カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを利用中に乗り換えたくなったらどうする?乗り換えの流れや便利なサービスをご紹介!

カーリースは便利なサービスではありますが、契約期間が数年間単位で行われるサービスでもあるので、契約期間中の様々な変化に対応できるのか、気になりますよね。特に、契約期間中の車の乗換えは、誰もが気になるところでしょう。今回は、カーリースの利用中に乗り換えをしたくなった場合に、どのような選択肢が考えられるのかまとめていきます。

カーリースは途中解約が原則できない

カーリースというサービスの形態上、原則として途中解約ができないというのがほとんどです。カーリース会社にとってみれば、数年間というスパンで車を利用してもらうことで利益を上げているわけですから、途中解約が自由になってしまうと損をすることになります。

そのため、カーリースでは契約期間中の途中解約は認められておらず、どうしても解約する場合は、違約金や残りの契約期間にかかっている料金を全額支払うなどの対応が必要となるのです。

しかし、ライフスタイルの変化によって、必要な車が急に変わるということはよくありますよね。カーリースの契約中に子供が増えて、より大きな車が必要となる場合や、急な単身赴任で車が必要ではなくなった場合など、こういったシチュエーションを考えると、より柔軟に対応してくれるカーリースが求められますよね。

カーリースの場合、会社によっては途中解約はできませんが、契約期間中でも、違う車に乗り換えたり、そもそもの契約期間を短くしたりすることができるプランを用意しているところもあります。

ご自身の生活スタイルや人生設計に合わせて、より効率的な選択ができるように、様々なサービスを比較したうえで、どのカーリース会社を利用するかを考えるべきでしょう。

 

契約途中でも乗り換えられるカーリースサービスをご紹介!

カーリースは契約期間中の途中解約は認められていません。しかし、契約プランによっては、より柔軟な利用をすることができます。ここでは、契約途中でも乗換えをすることができるカーリースサービス「オリックスカーリース」を紹介します。

「オリックスカーリース」で提供している「いまのりくん」という契約プランでは、5年間の契約期間を基本としており、契約開始後2年の経過によって、自由に乗換えや返却が可能となります。

もちろんそのまま乗り続けることもできますし、2年を経過していれば、契約満了時まで自由に乗換え・返却をすることが可能です。

しかも、その場合、解約金が発生することもありません。2年ごとに車を乗り換えることができるというのは、大きなメリットですよね。カーリースの通常の契約期間が5年から9年ということを考えると、かなりの短期間です。

この自由度があれば、ライフスタイルの変化に合わせて車を乗り換えていくということも可能ですし、いつでもキレイな新車に乗り換えることができます。

これまで、カーリースでは、契約期間中に解約することができないというデメリットがありました。カーリースの契約期間が長いために、それでは様々な変化に対応できず、経済的に損をしてしまう人もいるかもしれません。

その点、オリックスカーリースでは、このようなデメリットを軽減し、より柔軟な車の利用ができるようなサービスを提供しているといえるでしょう。

 

90日で乗り換えができるカーリースサービスもご紹介!

オリックスカーリースでは、契約開始後2年の経過によって、違う車に乗り換えることができるという柔軟なサービスを提供していました。しかし、カーリース会社によっては、より短期間で車を乗り換えることができるサービスを提供している会社が存在します。

ここでは、90日間という圧倒的な短期間で車を乗り換えることができる「NOREL」というサービスを紹介していきます。

「NOREL」では、最低利用期間90日という短期間で乗換えが可能なサービスとなっています。カーリースの基本的な項目はすべて盛り込まれており、税金や車検なども安心して任せることができます。

最短利用期間が適用される車種は限られていますので、よく確認することが重要です。また、月額の料金も59,800円からと、その他のカーリース会社と比較すると、少しお高めになっている点は留意する必要があります。

しかし、最短で90日で乗り換えができるというのは、大きなメリットといえるでしょう。約3か月だけ特定車種が必要な状況がある人によっては、とてもうれしいサービスといえます。

ただ、注意したいのが、乗り換えが可能というだけで、返却や解約することができるわけではないという点は理解しておきましょう。

オリックスカーリースの場合、契約開始後2年の経過によって、乗り換えと「返却」が可能となります。これは、最短で2年間の契約期間でカーリースを利用することができるということでもあり、見方を変えれば、短期間のカーリースサービスであるとも考えることができます。

「NOREL」の場合、90日間で可能となるのは、「乗り換え」のみとなっております。決して、90日間で返却したり、解約したりできるわけではないので、そこは勘違いしないでください。

そのため、車を頻繁に乗り換えることがないという人にとっては、あまりメリットのないサービスという見方もできるでしょう。もちろん「NOREL」が最適なサービスであるという人も、中にはいるはずです。

このように、各カーリース会社の特徴を見ながら、自分に最適なサービスを選ぶというのが重要となります。

 

契約期間を短くするか、乗り換え可能なカーリースを利用するか、よく考えてから選択しよう!

カーリースには、途中解約が原則としてできないというデメリットがあり、そのため、契約期間中に車を乗り換えることが難しいという点が指摘されてきました。

そのようなデメリットに対して、各社様々な契約プランで、より柔軟な利用ができるようになっています。サービスの方向性としては主に2つで、1つ目は契約期間自体を短くするというもの、2つ目は、契約期間中の車の乗り換えの自由度を高めるというものでした。

どちらも、ライフスタイルの変化などに対応できるようなサービスであることは間違いありません。重要なのは各社のサービスを比較しながら、自分にとって最適な選択肢を選ぶということです。

例えば、契約期間を短くしたい場合、カーリース会社によっては、最短で1か月という単位で車を利用することができます。「ワンコインカーリース」や「チューレン汰」など、超短期間でのカーリースサービスを提供している所もあります。

そういった短期カーリースの場合、一時的な車の利用には向いており、車の利用法としてはかなり柔軟な使い方ができるでしょう。

次に、契約期間中の乗り換えの自由度を高めるという点においては、「オリックスカーリース」や「NOREL」など、契約開始後の経過日年数に応じて、車を乗り換えることができるというサービスを提供しています。

この中にも、一定期間経過後、乗り換えのみできるサービスや、乗り換えと返却の両方ができるサービスなど違いがあります。

どのようなサービスもメリット、デメリットがあり、ご自身が置かれている状況によっても判断の基準は異なってきます。カーリース会社を選ぶにあたっては、自分にとってメリットを最大化し、デメリットを最小化するような選択肢を検討することが重要です。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースのリース料に含まれる税金とは?自動車税から重量税・取得税まで解説

車を維持するには、自動車税や自動車重量税といった「税金」を納めていかなければなりません。カーリースのリース料に含まれる税金には、どんな種類があるのでしょうか?この記事では自動車税をはじめとする各種税金の基礎知識と、税金が含まれてお得なカーリース、カーコンカーリースもろコミを紹介します。

車検は必ず必要?有効期間はどれくらい?気になる車検制度について徹底解説!

国内で登録されている自動車には「車検を通過する条件に整備されていること」が自動車検査登録制度を採用する日本では義務付けられています。最初の車検は新車登録時に行われ、その後の継続車検は一定期間ごとに車検の必要があることから自動車の維持費用に大きく影響する制度となります。今回は、国内のカーライフと密接な関係にある車検について考えます。

カーリースの中古車は個人でもできる?中古車カーリースのメリット・デメリット

カーリースは決して新車だけの契約ではありません。中古車にすることで毎月のリース料金をよりお得にすることもできますし、中古車だからこそ柔軟な借り方を実現することもできます。最近ではそんなお得さから中古車のカーリースを利用する人も増えているといいます。カーリースを中古車で契約するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。