カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを利用する場合、保険料はどうなるの?カーリース料金の内訳や保険の種類について解説!

車を利用する上で欠かせないのは保険です。万が一の備えとして、ほとんどの人が自賠責保険だけではなく、任意保険にも加入しています。では、カーリースを利用する場合、保険料はどうなるのでしょうか。カーリース料金に、保険料は含まれているのでしょうか?

カーリースの料金に含まれているものとは?

カーリースの仕組み

カーリースとは、月々のリース料金を支払うことで、希望する車を定められた期間(契約期間)貸し出してもらえる仕組みです。数時間から数日の利用を前提とするレンタカーのサービスとは違って、カーリースの契約期間は5年〜7年などの長期に及びます。

契約が成立してからカーリース会社がディーラーから車を調達しますので、好きな車種を選んで利用できます。カーリースは、頭金が不要で、月々定額の料金で利用できることから人気を集めています。

さらに、契約期間終了時には新しく別の車をリースできますので、定期的に車を乗り換えたい人にもおすすめのサービスです。

メンテナンスリースとファイナンスリース

カーリースには大きく分けて「メンテナンスリース」と「ファイナンスリース」があります。

ファイナンスリース

車を調達したいというニーズに応えるための金融的性格が強いリースです。月々のリース料金には「車両価格」「自動車取得税」「契約期間中に発生する自動車税」「重量税(初回の車検まで)」「自賠責保険料(初回の車検まで)」などが含まれます。

メンテナンスリース

こちらは、サービス的性格の強い形態となっています。メンテナンスサービスという価値が付加されたカーリースです。

メンテナンスリースの月々のリース料金には「車両価格」「自動車取得税」「自動車税(契約期間分)」「重量税(契約期間分)」「自賠責保険料(契約期間分)」「車検代(契約期間分)」に加えて「任意保険料」「整備点検」「オイル交換」「消耗部品交換」「事故時の対応」などの費用も含まれます。

ただし、ファイナンスリースやメンテナンスリースを選択するのは法人向けのカーリースの場合が多く、個人向けカーリースの場合は、基本のリース料金にオプションという形でメンテナンスサービスを追加する形が多いです。

個人向けのカーリースの料金には何が含まれるか

個人向けのカーリースの基本の料金には、多くの場合、「車両価格」「新車登録費用」「自動車取得税」「自動車税(契約期間分)」「重量税(契約期間分)」「自賠責保険料(契約期間分)」「車検代(契約期間分)」が含まれます。これにオプションでメンテナンスサービスを付けることができます。

上記の内容を見ると、月々の料金に、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険料」は含まれているものの、「任意保険料」は含まれていないということが分かりますね。

 

カーリースを利用する場合、保険料はどうなる?

自賠責保険だけでは補償額が十分ではありませんし、事故の相手の身体に関する損害しか補償の対象とならず、相手の車や物、自分の身体や車が損害を受けたとしても補償してもらえませんから、任意保険への加入も必要です。

ここで、任意保険の内容についておさらいしてみましょう。

任意保険には大きく分けて「賠償責任保険」「傷害保険」「車両保険」の3つの種類があります。各自動車保険会社はこれらの保険を組み合わせたパッケージ商品を売っています。

・賠償責任保険

相手の人や物に対する保険です。交通事故で相手の人を怪我させたり死亡させたりしまった場合や、相手の車や財物に損害を与えてしまった場合に、賠償金を補償してもらえます。

・損害保険

自分や同乗者に対する保険です。交通事故によって自分や同乗者が怪我をしたり、死亡したりした場合などに保険金が支払われます。

・車両保険

自分の車に対する保険です。交通事故で自分の車を破損させてしまった場合の修理費用等を補償してもらえます。他人の車との接触による損害のみを補償するものや、単独事故や当て逃げも補償するものなど、車両保険にはいくつかの種類があります。

次に、任意保険料の目安を見てみましょう。

下記は初めて自動車保険に入る場合の任意保険料の目安です。ほとんどの場合、賠償責任保険と損害保険は保険内容に入りますが、車両保険は付ける人と付けない人がいますので、車両保険の有無で金額を分けて記します。

25歳男性の保険料(年間)

車両保険なし:約7万円
車両保険あり:約12万円

35歳男性の保険料(年間)

車両保険なし:約4万円
車両保険あり:約7万円

※保険会社によって保険料は異なります。

このように、年齢が若いと保険料は高めです。ここでは金額は記しませんでしたが、高齢者の事故も多いので、高齢者の場合もやはり保険料は高めになります。さらに車両保険の有無によっても、かなり金額が変わることも分かりますね。

カーリースの場合、車は自分の物ではなく借り物ですので、事故で損傷したり故障したりした場合に備えて、保険料が高くなるとしても車両保険を付けるのが賢明でしょう。

自分で保険会社を探して車両保険付きの任意保険に加入することもできますが、カーリース会社が専用の任意保険を用意している場合もあります。

カーリース会社が用意している保険であれば、任意保険料も月々のリース料金に含めることができ、補償内容もカーリースに合わせたものになっていますので安心です。

 

カーリースしている車で、もし事故を起こしてしまったら?

もし、リース車で事故を起こしてしまった場合、任意保険に加入していない場合は自己負担が非常に大きくなってしまう可能性があります。

まず、車が事故で損傷した場合、修理に出さなければなりません。そうしないと契約終了時に高額の清算金が発生する可能性があります。さらに、修理する際、車両保険付きの任意保険に加入していなければ、費用は基本的に自己負担になってしまいます。

車が全損して走行不能となるほどの事故の場合、リース契約は強制的に終了となり、高額な解約費用が発生してしまいます。

残っているリース期間の料金全額を負担しなければなりませんし、車の価値もなくなってしまいますので、契約時に設定した車の予定残価も負担しなければならなくなるでしょう。この点、車両保険付きの任意保険に加入していれば、自己負担は大幅に軽減されます。

※事故を起こしたら、速やかにカーリース会社に連絡して、事故時の対応に関するルールを確認するようにしましょう。

 

任意保険料込みのカーリースのご紹介

最後に、月々の料金に任意保険料を組み込めるカーリースサービスをご紹介したいと思います。

・フラット7

「フラット7自動車保険」というカーリース専用の自動車保険を用意しています。「車両全損時にリース契約の中途解約費用が支払われる」という車両保険の特約が付いています。

・定額ニコノリパック

「ニコノリ専用自動車保険」を提供しています。「車両全損事故時の支払保険金をリース契約の中途解約金と同額とする」という特約が付いています

・リースDeマイカー

「任意保険込プラン」を用意しています。契約期間中は交通事故などで保険を使用しても等級は下がらず、リース料金は一定に保たれます。

任意保険選びについて、不安を感じる方は、こうしたカーリース専用の保険を用意している業者を利用するのも、1つの方法でしょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

初期費用ゼロでマイカーライフを始められる!大きな出費を避けたい人はカーリースを利用しよう

若者の車離れが話題になっている昨今、注目を集めているのが、初期費用ゼロでも新車に乗ることができるカーリースというカーライフスタイルです。 今回は、初期費用ゼロでマイカーライフを始められると評判のカーリースについて、なぜ初期費用ゼロでも車が持てるのか、どんなメリットがあって、どのような人に向いているのか等、カーリースの魅力に迫ってみたいと思います。

法人や個人事業主必見!カーリースの経費処理の方法とは?

いまでは、新しい車の買い方として個人向けのカーリースが定着しつつありますが、もともと、カーリースは法人向けのサービスとして利用されてきました。法人や個人事業主がカーリースを利用することのメリットは、その経理処理にあります。今回は、法人や個人事業主がカーリースを上手に利用するために、経理処理に関する基礎知識をまとめてみました。

トヨタレンタリースってどんなサービス?トヨタレンタリース以外でもトヨタ車をカーリースすることは可能?

数あるカーリースサービスの中に「トヨタレンタリース」というサービスがあります。その名の通り、トヨタ系列のカーリースサービスです。では、トヨタレンタリースはどんな特徴を持つサービスなのでしょうか。また、トヨタレンタリース以外でも、トヨタ車をリースすることは可能でしょうか?

カーリースの料金は月々いくら?契約期間や車種でも変動する料金をできるだけ抑えるにはどうする?

カーリースの料金は、月々いくらかかるのでしょうか。カーリースは割高になると思っている方もいるかもしれませんが、カーリースにもいろいろな料金設定があります。プランの選び方や車種、契約期間によって、カーリースの利用料金は大きく異なるのです。今回はカーリースの利用料金をなるべく抑えるための賢い方法をご紹介します。

1日500円で車が手にはいるワンコインのカーリース

「1日たったの500円で車に乗れる!?そんなことってあるの!?」実は、あるんです。今、ワンコインカーリースを提供するリース業者が徐々に増えつつあります。とはいえ安すぎると「ボロボロの車じゃないの?」「キツい縛りがあるんじゃないの?」などなど、不安を感じてしまう方も少なくないでしょう。今回はワンコインのカーリースについて詳しく解説をします。