カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース会社ランキングと人気車種ランキングをご紹介します!

カーリースは、長期の契約で車を借りて利用できることで人気を集めています。以前はカーリースと言えば専ら法人向けのサービスでしたが、今は多くの会社が個人向けのカーリースを展開しています。国産であれば全メーカー、全車種を利用できるところも少なくありません。ここでは「おすすめの個人向けカーリース会社ランキング」と「カーリースの人気車種ランキング」をご紹介します!

おすすめカーリース会社ランキング!

第1位 もろコミ

おすすめカーリースランキング1位は「カーコンビニ倶楽部」が展開するカーリースサービス「もろコミ」です。

「もろコミ」のリース料金には「車両本体価格」のほかに「車両登録時手数料」「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」が含まれています。「もろコミ」で契約した車にはリース期間中の車検基本料金と印紙代が無料になる「車検無料クーポン」が付きます。

「もろコミ」のカーリースの一番の特徴は「残価設定なし」の「クローズドエンドリース方式」をとっていることです。「残価設定あり」の「オープンエンドリース方式」のカーリースでは、契約終了時に車の査定と清算が行なわれます。

そのため、最初に設定した契約終了時の車の予想査定額と実際の査定額に差が生じた場合には、差額を支払わなければならない可能性があります。しかし「もろコミ」の場合は「残価設定なし」でそのような清算はありませんので安心できますね。

また、通常のカーリースですと契約期間終了後に車を返却しなければなりませんが「もろコミ」では契約終了時に車がもらえます。長年乗って気に入った車を返却するのではなく、自分のものにできるのはありがたいですね。

「もろコミ」には契約期間が7年間の「もろコミ7」と9年間の「もろコミ9」という2つのプランがあります。「もろコミ7」は利用期間を少し短くすることでライフスタイルの変化に柔軟に対応できるようにしたい方におすすめのプランです。「もろコミ9」は月々の支払いをなるべくリーズナブルに抑えたい方におすすめです。

一般的なカーリースは中途解約ができませんが、「もろコミ7」と「もろコミ9」は契約終了の2年前から違約金なしで乗り換えや返却ができるようになります。これも大きなメリットですね。

「もろコミ」のその他の特徴としては、以下が挙げられます。

・走行距離制限は1か月あたり2,000km(車を返却する場合)

・全車種に無料でドライブレコーダーが付く

・カーナビやバックアイカメラなどのカーアクセサリーをセットにしたオプションを付けられる

・車いす対応車(福祉車両)も用意している

第2位 コスモスマートビークル

おすすめカーリースランキング2位は「コスモ石油」が運営する「コスモスマートビークル」です。

「コスモスマートビークル」の最大の特徴は、自分の車との付き合い方に合わせて「メンテナンスプラン」「走行距離制限」「リース期間」「頭金やボーナス払いの有無」などを、自由な組み合わせで設定できることです。柔軟にカーリースのプランを立てられますので、おすすめです。

「メンテナンスプラン」には「ゴールドパック」「シルバーパック」「ホワイトパック」の3種類があります。

「ゴールドパック」ではリース料金に「車両代」「車検代」「諸々の税金」「自賠責保険料」「定期点検費用」だけではなく「オイル交換費用」「タイヤ交換費用」「バッテリー交換費用」「その他の消耗品の交換費用」が含まれているプランです。特典として「車両の延長保証」「ロードサービス」「ガソリン代1リットルあたり5円引きサービス」が付いてきます。

「シルバーパック」は「ゴールドパック」からタイヤやバッテリーなどの長期的に交換するものを除いたパックです。「ガソリン代が1リットルあたり3円引き」の特典が付きます。

「ホワイトパック」はリース料金に「車両代」「税金」「諸費用」のみが含まれています。「重量税」や「自賠責保険料」は含まれていませんので、この点には注意が必要です。「ガソリン代1リットルあたり1円引き」の特典が付きます。

走行距離は1か月あたり「500km以内」「1,000km以内」「1,500km以内」から、リース期間は「36か月」「60か月」「84か月」から選択します。頭金は「なし」「10万円」「30万円」「50万円」から、ボーナス払いは「なし」「3万円」「5万円」から選びます。

第3位 オリックス自動車

おすすめカーリースランキング3位は「オリックス自動車」のカーリースです。

「オリックス自動車」のリース料金には「車両本体価格」「自動車取得税」「新車登録時手数料」「自動車税」「重量税」「自賠責保険料」が含まれています。

「オリックス自動車」のカーリースには「いまのりくん」「いまのりセブン」「いまのりナイン」の3つのプランがあります。

「いまのりくん」は5年契約ですが、2年経過後に自由に解約ができるようになります。新車が出るたびに車を乗り換えたい人に最適なプランです。なお、契約期間終了後は車を返却することになり、買い取ることはできません。

「いまのりセブン」は7年契約で5年経過後に解約が可能になります。契約期間終了時には、車を自己所有にするか、返却してキャッシュバックを受けるかを選択できます。

「いまのりナイン」は9年契約で7年経過後に中途解約が可能となります。契約終了後に車が自分の所有物になります。

「オリックス自動車」のカーリースを利用すると、契約期間中にオリックスレンタカーを基本料金の半額以下で利用できる特典が付きます。オイル交換や車検の基本点検費用が無料になるクーポンなども付いていて、月間の走行距離制限は2,000kmです。

 

カーリースで人気の車種ランキング!

第1位 トヨタ C-HR

カーリースで人気の車種ランキング1位は「C-HR」です。今、世界的にクロスオーバーSUVの人気が高まっていますが、「C-HR」は「トヨタ」が開発し2016年12月に発売を開始したコンパクトSUVです。プリウス譲りのハイブリット機構や、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の採用など、その存在は発売前から注目されていました。発売後はかなり好調な売れ行きで、カーリースでも人気があります。

第2位 ダイハツ タント カスタム

カーリースで人気の車種ランキング2位は「タント カスタム」です。「ダイハツ」が販売するスーパーハイトワゴンで、標準モデルの「タント」の外観をスポーティにアレンジしています。実用性が高く若いファミリー層から人気を集めています。

第3位 スズキ ハスラー

カーリースで人気の車種ランキング3位は「ハスラー」です。「スズキ」の軽SUV自動車として人気があり、軽自動車らしからぬ走行性を実現しています。

カーリースで人気の車種ランキング2位と3位は軽自動車でした。カーリースでも軽自動車の人気は高く、ランキングの上位を占めています。

 

最後に

ここではおすすめのカーリース会社のランキングと人気の車種ランキングを1位から3位までご紹介しました。いかがだったでしょうか?カーリースの利用を検討しているなら、是非自分のライフスタイルや予算に合った優良会社を探してみてください。

また、カーリースはレンタカーとは違って国産の全車種から車を選ぶことができますので、自動車販売ランキングで常に上位にあるような人気車種も利用することができます。あなたもカーリースで人気の車種に乗ってみてはいかがでしょうか。

人気カーリースを見る

関連する記事

三井住友フィナンシャルグループなどが出資するカーリース「住友三井オートサービス」の口コミや評判は?

三井住友フィナンシャルグループや住友商事などが出資する「住友三井オートサービス株式会社」は、カーリース業界の中でも大手の会社です。では、そんな住友三井オートサービスの個人向けカーリースには、一体どんな特徴があるでしょうか。また、口コミや評判はどのようなものでしょうか?徹底解説します!

カーリースするならバックモニター付きがおすすめ!安全確認で未然に事故を防ぐ!

近年、ニュースなどで取り上げられるようになりドライブレコーダーが注目されていますが、今回解説するバックモニターも、安全確認や事故を未然に防ぐという点において重要な装置です。この記事では、バックモニター付きのカーリースを選ぶメリットや、バックモニターを取り付ける際の注意点をお伝えし、最後にバックモニターが装備可能なおすすめのカーリースを紹介します。

ワゴン車に月々リーズナブルな価格で乗るならカーリースを利用しよう!オススメのカーリース会社も併せてご紹介!

レンタカーだと選べる車種には限りがあるものの、カーリースは違います。セダンからワゴンまで、ありとあらゆる車種の中から自分の好きな車を選べます。今回は、ワゴンをカーリースするための方法や、オススメのカーリース会社の紹介をしていきます。

カーリースの料金に点検は含まれる?知らないと損するカーリース事情とは

カーリースを契約するときに見落としたくないのが、点検費用など、メンテナンスに関わるサービスが受けられるのかどうかです。カーリース会社や契約プランによっては、車検費用や整備費用は自分で負担しなければならないというものもあります。 また、反対に、知らないうちに不要なサポートがついていて、その分料金が割高になっていたというケースも考えられます。知らずに契約して損をすることがないように、カーリースと点検などのメンテナンスについて、ここで詳しく学んでおきましょう。

圧倒的な存在感と高級感!ヴェルファイアに乗るならカーリースを利用しよう!

ファミリーや若者など様々な層から支持されているヴェルファイアはミニバンの人気車種です。ヴェルファイアに乗りたいと購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 しかし気になるのは費用です。ミニバンは他の車種に比べ車両価格が高く、重量税や自動車税などの諸費用も多くかかります。とてもヴェルファイアには手を出せないと諦めてしまう人も少なくありません。 そこで、ヴェルファイアに乗るときにぜひとも利用したいのがカーリースです。カーリースであれば憧れのヴェルファイアであっても気軽に乗ることができるのです。そんなヴェルファイアの魅力と、カーリースで乗るのがおすすめである理由についてみてみましょう。

カーリースとローンのメリット・デメリット、費用総額を分かりやすく比較・解説!

車を持つ手段として、従来から主流のローンと、近年広く普及し利用者も増えているカーリースがあります。この記事では、それぞれの基本的な仕組みやメリット・デメリット、費用総額などを、ポイントを絞って分かりやすく比較・解説します。カーリースかローン、どちらにしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。