カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを検討している方は必見!カーリースの利用方法や申込みの流れについてご紹介

近年、カーリースの人気が高まっており、今後もその流れは続くと言われています。では、カーリースのサービスはどのような流れで利用するのでしょうか?今回はカーリースの利用方法や申込みの流れについて、徹底解説します!

カーリースとはどんなサービス?

カーリースの利用の流れを確認する前に、カーリースはそもそもどんなサービスなのかを見てみましょう。

カーリースとは、企業や個人に車を貸し出すサービスです。契約者は車を貸してもらう代わりに、月々定額のリース料金をカーリース会社に支払います。

レンタカーが不特定多数の人に短期間だけ車を貸し出すサービスであるのに対して、カーリースは特定の人に数年単位で車を貸し出すサービスです。

月々のリース料金には、車両価格や登録諸費用だけではなく、各種税金や自賠責保険料、車検代などが含まれることが多いです。さらに、契約プランによっては整備点検や部品交換などのメンテナンスサービスも含まれます。

カーリースでは多くの場合、契約終了時の車の予想価格(残価)を設定し、車両価格から差し引いてリース料金を設定します。車両価格を全額負担する必要はありませんので、ローン購入よりも月々の支払いを安く抑えることができます。

カーリースは車を借りる契約ですので、契約期間が終了すると、車を返却するのが基本的な流れとなりますが、その際に新しく別の車をリースすることもできます。契約プランによっては、契約期間を延長したり、リースしていた車を残価で買い取ったりすることも可能です。

 

カーリースの利用方法は?申込みの流れなど

カーリースの利用の流れ

では、カーリースはどのような流れで利用するのでしょうか?おおむねの流れを、ここでは解説します。

 1 車を選ぶ

カーリースの場合、契約が成立してからカーリース会社がディーラーから車を調達するという流れになりますので、国産であれば様々なメーカー・車種から自由に車を選択できます。また、メーカーオプションや販売店オプションも付けることが可能です。後述の通り、国産車以外にも高級外車を扱っているカーリース会社もあります。

2 見積もりを確認する

契約プランや条件を設定してから、希望する車で見積もりを出してもらいます。なお、条件によって、月々の料金は大きく変わる場合があります。例えば、リース期間が長ければ長いほど月額料金は低くなりますし、メンテナンスサービスが充実しているほど、料金は高くなります。

3 審査

見積もりを確認して納得がいったら、審査を申し込みます。審査に通らないとカーリースは利用できません。

4 契約

審査を通過すると、いよいよ契約という流れになります。カーリース会社から契約書が送られてきますので、内容をよく確認して問題がなければ、署名・捺印をして契約書を返送します。契約書がカーリース会社に届くと契約が正式に成立します。この後、カーリース会社が車をディーラーに発注することになります。

5 必要書類の準備

ディーラーから車庫証明などの書類が送られてきますので、必要事項を記入し、住民票などと合わせて返送します。書類が揃うと、ディーラーが車の登録手続きをしてくれます。

6 納車

カーリースの利用の流れの最終段階として、ディーラーが自宅に納車してくれます。ここから、いよいよ車の利用をスタートさせることができます。

 

カーリースの審査は厳しい?

「カーリースの利用の流れ」の3番目に「審査」がありました。では、カーリースの審査はどのような基準で行なわれるのでしょうか?

個人向けのカーリースの審査基準

安定した収入があるか

カーリースでは、安定した十分な収入(年収200万円以上が目安)があることが1つの重要な審査基準になると言われています。しかし、安定した収入がない学生や専業主婦などでも連帯保証人を付ければ、審査をパスできることが多いとされています。

信用情報に問題がないか

審査では、申込者の「信用情報」がチェックされます。信用情報とは、クレジットカードやローンなどの借金や返済についての履歴情報で、信用情報機関に保管されています。

借金の支払いの遅延履歴があったり、高額な借金や多重債務を抱えていたりすると、審査が通りにくくなります。また、「自己破産」「任意整理」「個人再生」などの債務整理歴が残っている場合、審査を通過するのは難しいでしょう。

法人向けカーリースの審査基準

会社の規模や売り上げ

過去3年くらいの売上や利益の推移などを元に、カーリースの成約限度額が設定されます。成約限度額と法人が希望する契約額を照らし合わせて審査を実施します。

借金の残高

借金の金額が大きいとリース料金の支払い能力がないと判断されてしまう場合があります。また、借金の返済に延滞がある場合は、審査でかなり不利になります。

法人の設立年数

設立されてから3年などの一定期間が経過している法人でなければ、契約の申込みを受け付けていないカーリース会社もあります。

必要書類

審査に通過するために「決算書」「確定申告書」「営業許可証」などの書類提出が必要な場合があります。

車庫証明が必要

審査に通らなければカーリースの契約はできませんが、カーリースを利用するにあたっては、審査の他にも大切なことがあります。

「カーリースの利用の流れ」にて「車庫証明」について触れましたが、この車庫証明がなければカーリースの利用を開始することができません。

そのため、カーリースを利用する場合には、駐車場を確保して必ず車庫証明を取得しましょう。駐車場の確保は自分で行なう必要がありますが、車庫証明の取得手続きに関しては、手数料を支払ってカーリース会社に代行してもらうこともできます。

 

カーリースを利用する際の注意点 

最後にカーリースの注意点を取り上げますので、参考になさって下さい。

・契約終了時に清算が行われる

契約の終了時に返却車両の査定が行なわれ、査定額が契約時に設定した残価を下回った場合には差額を請求されますので、残価を下回らないように、車を大切に扱わなければなりません。

また、走行距離制限を超過していた場合には追加料金を請求されますし、車を改造していた場合は、原状回復してから返却しなければなりません。

さらに、事故で車が損傷したのに修理しないと契約終了時の清算金が高額になりますから、事故や故障に備えて、車両保険に加入することをお勧めします。

・中途解約ができない

カーリースの契約は原則として途中で解約することができません。どうしても解約する場合は、残りのリース期間の料金全額を負担する必要があります。

カーリースを利用する前に、こうした注意点は事前に理解しておくようにしましょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

お得で安いカーリースの業者はここだ!

最近、カーリースのサービスが安いと人気を呼んでいます。リース料金を払うことにより、借りた自動車をマイカーのように長期間使用できます。リース料金は毎月同じ額を払っていきますので、家計の支出の計画がしやすいのです。一方で、リース料金は毎月払わなければならないものであることを考えると、それは安いに越したことはありません。ここでは、お得な安い料金で自動車のリースをしているおすすめの業者をご紹介したいと思います。

五年契約のカーリースプランにはどんなものがある?おすすめの3つをご紹介!

カーリースを契約する際にはリース期間を設定しなければいけません。個人のカーリースでは一般的に五年、七年、九年であることが多いです。契約期間中は同じ車を乗り続け、リース料金を払い続けなければいけないので、自分に合ったリース期間で契約することは大切だと言えるでしょう。 契約期間はカーリース会社によって固定で決められていることもあれば、契約期間を選べることもあります。ここでは五年の契約期間でのカーリースを検討している人に向けて、五年のカーリースプランがあるカーリース会社を紹介します。

カーリースを利用した時、オイル交換はしてもらえる?知っておきたい車に必要なメンテナンスとは

自分で購入した車のメンテナンスを自分で行うのは当然だけど、カーリースの場合はどうなるのだろうと疑問に思われたことはありませんか?特にオイル交換など、頻繁に行なわなければならないメンテナンスは、カーリース特有のサービスがあれば便利ですよね。この記事では、その点をしっかり説明していきます。

カーリースした車の車内で喫煙はOK?カーリースの基本ルールについて

「カーリースした車はどの程度自由に使えるのだろうか」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?車の使い方として、気になるのが車内での喫煙です。特に愛煙家の方にとっては、確認しておきたいポイントでしょう。この記事では、カーリースの利用方法として喫煙はOKなのか、その他の基本ルールについてまとめてみました。

カーリース利用時に車検を受ける際の必要書類は?確認しておきたいポイントを解説!

車を持っていると必要な手続きの1つが車検です。この車検はどのように行なえばいいのでしょうか。そもそも、車を借りている状態のカーリースでも、使用者が車検を行なわなければいけないのでしょうか。 車検の必要書類など、どのように用意しなければいけないのか正確に知らないという人も少なくありません。「車検の期限が迫ってきたのに必要書類が足りない!」なんてことにならないように、車を持つなら車検についてきちんと把握しておきましょう。

車検の期日が近づいた!いつから出せるの?期限切れの対処法は?

新車を購入してから3年後、それ以降は2年ごとに車検の期日がやってきます。車検は頻繁に行うわけではないため、忙しい生活をしていると忘れてしまうことがあります。ここでは車検の期日の確認方法、車検はいつから出せるのか、期限切れになってしまった場合の対処法についてまとめます。