カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリースを選ぶ利点はあるのか?購入とカーリースで比較

車を導入するには購入の他にカーリースという手段もあります。カーリースは近年注目を集めているマイカーの導入方法ですが、どのような利点があるのでしょうか。ここでは、カーリースの利点を購入との比較も交えてご紹介します。

カーリースの利点は車を購入するデメリットをカバーできること

購入に代わるマイカーの導入方法として一般的になりつつあるカーリースですが、カーリースのシステムをご存じでしょうか。

一言でいってしまえば、カーリースはその名の通り、カーリース会社の車を契約者があらかじめ決められた月々の使用料金を支払って使用するサービスです。車の所有者はカーリース会社、使用者は契約者の名義になります。

車を購入する場合は、現金一括で購入するにしても、ローンを利用するにしてもまとまった初期費用が必要になりますが、カーリースではほとんどの場合頭金が必要ありません。そのため、初期費用がない、という方でも手軽に新車に乗れるというのがカーリースの大きな利点です。

契約者は購入と同じように自分の好きな車を選択可能なのもカーリースの特徴です。多くのカーリース会社は国内メーカーの乗用車全車種から選べるので、車選びの楽しみも購入と全く変わりません。もちろんグレードの選択やオプションの設定も自由です。

個人向けのカーリースでは残価が設定されることが多く、それもお手軽な価格で車がリースできる理由のひとつでもあります。

残価は契約満了時の車の査定価格のことを指しますが、カーリースでは新車の車両価格から残価が引かれて料金が設定されるので、契約者は新車の車両代金の全額を減価償却する必要がありません。そのため、より安い価格でカーリースが利用できるのです。

また、カーリースの月額料金には車両代金の他に自動車税や自賠責保険料、車検の際に必要になる重量税や新車登録の費用などがすべて含まれています。

メンテナンスパックなどをセットにすれば、プラン内容にもよりますが車検費用やその他のメンテナンス費用も月額料金にまとめられるので、突発的な出費がなくなり、家計管理が楽になります。

メンテナンスもカーリース会社に任せてしまえるので手間もかかりません。

車を購入する際にネックになる初期費用の用意、面倒な税金などの支払いや手続き、メンテナンス整備のわずらわしさなどの車の購入のデメリットがカーリースの利点でカバーできるということが急速に個人向けのカーリースが普及している要因といえるでしょう。

 

個人でカーリースの利点を感じるのはこんな人

個人向けのカーリースの利点をまとめてみます。最も大きな利点は多額の初期費用なし、月々のお手軽な使用料金のみで好きな新車が利用できるということでしょう。

自動車税や自賠責保険料などの自動車を維持していく上で絶対に必要な費用も月額料金に含まれることにより家計管理が楽になること、メンテナンスパックが付いていればメンテナンス費用も含まれ、車に関する出費が一元管理できるのも利点のひとつですね。

新車購入の手続きや税金の支払いなどの手間が必要ないことも利点として挙げられます。

ここから考えると、まず、車を購入する初期費用が用意できないけれども車が欲しい、必要だという方にカーリースはおすすめできるといえるでしょう。

また、家計管理が苦手な方にもカーリースは向いています。車に関する費用がすべて月々のカーリース料金にまとめられるので家計管理は楽になります。

忙しくて車検時期やメンテナンスの時期をつい忘れてしまう、税金などの各種手続きが煩わしい方にもカーリースは向いていますね。

また、カーリースは契約期間を選べます。月々の料金をとにかく安く抑えるのであれば契約期間を長くしますが、月額料金の安さにこだわらないのであれば短い契約期間にしてさまざまな車に短期間で乗り換えることも可能なのです。

カーリース会社にもよりますが、短いところでは1年という契約期間を設定している場合もあります。短期間だけ車が必要な方や、次々といろいろな新型車に乗り換えたいという方にも、カーリースはおすすめだといえるでしょう。

 

法人がカーリースを利用する場合にも利点がある

法人向けカーリースは1960年代中頃から登場しており、法人の社用車の導入方法としてカーリースは浸透している存在です。個人向けのカーリースより法人に先にカーリースが浸透したのには理由があるのです。

法人が社用車を導入する場合、複数台になることが多く、かなりの資金が必要になります。

加えて、法人が車を購入(所有)すると固定資産になり、減価償却が必要です。減価償却の期間は普通車で6年、軽自動車で4年と定められているので、その期間かけて毎年分割して経費に計上することになります。

つまり、法人の場合多額の資産を車の導入に費やしてもその年の経費に全額計上できないので、キャッシュフロー上、あまり望ましくないのです。

カーリースを利用するとカーリース料金は全額経費として計上できる上、カーリース料金に含まれる自動車税や重量税なども経費計上することになるので節税効果が期待できます。この点が法人のカーリース利用の最大の利点といえるでしょう。

また、法人利用の場合はメンテナンスが含まれたプランになることが多いようですが、そうすると車関連の経費が一元化され車の管理だけでなくコスト管理も楽になります。車両管理者、経理担当者の負担も少なくなることもカーリースの法人利用の利点のうちのひとつです。

 

カーリースだとどれくらいの金額で新車に乗れる?

実際にカーリースならどのくらいの月々の使用料金で新車に乗れるのかチェックしてみましょう。ここでは低燃費で人気のトヨタのコンパクトカー、「アクア」を例に紹介します。

カーリース会社によっても価格は異なりますが、今回はカーコンビニ倶楽部が手掛けているカーリースのカーコンカーリースもろコミでの価格を見てみましょう。

カーコンカーリースもろコミの契約満了の2年前から乗り換えや返却ができ、契約満了時には使用していた車がもらえる7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の2つのプランで見積もってみます。

アクアのスタンダードグレードにあたる「S」グレードでは、「もろコミ7」で月額(税込) 34,452円、「もろコミ9」の場合は月額(税込)29,808円です。いずれも頭金なし、ボーナス月加算なしの金額です。

新車で購入すると諸費用を含めて約200万円程度のアクアが9年契約であれば2万円台、7年契約であれば3万円台前半でアクアの新車が利用できることになりますね。

しかも、カーコンカーリースもろコミではプランごとに設定されたご成約特典もコミコミになっています。

2019年7月1日(月)~9月30日(月)の期間中にWEBから「もろコミ7」もしくは「もろコミ9」のお申し込みをいただき、ご契約された方にガラスコーティング剤「スパシャン」、車載用防災セット「Refill Box 24」、キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)をプレゼント。

また、もろコミ7の「特選車」ご成約特典として、同期間内にWEBから「もろコミ7」の「特選車」のお申し込みいただき、ご契約をされた方には車載用防災セット「Refill Box 24」、キズへこみ保証クーポン(3万円まで無料)をプレゼントしています。※いずれも特典の内容は予告なく変更・終了する可能性があります。

お手軽な月額料金で新車が利用できるカーリースで、マイカーのある暮らしを実現してみてはいかがでしょうか。
人気カーリースを見る

関連する記事

車検にかかる税金とは?知っておきたい税金の種類をご説明!

車の維持にはガソリン代以外にも様々な費用がかかります。中でも大きな出費となるのは車検にかかる費用です。車検を通すには車がきちんと整備された状態でなければいけません。 なお、車に問題がなくても車検が進まないことがあります。見落としがちなその原因は税金の納付状態です。車検は車が整備されているだけでなく、税金もきちんと払っておかなければいけません。この車検に必要な税金とは一体何なのでしょうか。今回は、車検時に必要な税金についてご紹介していきます。

契約前に知っておきたい、人気カーリース会社の特典を徹底紹介!

カーリースサービスの内容や料金など比較するポイントはたくさんありますが、その中の1つとして重要なのが、特典やキャンペーンですよね。カーリースを利用することによって、どのような特典を受けることができるのかは、カーリース選びにはとても大切です。 そこで、今回は人気のカーリース会社の特典を詳しく紹介していきます。特典やキャンペーンで比較をしてみたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

カーリースの契約期間ってどれくらい?契約期間の途中で解約はできるのか

カーリースでは契約期間をあらかじめ決めておく必要があります。手軽な月額料金のみで新車が利用できると話題のカーリースですが、契約期間の長さはどのくらいあるのでしょうか。また、契約期間満了を待たずに解約できるのかも気になるポイントでしょう。ここでは、カーリースの契約期間や、途中解約ができるのかなどを解説します。