3回 (15,000円)
・LLC交換3回 (9,000円)
・Vベルト交換1回 (6,000円)

※()内の料金は条件や依頼先によって変動します。料金は工賃も含みます。

その都度、業者に依頼した場合の費用の合計は300,000円です。一方、カーコンカーリースもろコミの「メンテナンスパック」は月額税込2,700円ですから、9年間(108か月)で合計291,600円となります。

つまり都度払いよりも8,400円お得ということになります。大きな金額差ではないかもしれませんが、メンテナンスをカーリース会社にお任せしてその手間を省けることを考えると、費用もお得になるというのは、非常に魅力的なサービスだと言えます。

 

法人でメンテナンスリースを利用したときのメリット

先程、メンテナンスリースのメリットとして、車の管理の手間を省ける上に費用面でもお得という点に触れましたが、法人がメンテナンスリースを利用する場合には、他にも多くのメリットがあります。

以下でそのメリットをご説明したいと思います。

・リース料金をそのまま経費として計上できる

メンテナンスリースの月々の料金には各種税金、車検代、メンテナンス費用が含まれている訳ですが、そのまま経費として計上できます。経費処理が楽ですし、節税にもつながります。

・車にかかるコストが安定する

車を購入した場合には車の維持費がその都度発生していきますが、カーリースでは契約期間中に支払う料金が一定ですので、コストの把握が容易になります。

・車両の入替が容易

購入した車を入れ替えるためには、車の売却手続きと新しい車の購入手続きが必要になります。その際には、車両運搬具売却損益を計上したり、新しい車を資産計上したり、事務処理も面倒です。一方、カーリースでは車の入替が容易です。リース期間が終了するごとに、新しい車をリースすれば、それで済むからです。

このように、法人でカーリース、特にメンテナンスリースをすることにはメリットがあると言えます。実際、多くの法人や企業は社用車を購入ではなく、カーリースによって調達しています。今後もこの傾向は続くことでしょう。

近年では、メンテナンスをカーリース会社にお任せできて、毎月定額の料金で気軽に車を楽しめるということで、個人でメンテナンスリースを利用する人も増えています。個人向けのカーリースの人気もこれからも高まっていくことが予想されます。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースで三菱の人気車種に乗ろうとしたら、料金はどの程度かかる?

車に乗りたいけど、まとまったお金がなくて買うことができない、転勤が多くてすぐに手放すかもしれない、といった人は意外と多いのではないでしょうか。これらのさまざまな理由から、車を購入して所有することができない人たちにおすすめなのがカーリースです。 今回は、数あるメーカーのなかでも三菱に注目し、三菱の車種をカーリースで利用する場合の料金についてご紹介します。

車検を受けるにはどうすればいい?予約方法など気になる手続きの流れを解説!

快適なカーライフを過ごすには車両の維持に欠かせない車検の問題を合格する必要があります。定期的に来る車検期限はドライバーにとって頭の痛い問題ではないでしょうか? 悩ましい存在である車検のシステムやスムーズに車検に合格するために必要とされる車検の予約方法などを、掘り下げながら紹介します。