カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース会社によっては走行距離制限なしの場合もある?具体的な事例をご紹介!

カーリースの利用を検討している人であれば、やはりカーリースの細かいルールについては気になりますよね。車を利用する上で、何をしてはいけないのか、事前にしっかり確認しておきたいところです。中でも、カーリースには走行距離の制限というルールを設けているカーリース会社が多いです。今回はカーリースの走行距離制限についてまとめていきます。

カーリースでは通常、走行距離制限が定められている!

カーリースを利用する上で、走行距離制限が決められているというのは、かなり一般的な話です。車を利用する上での自由度が制限されてしまうわけですが、なぜこのようなルールがあるのでしょうか。

カーリースにおける走行距離制限は、カーリースの料金の仕組みと大きな関わりを持っています。

カーリースでは、契約期間中に支払う金額の内訳として、車両価格をはじめ、税金、登録料、車検、メンテナンス費など様々な項目が含まれており、それらの費用を毎月分割して支払うことになっています。

また、カーリースでは、契約時に契約満了後の車の査定額をあらかじめ設定しておきます。これを残価設定と呼ぶのですが、カーリースの利用で支払う車両価格については、車両価格全体から残価分が差し引かれた分の金額を支払うということになります。

そのため、車をローンで購入するよりも、カーリースの方が支払額をリーズナブルにできるというメリットがありますが、この残価設定にこそ、走行距離制限が大きく関わっています。

まず、契約時に設定される残価は、契約時に設定する車の利用頻度や契約期間から算出されます。

そのため、カーリースの契約時には、あらかじめ月に何㎞走るのかというのを事前に決めなければなりません。その設定した走行距離を元に残価が設定され、利用金額が決定されるのです。

カーリース会社にとっては、想定以上に走られると、当初予定していた残存価値を査定額が下回る可能性が発生しますよね。

そういったことを防ぐために、多くのカーリース会社では、走行距離を制限するというルールを設けており、走行距離を超過した場合の追加料金や、契約満了時の追加請求が発生します。

このような理由から、カーリースを利用するときには、自分がどのような用途でどれくらい走るかをあらかじめ想定できなければいけません。

例えば、会社の通勤のみに使うという人は、会社までの距離からひと月当たりの走行距離は簡単に計算できますよね。このような車の利用頻度と走行距離が安定している人にとっては、そこまで難しいルールではないため、安心して利用できるでしょう。

 

カーリースで走行距離制限を超えてしまったら超過料金を支払うことになる

走行距離はカーリースの契約時に設定するものですが、先ほどの説明を見る限り、走行距離を過少申告した方が、設定する残価も高くなり、利用料金も安くなるのではないかと思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、カーリースではあらかじめ、走行距離制限を超過した場合には超過料金の請求を行うというルールを設けています。そのため、利用者も、はじめから正確に、利用する車の走行距離を設定するというのが無難であるということになります。

逆に、車の利用頻度が不安定な人にとっては、走行距離制限は不安なルールですよね。どうしても車を使わなければいけない状況も考えられる中で、今乗ったら確実に超過料金が請求されると分かっていれば、運転中も気が気でないかもしれません。

カーリースの走行距離制限の超過料金については、カーリース会社によって請求金額が異なりますが、単位としては、超過した距離、1㎞あたり何円といった計算のされ方をされます。

超過料金の相場としては、1㎞あたり3円~10円といわれています。多少の超過であれば安いものですが、知らず知らずのうちに相当な距離を走っていたら、痛い出費になるかもしれません。

また、走行距離制限において、超過料金は発生しますが、基本的に設定した走行距離よりも実際に走った距離が少なかった場合でも、差額が返金されることはありません。

 

カーリース会社によっては走行距離制限なしのところもある!

カーリースにおける走行距離制限というルールに関して、車の用途がはっきりとしており、利用頻度も一定という人にとっては、そこまで厳しいルールというわけでもなさそうです。

しかし、人によって利用頻度がまちまちで、時には、かなり長い距離を運転することもあるという人にとっては、走行距離を想定するのが難しいかもしれません。超過料金が発生するということもあり、車を利用するのにかなり敏感になってしまう人も中にはいることでしょう。

そんな人は走行距離制限なしのカーリース会社を選んでみてはいかがでしょうか。カーリース会社の中には、色々な種類があります。その中には、走行距離制限を設けておらず、自由に利用していいというものもあるのです。

その他、カーリース会社によっては、特に走行距離制限を設けているわけではないものの、ひと月に一定の走行距離を超える場合にのみ、カーリース会社と相談の機会を設けるなどといったカーリース会社もあります。

まずは、利用を検討しているカーリース会社に、走行距離制限の仕組みをしっかりと確認することが重要といえるでしょう。

 

各カーリース会社の走行距離制限のあり、なしについて調査!

ここでは、各カーリース会社で走行距離制限というルールを設けているかどうか、ルールのあり、なしを調査していきます。カーリースを利用する上で、走行距離制限が気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

今回取り上げるのは、「オリックスカーリース」「定額ニコノリパック」「オートバックスカーリースまる乗り」「カーコンカーリースもろコミ」の4社となっています。

1.オリックスカーリース

オリックスカーリースでは、中古車のカーリースに限り、走行距離制限はなしです。しかし、月間1,500㎞を超える場合は、故障リスクなどを考え、一度、営業スタッフと相談の機会を設けることになります。

2.定額ニコノリパック

定額ニコノリパックでは、原則としては5年間60,000㎞という制限があります。これ以上の走行を想定する場合は、見積もり時に相談する必要があります。

3.オートバックスカーリースまる乗り

オートバックスカーリースまる乗りでは、契約時に走行距離を申告する必要があり、そちらを参考に走行距離制限を決定することになります。

4.カーコンカーリースもろコミ

カーコンカーリースもろコミでは、契約満了を前提とした使用の場合、契約期間中の車の使い方には特に制限が設けられているわけではありません。しかし「もろコミ9」では、契約後7年以降9年未満で車の乗り換え、返却をする場合に限り、乗った月数×2,000kmを超過した分の清算金が発生します。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの料金は月々いくら?契約期間や車種でも変動する料金をできるだけ抑えるにはどうする?

カーリースの料金は、月々いくらかかるのでしょうか。カーリースは割高になると思っている方もいるかもしれませんが、カーリースにもいろいろな料金設定があります。プランの選び方や車種、契約期間によって、カーリースの利用料金は大きく異なるのです。今回はカーリースの利用料金をなるべく抑えるための賢い方法をご紹介します。

オリックスカーリースの口コミや評価を徹底調査!

長期のリース契約を結んでマイカーのように新車を楽しめる個人向けのカーリースのサービスが人気を集めています。大手の業者の1つがオリックス自動車のカーリースで、全国的な規模でサービスを展開しています。ここでは、オリックスのサービスやプランの内容を解説すると共にカーリースの口コミや評価をお伝えしていきます。