カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース利用中、残債があるのに乗り換えたくなったらどうする?カーリース利用中の疑問はここで解決!

カーリースをして乗り始めたはいいけど、カーリースした車がやはり自分には合わない事に気づいて乗り換えたくなった場合、どうすれば良いのでしょうか?今回は、そんな「残債が残っているけど乗り換えたい!」という時の事について考えます。

カーリース利用時に必ず知っておくべき“残価設定”とは?

カーリースには残価設定型とも呼ばれるオープンエンド型のカーリースと、残価を設定しないクローズドエンド型のカーリースがあります。カーディーラーなどで行うカーリースは、ほとんどが前者のオープンエンド型のカーリースとなり、残価設定をあらかじめ行います。

残価設定型の残価とは、簡単に言うと、契約終了後の車の下取り価格です。カーリース契約では、契約終了後に返却するか乗り換えるかを選べます。残価設定されている車を返却する場合は、カーリース会社が下取り価格を査定します。

カーリースをする前段階で、あなたとカーリース会社は、この予想下取り価格とも言える「残価」を話し合っておきます。残価は、高く設定すればするほど、月々の負担が軽くなります。しかし、設定価格が高すぎると、返却の際に清算金を支払わなければならなくなる可能性があります。

例えば、新車で150万円の普通車をカーリースするとしましょう。7年契約として、7年後にはカーリース会社に車を返却する必要があります。残価設定を50万円としておけば、150万円−50万円=100万円が、あなたが月割りで支払う金額となります。

100万円を7年間で支払うとした場合、実際にはボーナス支払いや様々なオプションがあり、価格は変動しますが、11,905円が月々の負担額となります。残価設定を100万円とすれば、50万円しか払わなくて良いため、月々の負担額は半額となります。

ここまで聞くと、残価設定型もなかなか良いじゃないかと思われるかもしれません。残価設定型はうまく利用すれば、負担額が減るという便利なカーリース方法なのですが、気をつけておきたい点があります。

それが、返却時の清算金です。上の例で、残価設定を50万円とした場合、カーリースした車を返却する時、最低でも車両に50万円の価値がなければなりません。外観にキズ、凹みがあったり、車内がタバコのヤニで変色していたりすれば、当然のことながら、価格は下がってしまいます。

そして、たとえば査定額が30万円となってしまった場合、残価の50万円との差額である20万円をカーリース会社に支払わなければならなくなるのです。残価を高くすれば、負担が軽くなる代わりに、返却する時までキレイに、大切に乗らなければなりません。

中古車の価格に最も大きく影響する2つの要素が、年式と走行距離です。車両を返却するときに10年10万キロを超えていると、買い取り価格がガクンと下がってしまいます。

走行距離を1年に1万キロ以下にしておけば、9年リースでも返却時に10万キロを越えることはありません。カーリースは、長距離を走らず、車を大切に乗れるという方にピッタリの選択です。

 

残債以外にも要注意!忘れてはいけないカーリースのルールとは?

カーリースは、残債がある状態での中途解約ができません。契約期間中に他の車に乗り換えたくなっても、原則、返却および乗り換えはできないのです。しかし、それ以外にも注意しておかなければならないことがあります。

走行距離制限はカーリースをする前に注意しておかなければならないことの1つです。あなたがカーリースした車を返却した後、カーリース会社はその車を中古車として販売する事があります。走行距離が10万キロ、15万キロを超えている車はどれだけキレイでも良い値がつきません。

そのため、カーリースした車には一般的に走行距離制限がかけられています。走行距離制限は、1月に1,000キロ、1,500キロという制限が普通です。もし制限を超過してしまった場合は、返却の際に追加料金を支払う必要があります。

カーリースする前に知っておきたいもう1つの注意点は、カスタマイズはできないという事です。エアロパーツを付けたり、ホイールを交換したりした場合は、返却時に元の状態に戻すように、カーリース会社から要求される事があります。

また、万が一、事故により車が破損してしまい、使用できなくなったという場合は、途中解約ができないので、車の残債を支払う必要があります。当然ながら、利用した期間が短ければ短いほど、返さなければならない残債も多くなります。

 

残債も気にならない?短期間で乗り換えができるカーリースサービス!

NOREL

カーリースには短期間のうち、複数の車に乗り換える事ができるサービスもあります。NORELというカーリースサービスでは、最短90日で乗り換えが可能です。長期のカーリースだと、残債を気にしながら乗らなければならないので気が重いという方でも、このプランなら気楽にカーリースできそうです。

NORELの料金プランは最低月額19,800円(税込)からで、対人対物、人身傷害保険に加入済みな上に、車検も必要ありません。NORELケアに加入していると、あて逃げやいたずらなども保証されるので、車に何かがあっても安心です。

最短3ヶ月スパンで残債を気にせず乗り換える事ができるので、独身の頃にベンツ、恋人ができたらカブリオレ、結婚して子供ができたらミニバンというように、気軽に乗り換えができます。

車種は実に豊富で、国産車のセダン、ミニバン、SUVから、外車ではベンツのAクラスおよびAMGラインが用意されています。2014年式のベンツAクラスなら月々59,800(税抜)で3ヶ月からカーリースできます。一度ベンツを試してみたいという方にも、NORELのカーリースはオススメです。

オリックスカーリース

オリックスカーリースのいまのりくんも、乗り換えが好きな方にオススメのカーリースです。いまのりくんはもともと5年契約ですが、2年経てば乗り換えができるので、将来のことや残債の事に悩まされることなく、気楽に今乗りたい新車に乗ることができます。

残債を気にせずに乗れるいまのりくんのオススメの車種として、ホンダフィットハイブリッドがあります。月々38,340円(税込)で乗ることができ、2年後には、次の新車に乗り換えられます。人気のミニバン、ヴォクシーなら、いまのりくんで月々59,184円(税込)です。

 

カーリース期間やプランは残債も踏まえて“どのくらい長く乗りたいか”で決めよう!

結論として、カーリース期間中に乗り換えたくなったとしても、残債の免除はありません。カーリースをする前に、どれくらいの期間乗るかをある程度予定しておきましょう。

カーリースをするときのアドバイスとして、「飽きっぽいので早く乗り換えたい」という方は短期カーリース、「長く乗りたい」「最終的には車を自分のものにしたい」という方は7年、9年の長期カーリースがいいでしょう。

たとえば、カーコンカーリースもろコミだと、7年契約でも、契約終了2年前に乗り換えがOKなど、柔軟なプランが選べます。カーリースの種類によっては、残債を気にせずカーリースできる場合もあります。自分のライフスタイルに合わせて、最善のカーリースを利用したいですね。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースした車がリコール対象車になったらどうする?知っておきたい車のリコールについて

カーリースした車が、万が一リコールやサービスキャンペーンの対象になったら、どうすれば良いのでしょうか?今回は、リコールとはそもそも何か、どうすれば自分の車がリコール対象になっているかを知ることができるのかなどを含め、その対処方法について詳しく説明します。

カーリースの種類とは

「自分好みの車を持ちたい!」 「車があれば生活も便利になるし遠出も出来る!」 といった願いを持つ方は多いのではないでしょうか。 しかしながら、購入する時にまとまったお金を支払うことや、維持費を考えるとどうしても車購入に二の足を踏んでしまう人も少なくありません。 頭金、駐車場、登録費用、諸費用、毎回のガソリン代など、かかる費用は様々です。そんな時、「車は乗りたい時にすぐ使いたい」という人に「カーリース」が最適です。 今回は「カーリース」の車や支払い方法の種類など、「種類」に重点を置いて調べてみました。

もうすぐ契約が満了するとなったらどうする?カーリース契約満了時の疑問を解決!

カーリースは、契約期間が満了したら、利用している車をどうすればいいのか、どこに連絡をすればいいのか、満了後どのような選択肢があるのかなど、知っておくべきポイントがいくつかあります。 今回はカーリースで気になる契約満了時の疑問について詳しく解説していきます。これを読めば、カーリースの契約満了時の対応に関する疑問がすべて解決していくでしょう。

カーリースを利用するために必要な年収は?

クレジットカードを申し込む時や、車のローンや住宅ローンを組む時、部屋を借りる時などには必ず年収について聞かれます。これは言い方を変えれば、年収によって、それらを利用できるかどうかが左右される場合があるということです。では、カーリースを利用する上で、年収は関係してくるのでしょうか、関係するとしたら、年収はいくらくらい必要なのでしょうか?