カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを利用した時、オイル交換はしてもらえる?知っておきたい車に必要なメンテナンスとは

自分で購入した車のメンテナンスを自分で行うのは当然だけど、カーリースの場合はどうなるのだろうと疑問に思われたことはありませんか?特にオイル交換など、頻繁に行なわなければならないメンテナンスは、カーリース特有のサービスがあれば便利ですよね。この記事では、その点をしっかり説明していきます。

クルマに必要なメンテナンスとは

車は多くのパーツからできており、経年劣化で交換しなければならないものや、定期的にチェックしておかなければならない箇所もあります。特に、以下に挙げる自動車パーツは、定期的なチェックが必要です。

1.タイヤ

使用頻度や走行距離、運転の仕方によって交換頻度が変わってくるのがタイヤです。カーリースで4年、7年、9年と使っていると、劣化してきます。前方タイヤと後方タイヤで減り具合も違うため、タイヤをローテーションして劣化を遅らせるのも1つの方法です。

タイヤの空気圧をこまめにチェックしておくと、高速を走る時なども安心です。タイヤの空気圧や溝の減り具合は燃費にも関係してくるので、しっかり管理しておきたいところです。

2.オイル

ここで言うオイルはエンジン内部を潤滑するためのエンジンオイルです。もしオイルがなければ、エンジンはすぐに壊れてしまいます。エンジンオイルには、エンジン内の温度を正常に保ったり、不純物を除去したりする役目があります。

車のエンジンオイルを評価する際に重要になるのが、量と純度です。水のように簡単には蒸発しないとはいえ、オイルも少しずつ蒸発します。蒸発すると量が減り、エンジン内の温度を正常に保つのが難しくなります。

エンジン内でガソリンを燃やしている以上、不純物は発生します。また、ピストンヘッドとシリンダの摩擦により、細かい金属粉が出る場合もあります。こういった余計なものがオイルに混ざり、純度が低下していき、最終的にはエンジンオイルは本来の役目を正常に果たせなくなるのです。

こういった理由から、エンジンオイルの定期的な交換は、必要不可欠であると言えます。

3.バッテリー

搭載しているバッテリーの大きさにもよりますが、バッテリーも消耗品であるため、定期的に交換する必要があります。3年も使用すれば、かなり消耗してしまい、エンジンスタートや電気系統に異常をきたす場合があります。

4.ワイパーなど

ワイパーとフロントガラスが接触する部分はゴムでできており、このゴムは使用していると硬化してきます。硬くなってしまうと、ひび割れたり、フロントガラスを傷つけてしまったりするので、定期的に交換する必要があります。

自分でできる車のメンテナンスは?

車にかかわるほとんどのメンテナンスは、実は自分で行えます。しかし、タイヤやオイルの交換は、車の足回りの作業を含むため、危険が伴ったり、相応の腕力が必要だったりします。また、車のバッテリーは電流が大きいため、初心者が交換するにはリスクが伴うでしょう。

 

エンジンオイルの重要性とは?

前出のメンテナンスの中でも、エンジンオイルの交換は特に大事です。私達が日常生活で水分を取って血液の流れを良くするのと同じで、車も定期的にオイルを交換することにより、エンジンを正常に動かすことができるのです。

エンジンオイルを定期的に交換していれば20万キロ走れる車でも、オイル交換を怠ったために、5万キロも走らずに壊れてしまったということもあり得ます。車の心臓であるエンジンに直結する部分なので、オイル交換はしっかりと対応しておきたいところです。

 

カーリース利用時のオイル交換やその他メンテナンスはどうすれば良い?

・オイル交換の費用の目安

軽自動車のエンジンには約4リットルのオイルが入ります。普通自動車はエンジンの大きさが異なるため、約6リットルから8リットル程度です。オイルのクオリティーにもピンからキリまでありますが、平均的に1リットル1,000円程度と考えて良いでしょう。

ガソリンスタンドなどで交換すると、オイル代+工賃(3,000円から5,000円程度)がかかるため、オイル交換だけでも結構な額になります。他にも、オイルエレメントを交換するか、フラッシングオイルを使用するかなどで、費用は変わってきます。

 

メンテナンスパック付きのカーコンカーリースもろコミがおすすめ!

カーリース業者では、お得なパックなどが用意されていますが、その中でもカーコンカーリースもろコミなら、行き届いたメンテナンスサービスが受けられます。前出の消耗品全般はもちろんのこと、点火プラグやブレーキパッドなどの交換もカバーしてくれます。

オイル交換は頻繁に行うので、カーリースの際もパックで購入しておくのがオススメです。カーコンカーリースもろコミのメンテナンスパック(月々(税込)2,700円)には、エンジンオイル交換とオイルエレメント交換が、それぞれ6〜8回含まれています。

なお、7年リースと9年リースで無料になる回数は異なります。カーリースの際に、カーコンカーリースもろコミのメンテナンスパックを付けておけば、オートマチックオイルの交換やブレーキオイルの交換、Vベルト、ワイパーゴムの交換もできます。

カーコンカーリースもろコミのカーリースで軽自動車に7年、または9年と乗るのであれば、定期的なメンテナンスは必須です。オイル交換が遅れるだけで、エンジンにかかる負担が大きくなってしまう事もあります。しかし、定期的にメンテナンスすれば、車の寿命が伸び、燃費を向上させることもできます。

カーコンカーリースもろコミのメンテナンスパックに入っていれば、車修理のプロであるカーコンビニ倶楽部のカーコン店舗でメンテナンスを受けられます。カーコンビニ倶楽部のカーコン店舗は修理や板金塗装、オイル交換を専門に行っているプロ集団ですから、安心してオイル交換を任せられます。

また、カーコンカーリースもろコミでリースすると、ガソリン代のキャッシュバックが受けられると言うのもポイントです。毎月100リットルまでなら1リットル毎に20円のキャッシュバックがあります。

契約した車なら、レギュラー、ハイオク、軽油でもOKです。給油した翌月に、カーコンカーリースもろコミから一括キャッシュバックされる仕組みになっています。

※キャンペーンは予告なく、変更・終了する場合があります。詳しくは公式サイトをご覧ください。

また、タイヤ4本がセットで付いてくるというのもメリットです。ハンドル操作をするため、特に前タイヤは減りやすく、数年使っていれば交換が必要になってくるケースもあります。

タイヤの溝の深さが1.6ミリより小さいと、法令違反となる可能性もあるので、定期的なチェックが必要です。タイヤ交換もカーコンカーリースもろコミのメンテナンスパックに含まれており、リース期間中に4本全てのタイヤを交換できます。

前タイヤの溝が浅くなったら前後のタイヤを交換するというのも良いでしょう。こうすることによって、4本のタイヤの寿命を最大限活用する事ができます。寒冷地ならスタッドレスタイヤも使用するため、ローテーションのスパンは更に伸びるでしょう。

オイル交換込のカーリースなら、忘れずにオイル交換ができます。返却するときに車の状態が良ければ精算金がかかりません。定期的にオイル交換をしていれば、エンジンを良好な状態に保つことができます。

最も重要なメンテナンスの一つであるオイル交換は、カーリースの場合でも忘れずに行いましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

“月々1万円で車乗り放題!”のあのカーリース会社の特徴やメリットについて調べてみた!

カーリースは月々定額のリーズナブルな料金で利用できることで人気を集めていますが、中には毎月1万円で車乗り放題のサービスを提供しているカーリース会社もあります。今回は“月々1万円で車乗り放題!”で話題の、あのカーリース会社について徹底解説します。

リース車を傷つけてしまった!査定や減額、修理代金はどうなるの!?

自己所有、レンタカー、リース…車を所有する手段に限らず、車を運転している以上、傷やヘコミなどは常につきまとう問題です。リース契約している車を傷つけてしまったりヘコミが生じてしまった場合、査定に響いたりするのでしょうか?また修理にかかる費用は誰が負担をするのでしょうか?