カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを法人契約で利用するのはお得?法人カーリースのメリットや契約までの流れをご紹介

多くの法人は車を購入するのではなくカーリースを利用しています。では、実際のところ、法人契約でカーリースするのはお得なのでしょうか?

法人契約でカーリースを利用することのメリット

法人契約でカーリースを利用することには、どんなメリットがあるのでしょうか?

・資金を温存できる

カーリースは車を購入するわけではなく、月々定額のリース料金を支払っていくことで車を利用できます。車両価格や登録諸費用などでまとまった資金を失うのを避けることが可能です。

・節税につながる

車を購入した場合、車を固定資産として計上する必要がありますので、それに対して資産税がかかってしまいます。カーリースの場合は固定資産としての計上は不要です。また、リース料金全額をそのまま経費として扱うことができるというメリットもあります。

後述しますが、契約形態によってはリース料金にメンテナンス費用なども含まれますので、それらを経費として計上できるのは、節税にもつながります。

※契約によってはカーリースもリース資産として計上しなければならない場合があります。

・経費計上の処理が簡単

車を購入した場合、購入費用を6年間(軽自動車の場合は4年間)にわたって減価償却しなければなりません。カーリースの場合は、毎月の料金をそのまま経費として計上するだけです。

※契約によってはカーリースもリース資産として計上しなければならない場合があります。

・人件費の削減につながる

カーリースでは税金の支払い、保険料の支払い、車検手続き、メンテナンスなどをカーリース会社にお任せすることが可能です。こうした手間にかかる人件費をカットできるのも、法人契約でカーリースを利用することの1つのメリットと言えます。

・車両の入替が容易

リース期間が終わると車を返却することになりますが、その時に別の車を新しくリースすることができますので、車両の入替が容易と言えます。定期的に営業車を新車に入れ替えたい会社にとって、これはメリットだと言えるでしょう。

このように、法人カーリースには様々なお得な面あります。もちろん、中途解約ができない、利用の仕方によっては費用がかさむなどのデメリットもありますので、会社の資金状況や業務形態などを見極めた上で、車を購入するか、法人契約でカーリースを利用するかを判断すると良いでしょう。

 

ファイナンスリースとメンテナンスリース

カーリースの法人契約には「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2つの形態があります。

・ファイナンスリース

車を調達したいというニーズに応えるための金融的な性格が強いリース形態です。月々のリース料金には「車両価格」「自動車取得税」「自動車税」「重量税」「自賠責保険料」「任意保険料」などが含まれます。メンテナンスリースよりも月々のリース料金を安く抑えられますので、車のメンテナンスを自分たちで管理したい会社にとってはメリットがある法人契約の形態と言えます。

※リース料金の内訳は同じファイナンスリースでも契約により多少異なります。

・メンテナンスリース

ファイナンスリースの内容に加えて「車検」「整備点検」「オイル交換」「消耗部品交換」「ロードサービス」「事故時の対応」などの費用も月々の料金に含まれます。その名の通りメンテナンスがサービスに含まれる形態となりますので、車検や車両整備に関わる業務を大幅に削減することが可能です。また前述の通り、メンテナンス費用を含むリース料金をそのまま経費として計上できますので、節税につながります。

※リース料金の内訳は同じメンテナンスリースでも契約により多少異なります。

このように法人契約には2種類の形態がありますので、会社にどちらの形態が向いているかをよく見極めて選ぶ必要があります。

 

カーリースを法人契約する際の流れ

ここで、カーリースの法人契約をする際の流れについて見てみましょう。

1 商談

カーリース会社とリース導入についての打ち合わせをします。契約プランについて不明な点があれば、ここで確認することができます。

2 見積の確認

車種や台数などを決めたら、見積書を出してもらいます。見積内容に納得できたら、審査を申し込みます。

3 審査

審査が実施されます。審査の結果によっては、カーリースの法人契約ができない場合もあります。

4 契約

カーリース会社が作成した契約書に目を通し、内容に問題がなければ署名・捺印をして法人契約を成立させます。

5 車の発注および登録

契約成立後、カーリース会社が自動車販売店に車を発注します。必要書類を準備して渡して、自動車登録も済ませてもらいます。

6 納車

自動車販売店が指定場所に納車してくれます。

7 リース開始

リースの法人契約は、自動車の登録日が開始日となります。リース開始と同時にリース料金の支払いもスタートすることになります。

 

カーリースにおける法人契約の審査は厳しい?

先ほど見た、カーリースの法人契約の流れの中の3番目に「審査」がありましたね。では、具体的にどのような内容の審査が行われるのでしょうか?

審査を申込書には、下記の情報を記入する必要があります。審査の結果が出るまでの期間は、早ければ1〜3日、遅くて2週間程度です。申込書に記入漏れがある場合、審査の結果が出るまでに時間がかかってしまう場合がありますので、注意しましょう。

・会社名
・設立年月日
・資本金
・年商
・従業員の人数
・借入金
・借入金の返済状況(延滞がないか) 等々

また、カーリース会社によっては、「決算書」「確定申告書」「営業許可証」などの書類の提出が必要になる場合もあります。

カーリースの法人契約の審査では、下記の内容がポイントとなると言われています。

・会社の規模の大きさ

会社の規模とリースの契約額が釣り合っていないと、審査に通らない可能性があります。

・借入金などの負債残高

借入金の額が大きいと、リース料金の支払い能力がないと判断されてしまう場合があります。また、借入金の返済に延滞がある場合には、カーリースの利用はかなり難しくなってしまうでしょう。

・成約限度額

過去3年くらいの売上および利益の推移などを元に、カーリースの契約の限度額が定められます。その限度額を超えて、何台もリースしたいという場合には審査に落ちてしまいます。

・会社が設立されてからの年数

カーリース会社によっては、原則として設立されてから3年などの一定期間が経過している法人でなければ契約をしないと取り決められている場合があります。そのため、設立後間もない会社だと、審査の申込を受け付けてくれない可能性があるので要注意です。

カーリースの法人契約では以上のような基準で審査が行われます。銀行などの金融機関から資金を借りる場合とは異なり、カーリースの法人契約には担保が伴わない為、審査がやや厳しめになることが考えられます。

もちろん、カーリース会社によって審査基準は異なりますので、ある会社で落ちても別の会社では合格できる可能性もあります。複数の会社で申し込んでみるとよいでしょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

月々一万円からの料金で利用できる!おすすめのカーリースの業者をご紹介

新車を借りてマイカーのような感覚で長期間利用できる個人向けカーリースサービスが人気です。いろいろなカーリース会社がお得な料金でサービスを提供しています。カーリース会社の中には、月々一万円からの料金プランを用意している会社もたくさんあります。今回は、月額一万円からの料金で利用できるおすすめのカーリース業者をご紹介したいと思います。

カーリースの料金は月々いくら?契約期間や車種でも変動する料金をできるだけ抑えるにはどうする?

カーリースの料金は、月々いくらかかるのでしょうか。カーリースは割高になると思っている方もいるかもしれませんが、カーリースにもいろいろな料金設定があります。プランの選び方や車種、契約期間によって、カーリースの利用料金は大きく異なるのです。今回はカーリースの利用料金をなるべく抑えるための賢い方法をご紹介します。

カーリースするなら知っておきたい追加料金とは?

カーリースは初期費用を抑えて手軽に新車を利用できるサービスです。毎月決まった額を支払うだけで、普通に買うよりも安く車を利用できることもある便利なものですが、きちんとサービス内容を把握していないと、思いがけないところで大きな出費が発生する恐れがあります。 そこで今回は、カーリースをするなら知っておきたい諸費用についてまとめました。契約時と契約満了時にかかる可能性のある費用と、それを抑えるカーリースのプランを知り、かしこく、お得に利用しましょう。