カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを検討している人こそ知っておきたい!カーリースの弱みとは?

新車の導入方法として、一括購入やオートローンの他にもカーリースという選択肢も選べるようになってきました。月々の決められた料金のみで新車に乗れると特に若い世代に人気ですが、カーリースにも弱みがあることをご存知ですか? カーリースは近年になって知られるようになってきた車の導入方法のため、あまり弱みは知られていないかもしれません。値段の安さのみに惹かれて契約すると、もしかしたら後悔することが出てくるかもしれないのです。ここでは真剣に検討している方にこそ知って欲しい、カーリースの弱みについてご紹介します。

はじめに知っておきたい!カーリースの魅力、メリットは?

新車購入の際、従来では現金一括購入やオートローンでの支払いを利用しての購入が中心でしたが、近年はカーリースが注目されています。

カーリースは、契約者の選んだ新車をカーリース会社が購入し、契約者は月々の決められた使用料を支払って使用するシステムです。所有者はカーリース会社、使用者は契約者の名義となります。

人気を集めているカーリースにはどのようなメリットがあるのか、見ていきましょう。

・まとまった資金が不要、経済的な負担が軽い

従来の方法では、頭金などのまとまった資金が必須でしたが、カーリースでは、頭金不要で利用できるのが大きく異なる点です。契約者は契約期間に応じて、決められた月々の使用料を支払うのみで利用が可能となっています。

個人向けカーリースの多くは、車両価格から残存価格を引いた値段で設定されています。残存価格とは、契約満了時の車両の中古価格の見込み額です。この残存価格が頭金の役割を果たし、月々の料金を安く抑えることができるのです。

新車取得の際に必要になる諸費用や自賠責保険、自動車重量税や自動車税などもリース料に含まれているので車に関する突発的な出費はほぼなく、月々の使用料のみでマイカーのように新車が使用できます。

カーリース会社やプランにもよりますが、充実したメンテナンスが付いたプランなどもあります。メンテナンス付きのものを選んだ場合、車に関する出費は月々の料金の他にほぼ必要ないので、家計管理も非常に楽、かつ安心といえるでしょう。

また、契約期間を長く設定すれば、よりお手軽な月々の使用料金で好きな車に乗れることも大きなメリットです。

・煩わしい手続きやディーラーとのやり取りがない

車の購入経験のある方ならよくご存じかと思いますが、車の購入には時間と手間がかかるものです。購入まで何度もディーラーに足を運ばなければならず、辟易した方もいることでしょう。値引き交渉も大変です。ディーラー相手の値引き交渉は簡単ではありません。

カーリースに関しては、そういう煩わしいやり取りは一切ありません。車の購入はカーリース会社が代行してくれるので、契約者は新車を選んで申し込むだけでいいのです。

税金や保険などの手続きも全てカーリース会社が行うので、時間や手間、精神的負担も少なくて済むのもカーリースの嬉しいポイントです。

・自由に好きな新車が選べる

新車を購入する際の最大の楽しみの一つは、車選びといっても過言ではないでしょう。カーリースでは、契約者は使用者であって車の所有者とならないので、自由に車を選べないと思ってはいませんか?

実は、そんなことはありません。カーリース会社の多くが国産乗用車の全車種が自由に選べるようになっています。

グレードやボディカラー、オプションも自由に選べる場合がほとんどで、相談すれば特別仕様車や限定車なども選べる場合があります。

カーリースにおいても、車選びの楽しみは妥協する必要はありません。存分に楽しんで、自分にぴったりの一台を選んでください。

 

カーリースの弱みとは? その1:途中解約NG

カーリースのメリットについて見てきましたが、メリットばかりではなく弱みも存在します。ここからはカーリースの弱みについて見ていきましょう。

カーリースは基本的に途中解約ができません。契約期間短縮などの契約内容変更も基本的には受け付けていない場合がほとんどです。

解約には高額な違約金が必要となり、かなりの大きな出費となってしまいます。解約の自由がないのは最も大きな弱みでしょう。

契約期間中に家族が増えるなどライフスタイルの変化があり、これまでより大きな車に乗り換えたいなどという場合でも、契約満了時までは基本的にその車に乗り続ける必要があります。

契約年数を長くすればそれだけ月々の支払額は抑えられますが、目先の値段のみにとらわれず今後のライフプランも視野に入れて契約期間を検討することも大切です。

 

カーリースの弱みとは? その2:車の改造、カスタマイズはNG

 カーリースでは、車の所有者はカーリース会社であり、契約者は使用者であることは先に述べた通りです。

使用した車は、契約期間終了後に返却され、中古車として販売することを念頭において残存価格設定がなされています。その場合、改造した車であると、かなり安く放出せざるを得なくなってしまいます。

また、マイカーのように自由に使用できるので、つい忘れてしまいがちですが、あくまでも使用している車はカーリース会社のものであって、契約者のものではありません。基本的にカスタマイズはNGです。

カスタマイズを楽しみたい方にとって、これは大きな弱みといえるでしょう。

カーリースでは、納車された時の状態(経年劣化は除く)で返却するのが基本です。したがって、車体に穴を開けたりするエアロパーツの取り付けや、様々な調整が必要になったりするサスペンションなどの交換はできません。

原状回復が可能なカスタマイズ、例えば、スタッドレスタイヤに履き替えたりアルミホイールを交換したりなど、元に戻すことができるものであれば差支えないでしょう。ただ、その場合も、車を引き渡されたときの状態に戻してからの返却が必要になります。

交換したパーツ類は、失くさずに契約期間終了まで保管しておくようにしましょう。万が一、原状回復が不可能な場合は修理費用を請求されることもあります。

 

カーリースの弱みとは? その3:走行距離が制限される

カーリースには月間走行距離に制限があります。これも気を付けておきたいカーリースの弱みの一つです。

契約者が自分のカーライフに合わせて月間走行距離を選べるものもありますが、一定の距離があらかじめ設定されており、選べないものもあります。

月間走行距離が選べないものに関しては、あらかじめ、契約前にどれくらいの月間走行距離が設定されているのか必ず確認するようにしましょう。なお、多くの場合は1,500㎞から2,000㎞に設定されています。

日本人の平均的な月間走行距離は約400㎞といわれているので、あまり心配することはないかもしれませんが、無制限ではないということを心に留めておくべきでしょう。

月間走行距離が選べる場合、500㎞程度~2,000㎞の範囲内であることが多いです。走行距離が少なければ少ないほど契約満了時の車両の中古車としての価値は上がるので、月々の料金は安くなるように設定されています。

この場合は特に注意が必要です。月々の料金の安さから月間走行距離を短く設定してしまいがちですが、自分のカーライフに合った走行距離を選ばないと、かなり車の使用が制限されることになります。

毎週末車に乗ってアウトドアへ、連休は長距離を運転して旅行へ、フルに車を使用するのであれば月間走行距離の制限がネックになる状況が出てくるかもしれません。

月間走行距離が選べるプランの場合は車の乗り方をよくシミュレーションしてから、適切なものを選ぶことが大切です。

いずれの場合も、設定されている月間走行距離を超えてしまうと、追加費用を請求、もしくは設定残存価格に反映されて契約満了の際に差額を支払うなどの生産が必要になります。

月間走行距離の制限は、車の使用頻度が低い方はあまり気にする必要はない弱みかもしれませんが、よく車を使用する方には大きな弱みとなり得る部分です。

高額な頭金などが必要なく、お手軽な月々の使用料金のみで自分好みの新車に乗れるのが魅力のカーリース。その便利さ、お手軽さに惹かれてしまいますが、カーリースにも複数の弱みがあります。

カスタマイズが好きな方や車で頻繁に遠出する方などは特に、その弱みが強く影響する場合も出てくるでしょう。カーリースを検討する際には、値段の安さだけでなく、どのような弱みがあるのか、また自分にその弱みがどの程度影響してくるのかをしっかりと見極める必要があります。

その上で自分に合ったプランを見つけて、上手にカーリースを利用してみてはいかがでしょうか。
人気カーリースを見る

関連する記事

普通乗用車も軽自動車も福祉車両も!カーリースをかしこく利用して手軽に乗り始めよう

カーリースではどんな車種が利用できるのか、あまり考えたことがない方もおられるかもしれません。カーリースでは、軽自動車から乗用車、福祉車両まで豊富なラインナップがあり、中には業務用トラックなど、作業車のカーリースもあります。今回は、乗用車などをカーリースする際に知っておきたいポイントをお教えします。

三井住友フィナンシャルグループなどが出資するカーリース「住友三井オートサービス」の口コミや評判は?

三井住友フィナンシャルグループや住友商事などが出資する「住友三井オートサービス株式会社」は、カーリース業界の中でも大手の会社です。では、そんな住友三井オートサービスの個人向けカーリースには、一体どんな特徴があるでしょうか。また、口コミや評判はどのようなものでしょうか?徹底解説します!

福祉車両をリースすると消費税が減税される?お勧めのリース会社とは

月々のリース料を支払うことにより長期間車を利用できるカーリースのサービスは、近年人気を集めており、多くの人が利用しています。普通車や軽自動車だけではなく、福祉車両をリースしている会社もあります。今回は、福祉車両とはそもそも何なのか、福祉車両をリースすると消費税が現在されることがあるなど、詳しいメリットをご説明したいと思います。また、福祉車両をリースしている優良会社もご紹介します。