カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを利用するならこれ!おすすめカーリース一覧

カーリースの人気は年々高まり、今では数多くのカーリース会社やカーリースの契約プランが存在します。そのため、どのカーリースサービスを選べばよいのか迷っている人も少なくないでしょう。そこで、今回の記事ではおすすめのカーリースサービスの一覧をご紹介します!

カーリースにはファイナンスリースとメンテナンスリースの2種類がある

おすすめのカーリース一覧を見る前に、カーリースの基本的な仕組みやカーリースの種類について確認しておきましょう。

カーリースとは、ユーザーの選んだ新車をカーリース会社が購入し、ユーザーが月々の決められたリース料をカーリース会社に支払ってその車を使用するというシステムです。車の所有者はあくまでもカーリース会社であり、ユーザーは車の使用者ということになります。カーリースの契約期間は3年、5年、7年などの長期に及ぶのが一般的です。

カーリースは、メンテナンスサービスの有無によって下記のファイナンスリースとメンテナンスリースの2種類に分けられます。

ファイナンスリース

下記はファイナンスリースの料金の内訳の一覧です。

・車両代
・登録諸費用
・自動車取得税
・自動車税(契約期間分)
・重量税(登録時のみ)
・自賠責保険料(登録時のみ)

ファイナンスリースは下記のメンテナンスリースよりも料金が安いですが、車検や消耗部品の交換などのメンテナンスは自分でしていく必要があります。

メンテナンスリース

下記はメンテナンスリースの料金の内訳の一覧です。

・車両代
・登録諸費用
・自動車取得税
・自動車税(契約期間分)
・重量税(契約期間分)
・自賠責保険料(契約期間分)
・車検基本料
・整備点検費用
・オイル交換代
・消耗部品交換代

メンテナンスをカーリース会社に一任できるので、車の管理が楽になります。さらに、リース料以外にあまり出費が発生しないため、毎月の支払いがフラットになるというメリットもあります。

法人向けカーリースの場合、上記のファイナンスリースとメンテナンスリースのどちらかを選ぶ形になっていることが多いですが、個人向けカーリースの場合は基本的にはメンテナンスリースをベースとして、消耗部品の交換をどれくらい含めるかをオプションなどの形で選択するスタイルになっていることが多いです。

 

カーリースを選ぶときには残存価格の設定に注意

カーリースでは、契約期間の長さや予定走行距離などから契約満了時点における車の予想残存価格(残価)を設定して、車両価格から残価を差し引いて毎月のリース料を決めるのが一般的です。

カーリースは、契約満了時にこの残価をどのように精算するかによって、オープンエンド型とクローズドエンド型に分類することができます。

オープンエンド型

残価をあらかじめユーザーに明示して、契約期間満了時に返却車両の査定価格との差額を精算するタイプの契約です。

例えば、あるリース車両の残価を100万円に設定したとします。契約満了時の査定価格が120万円であれば、差額の20万円を返却してもらえます。一方、査定価格が80万円だった場合は20万円を精算金としてカーリース会社に支払わなければなりません。

クローズドエンド型

クローズドエンド型では、残価をユーザーに明示せず、契約満了時の残価精算も実施しません。

ただし、返却車両にキズやヘコミなどの修理を要するダメージがある場合には、原状回復にかかる費用を請求されます(些細なダメージは通常問題にはなりません)。また、予定走行距離を超過した場合にも1kmあたり〇〇円という形で追加料金を請求されることになります。

料金が安いと思ってもオープンエンド型のカーリースだと契約満了時に査定額の差額を支払わらなければいけない可能性もあるので、事前にどちらの契約形式かきちんと確認しておくことが大切になります。

 

カーコンカーリースもろコミは安全の残価設定0円

さて、ここからおすすめのカーリース一覧をご紹介したいと思いますが、1番のオススメはもろコミです。もろコミとは、カーコンビニ倶楽部株式会社のカーリースサービスであるカーコンカーリースもろコミの略称です。

カーコンカーリースもろコミは、個人向けのカーリースとしては珍しく、残価設定が0円のサービスとなっています。残価設定が0円ですから、契約満了時の残価精算や走行距離超過により請求か発生する心配はありません。しかも、車は返却する必要がなく、そのまま自分のものになります。

カーコンカーリースもろコミの基本プランには、7年リースの「もろコミ7」と「9年リース」のもろコミ9があります。どちらのプランでも、契約満了の2年前から原則違約金なしで車の乗り換えや返却ができるようになります。

※車を途中で返却する場合、車の損耗状態によっては請求が発生する場合があります。
※車を途中で返却する場合、走行距離制限は1ヶ月あたり2,000kmとし、1km超過につき8円の請求が発生します。

さらに、「もろコミ特選車」という一部の車種限定のお得なプランもあります。もろコミ特選車の一覧やプランの内容は、カーコンカーリースもろコミの公式サイトで確認できます。

※もろコミ特選車のプランはすべて7年リースとなります。また、契約期間中の乗り換えや返却はできません。

今では、期間限定の特典も楽しめます。下記は特典内容の一覧です。

1.もろコミ7・もろコミ9(※特選車を除く)成約特典

・期間:2019年7月1日(月)~9月30日(月)
・条件:もろコミ7またはもろコミ9を2019年7月1日(月)~9月30日(月)の間にWEBから申し込んで契約した人
・内容:ガラスコーティング剤「スパシャン」、車載用防災セット「Refill Box 24」、キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)をプレゼント

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。

2.もろコミ7の「特選車」成約特典

・期間:2019年7月1日(月)~9月30日(月)
・条件:2019年7月1日(月)~9月30日(月)の間にWEBからもろコミ「特選車」を申し込んで契約した人
・内容:車載用防災セット「Refill Box 24」、キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)をプレゼント。

※特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。

 

その他のおすすめカーリース一覧を一挙紹介!

ここでは、カーコンカーリースもろコミ以外の人気のカーリース業界の一覧をご紹介します。

定額ニコノリパック

5年契約のカーリースサービスです。リーズナブルな料金で人気があります。残価設定はありますが、クローズドエンド契約なので契約満了時の残価精算はありません。

カルモ

2018年にスタートした新しいカーリースサービスです。契約期間を1年〜9年から自由に選べるのが魅力となっていましたが、最近個人向けカーリースとしては初の11年間の契約も可能になり、ますます便利になっています。

コスモスマートビーグル

契約期間を3年、5年、7年から選べます。また。メンテナンスパックを「ホワイトパック」、「シルバーパック」、「ゴールドパック」の3つから選択することが可能で、ゴールドパックパックでは非常に手厚いメンテナンスサービスを受けられます。各メンテナンスパックの内容の一覧はコスモスマートビークルの公式サイトで確認できます。

オリックスカーリース

5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」の3つの契約プランがあります。いまのりくんでは最後に車を返却する必要がありますが、いまのりセブンといまのりナインでは車をもらえます。また、いまのりくんでは契約開始から2年後、いまのりセブンでは5年後、いまのりナインでは7年後から、自由に車の返却や乗り換えができるようになります。

今回は、カーリースの種類やおすすめのカーリースサービス一覧を見てきました。是非、自分に合った契約プランやカーリースサービスを探して、楽しいカーライフを送っていきましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

ハイエースに乗り換えを検討している方は必見!カーリースの仕組みを知って、お得に賢く乗り換えしよう!

仕事用だけでなく普段用として乗るためにも選ばれるハイエースは、ミニバンに並ぶ人気です。そんなハイエースを手に入れるなら、できるだけお得に買いたいと考えるのは自然なことではないでしょうか。 賢く車を手に入れる方法として、多くの人に活用されている方法が「カーリース」です。上手に使えば、ローンや一括払いよりお得にハイエースに乗ることができます。なぜカーリースを選ぶ人が増えているのか、その仕組みを詳しく見てみましょう。

カーリースするなら知っておきたい追加料金とは?

カーリースは初期費用を抑えて手軽に新車を利用できるサービスです。毎月決まった額を支払うだけで、普通に買うよりも安く車を利用できることもある便利なものですが、きちんとサービス内容を把握していないと、思いがけないところで大きな出費が発生する恐れがあります。 そこで今回は、カーリースをするなら知っておきたい諸費用についてまとめました。契約時と契約満了時にかかる可能性のある費用と、それを抑えるカーリースのプランを知り、かしこく、お得に利用しましょう。

カーリースでスズキの軽自動車に乗る!

近年、個人向けのカーリースのサービスを行なう会社が増加してきました。カーリースでは車を購入する場合と同じように好きなメーカーや車種を選び、色、グレード、オプションなどを設定することが可能です。もちろん大手自動車メーカーのスズキの車をカーリースで楽しむことができます。スズキと言えば軽自動車です。 今回は、スズキの代表的な軽自動車であるワゴンR、スペーシア、アルト、アルトラパンに大手のカーリース会社2社「カーコンビニ倶楽部」「オリックス自動車」でどれくらいの料金で乗ることができるのかを調べてみました。

車のリースは個人にもお得?個人向け車リースのメリットとおすすめリース業者のご紹介

近頃、新しい車の利用方法として「個人向けの車のリース」に注目が集まっています。 今までは欲しい車があれば自分で購入する費用や税金などを賄う必要があり、毎月の車にかかる固定費がどうしても高くなってしまうため、車を所有するのを諦めていた人もいるかと思います。しかし、個人向けの車のリースであれば余計な負担を感じることなく、車を使えると人気が出ているのです。