カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを利用した人の感想と、そこから見えるカーリースのメリットとデメリットとは?

個人向けのカーリースを利用した人は、どんな感想を持っているのでしょうか?良い感想も悪い感想も徹底的に調べてみました!

カーリースについての良い感想

まず良い感想を見てみましょう。

「この金額で新車に乗れるなんて」「月々の支払いが安く済むのがいい」

これらはカーリースの料金についての感想です。リース料金が安いのを気に入った人は多いようです。なぜ、カーリースの料金はお手頃な価格に設定できるのでしょうか?

なぜならば、リース料金は「車両本体価格」から「契約終了時の車両の予想残存価格(残価)」差し引いた金額を元に算出されるからです。「残価」をマイナスにする分、リース料金を安く抑えることができるのです。

「良い点は頭金が不要なこと」

こちらは頭金についてのカーリースの感想です。カーリースはローン購入の場合とは違って必ずしも頭金を支払う必要がありません。高額な初期費用を避けたい人にとっては、この点がカーリースの大きなメリットとなるようです。

「車検やメンテナンスが含まれているのがいい」「計画的に乗れる」

契約プランにもよりますが、リース料金には基本的に「車両価格」の他に「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検代」「点検・整備代」などが含まれています。

毎月のリース料金を支払っていれば、車検などのタイミングでまとまったお金を用意する必要がありません。毎月の出費が安定しますから家計の計画が立てやすいです。この点にカーリースの良い感想を持つ人も多いようです。

「『乗るだけ』が一番いい」

これは言い換えればカーリースは「楽だ」という感想です。カーリースでは車検やメンテナンス、事故時の対応などをカーリース会社にお任せできるので、車の管理にあまり労力を掛けずに済みます。

「飽きっぽい私には良いサービス」

カーリース会社によっては、契約開始から一定の年数が経過すると自由に車の返却や乗り換えができるようにしています。

最初の車に飽きたらその時点で乗り換えればいいですし、もし車を気に入ったらそのまま乗り続ければよいということになります。「飽きっぽい人」にはメリットがあるサービスと言えるでしょう。

 

カーリースについての悪い感想

次にカーリースについての悪い感想も見てみましょう。

「返却時期が近づくにつれて制約が気になりはじめる」

カーリースは車を借りる契約ですので、基本的にはリース期間終了後に車を返却することになりますが、その際に車の状態や走行距離などをチェックされます。

軽微な傷や損耗であれば問題になることはありませんが、傷やダメージの程度によっては清算金が発生することがあります。また、契約時に設定した走行距離を超過していた場合も追加料金を請求される可能性があります。

返却時期が近づくにつれて色々と心配になったという感想が少なからずあります。リース車の利用についての制約は決して多くはありませんが、あくまでも借り物ですから大事に扱う必要がありますし、走行距離制限などの契約上のルールに従った方法で利用しなければなりません。

「中途解約で高額な費用が必要になった」

やむを得ない事情で中途解約をした人のカーリースに対する感想です。カーリースは原則として中途解約ができませんが、正当な理由があると判断された場合には認められることがあります。

ただ、その場合、解約に伴う費用は決して少なくありません。残りのリース期間の料金を一括で支払う必要があるケースもあり、契約開始してからあまり時間が経過していない段階で解約をすると、高額な費用が発生してしまいます。実際、そのような経験をした人は少なくないようです。

「納車までかなり待たされた」

カーリース会社によって異なりますが、一般的に言って、契約成立から納車まで2か月くらいの時間がかかることが多いようです。「すぐに車が必要」という方にとってはデメリットと言えますね。

「車両値引きがほとんど無かった」

車を購入する場合、ディーラーと交渉して値引きをしてもらうのが一般的です。カーリースの場合は、カーリース会社がディーラーと購入交渉することになりますから、ユーザーは交渉する必要がありません。

ただし、カーリース会社によっては値引き交渉していない車両価格でリース料金が設定されている場合もあるようです。そのようなわけで車両値引きが無かったことを残念に思うカーリースに対する感想もあります。

ここまで、カーリースについての良い感想と悪い感想を見てきました。それぞれの感想からカーリースのメリットやデメリットが浮かび上がってきたのではないでしょうか。カーリースの利用を検討する際には是非そのメリットとデメリットの両方についてじっくり考えるようになさって下さい。

 

おすすめのカーリース会社

最後におすすめのカーリース会社をご紹介します。

もろコミ

「もろコミ」は「カーコンビニ倶楽部」が展開しているカーリースサービスです。

「もろコミ」の大きな特徴は「残価設定無し」の「クローズドエンドリース方式」をとっていることです。これは契約終了時に車についての清算が行なわれないことを意味します。

先程見たように、「返却時期が近づくにつれて制約が気になりはじめる」という感想がありましたが、それは契約終了時に車の査定と清算が実施されるからにほかなりません。最初に設定した車の「残価」と実際の「査定額」に差が生じた場合に清算金が発生するのです。

しかし「もろコミ」の場合はそのような心配をする必要がありません。しかも契約終了時にユーザーは車をもらうことができます。

「もろコミ」のリース料金には「車両価格」のほかに「車両登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」が含まれています。また、リース期間中の「車検基本料金」と「印紙代」が無料になるクーポンが付きます。

「もろコミ」には契約期間が7年間の「もろコミ7」と9年間の「もろコミ9」の2つのプランがあります。どちらのプランも契約期間終了の2年前から違約金なしで乗り換えや返却(中途解約)ができるようになります。

定額ニコノリパック

「定額ニコノリパック」は「株式会社MIC」が運営しているカーリースのサービスです。

車種によって月額で「1万円」「2万円」「3万円」の商品を用意しており、わかりやすい料金体系となっています。ただ、「残価設定あり」のリース料金ですから最後に清算金が発生する可能性があります。契約期間は5年間です。「もろコミ」とは違って基本的に中途解約はできません。

リース料金には「車両価格」のほかに「各種登録費用」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「車検代」「新車1か月点検の費用」「新車6か月点検の費用」「エンジンオイル交換費用(計9回)」「ウォッシャー液補充費用」「バッテリー液補充費用」「クーラント液補充費用」などが含まれています。消耗品交換・補充費用が込みになっているのはうれしいですね。

ここまで、おすすめのカーリース会社を見てきました。他にもたくさんの会社が存在しますから、是非自分に合ったプランを提供している会社を見つけ出して下さい。

人気カーリースを見る

関連する記事

均等払いでカーリースを利用したい!均等払いでも支払い額を抑えられるカーリースプランの選び方とは?

カーリースといえば、月額一定の料金を支払うことで、車を利用することができるサービスとして知られています。月々の支出を安定させることができるので、家計も計画的に行うことが可能です。しかし、本当にカーリースの利用料金は毎月一定なのでしょうか。今回は、気になるカーリースの均等払いについてまとめていきます。

マイカーリースの時代がやってきた?個人向けカーリースの特徴やおすすめのリース会社をご紹介

カーリースと聞くと、あまり馴染みがない方も多いのではないでしょうか?カーリースは個人で利用するものではないと思っている方も未だにいるのが現状で、利用したことがない人もたくさんいます。しかし、カーリースについて本当のことを知ると見方が変わります。今回は、個人向けのカーリースについてご説明します。

料金は月々1万円以下!格安のカーリースサービスをご紹介

車を購入すると何かとお金がかかるものです。ローン代に加えて税金やメンテナンスのための出費などがあり、費用がかさみます。しかしながら、今では軽自動車であれば、月々1万円以下の料金で新車をリースできる時代になりました。実際に、車を購入する代わりにカーリースを利用する人も多くなっています。ここでは、月々1万円以下の料金で利用できるカーリースサービスをご紹介します。

新車登録から10年が経過したら車検は毎年行わなくてはいけないって本当?乗り換えを検討するべき?

一般的に、自動車は新車登録から10年以上経過した場合、大きく市場価値を失うと言われていますが、注目の集まるビンテージカーなど、新車登録から10年が経過しても魅力が衰えない車は多数存在します。 また愛車も10年が経過すると乗り換えが視野に入ってくるものの、数々の思い出が詰まった愛着のある車であるほど、手放すことに抵抗を感じる方も少なくないのではないでしょうか。 新車登録から10年が経過する車の価値が下がる理由として「毎年車検の必要がある」という認識が挙げられますが、道路運送車両法の改正によって車検の有効期間が延長されていることは、意外と知られていないようです。 今回は、新車登録から10年を経過する車の車検事情や、乗り換えを検討すべきかについて考えます。