カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース契約した車にスモークフィルムを貼っても大丈夫?跡に残らないスモークフィルムの剥がし方とは

カーリースした車はカスタマイズ禁止ですが、スモークを貼るのはどうなのでしょうか?今回は、そもそもカーリースした車にスモークを貼って良いのかという質問の答えだけでなく、スモークを貼る際の注意点などについてもご紹介します。

カーリースを利用する際の注意点

カーリース会社が利用者に代わって車を購入し、利用者は代金を月割りで支払うというのがカーリースの基本的な仕組みです。カーリースした車の車検証には所有者の欄にカーリース会社の名前が、使用者の欄にはあなたの名前が記載されます。

つまり、カーリースした車の所有者はあくまでもカーリース会社なのです。カーリースによっては、7年、9年のカーリース契約があり、契約期間満了後に車を自分のものにできる場合があります。しかし、そうではあっても、契約期間中はやはりカーリース会社が車両を所有することになります。

カーリースした車は、返却の際に原状復帰が原則となります。カーリースの利用者は、車を納車時のまま返却する必要があるのです。そのことを知らずに大幅な改造やカスタマイズを行ってしまい、原状復帰ができなくなってしまった場合は、精算金を支払わなければならない可能性があります。

多くの方がご存知の通り、カーリースを利用すると、費用を毎月固定にできるというメリットがあります。特に会社経営や自営業の場合は、毎月の出費を把握しておくことが大切です。健全な運営を行うには、どれだけの出費があるかを分かっている必要があるのです。

その点、車を購入するとなると費用は毎月バラバラになってしまうことがあります。自動車税は毎月ではないですし、車検も毎年ではありません。オイル交換の頻度やタイヤ交換の周期も車の乗り方によって大きく異なってくるでしょう。

会社経営なら「今月は収益が出なかった」という時に購入した社用車の車検が重なってしまうと、会社全体の経営にも影響してくるでしょう。カーリースなら毎月固定費なので、将来の出費まで確実に予想する事ができるのです。

カーリースの場合、カーリース会社が車両の所有者となるので、使用者は車を固定資産とみなす必要がありません。そのため、節税する事ができます。また、カーリースの料金は経費として計上できるため、税金も安くなるのです。

こういった点から、特に会社を経営する方などに、社用車やライトバンなどの営業用の車として、カーリースが利用されてきました。しかし、近年では、マイカーリースという言葉があるように、個人向けのカーリースが人気なのです。

個人向けのカーリースには多くのメリットがあります。

まず、マイカー購入と同じように車のグレードやカラー、オプションを自由に選べるということです。自分の好きな国産車を自由に選べるというのは車好きの方にとって大きなメリットではないでしょうか?

また、中古車専門のカーリースや、1カ月からの短期カーリース、ベンツやBMWをカーリースできる外車専門のカーリースなども出てきています。これまでのカーリースの概念は今、大きく形を変えようとしているのです。

ローンを組んで新車を買う場合、頭金を払わなければならない事がほとんどです。そして、この頭金は車両価格によって異なり、時には数十万円する場合があります。この頭金がネックとなって新車購入ができないという方にはカーリースが適しています。

というのも、カーリースは頭金が必要ないというのが、特徴のひとつだからです。カーリースをスタートした最初の月を含めて、毎月固定の料金をコンスタントに支払ってさえいれば、新車に乗り続ける事ができるのです。

オリックスカーリースの「いまのりくん」のように、短期でどんどん新車に乗り換えていく事ができるプランもあるので、流行やライフスタイルの変化に合わせて、常に最先端の新車に乗る事も可能です。

なお、上述のように、カーリースした車はカーリース会社の所有となります。そのため、カスタマイズや改造は厳禁となっています。

では、スモークを貼るのはどうなのでしょうか?女性の場合は特に夏の日差しなどを和らげるために、ガラスにスモークを貼る場合があるでしょう。

多くのドライバーは紫外線対策のため、またプライバシー保護のためにスモークを貼ります。人によっては車の中が見えてしまうと公共の駐車場などで車上荒らしに遭う可能性があるという理由でスモークを貼る場合があります。

 

カーリース契約をした車にスモークフィルムは貼っても大丈夫?

簡単に言うと、カーリースの原則は「原状復帰」であるため、この原則を守れるのであれば、スモークを貼っても大丈夫です。

車のガラス用スモークフィルムには4種類あります。それぞれ透過率が異なり、ウルトラブラック、スーパーブラック、ダークスモーク、スモークという順で透過率が上がっていきます。ウルトラブラックの透過率は3%、スーパーブラックの透過率は5%、ダークスモークは13%となります。

ダークスモークより透過率が高い「スモーク」は、透過率が26%となり、運転初心者の方などにオススメのスモークフィルムです。透過率が小さい、濃いめのスモークフィルムを貼ると、車庫入れや駐車の際に後方が見づらくなり、危険な場合もあります。

そういった場合は、外が見えるくらいの透過率が高いスモークフィルムが良いでしょう。一般的に多くのドライバーが選ぶのが、透過率13%前後のスモークフィルムです。外からは見づらく、プライバシーが守れ、中からは適度に外を確認できます。

フロントガラスを含む前方三面のガラスは透過率70%でないと、車検には通らない決まりになっています。一方、後方ガラスに関しては透過率の制限はありません。スモークフィルムを貼ると、夜間外が見づらくなる場合があるので、デメリットもあるということを理解しておきましょう。

カーリースは原状復帰が原則です。そのため、スモークフィルムを自分で貼ったなら、車を返却する際に剥がさなければなりません。スモークフィルムを剥がすのにも技術が必要で、プロにお願いすると工賃がかかります。

スモークフィルムをむやみに剥がすと跡が残ってしまう可能性もあります。跡が残るとガラスの視認性が落ちてしまうこともあるので、車自体の価値が落ちてしまいます。その場合、カーリース会社に精算金を支払わなければならないこともあるので、十分に注意しておきましょう。

 

カーリースした車にもスモークフィルムを貼りたい!返却時の査定が気になる方におすすめのカーリース会社とは?

カーリースの中には、契約期間が満了した後、車を自分の物にできるサービスもあります。自分のものになったなら、好きにスモークフィルムを貼れます。

なお、カーコンカーリースもろコミやオリックスカーリースのいまのりナインだと、契約終了時に車をもらえる場合があります。

今回は、カーリースした車にスモークフィルムを貼ってもいいかという質問を考えました。特に女性の方は、赤外線や紫外線のカットのためにも、スモークフィルムを貼る場合があります。

もしカーリースした車にスモークフィルムを貼ってしまって、返却時に剥がさなければならないという場合は、以下の方法を試してみてください。

・新しいフィルムを上から重ね貼りして剥がす。
・専用スクレイパーを使う。
・残ったのりにラベル剥がし剤を使う。

スモークフィルム剥がしは、プロでも苦労する作業の一つです。もし、セルフで行う自信がないのであれば、業者に任せるのが賢明でしょう。

カーリースした車にもスモークフィルムを貼りたい場合は、今回の内容を参考にしてみてくださいね。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースにはどのようなプランがあるの?ボーナス払いなしでも利用できる?

月々の手軽な料金で利用できると注目されているカーリース。購入に代わるマイカーの導入方法として浸透しつつあるようです。 まとまった資金なしで新車に乗れるのが大きな魅力ですが、ボーナス払いなしでも利用できるのでしょうか。カーリースのプラン内容とともに、ボーナス払いなしで利用できるのか、ボーナス払いなしでも月々の使用料を抑える方法をご紹介します。

カーリースで輸入車に乗ろう!

「フォルクスワーゲン」「メルセデスベンツ」「フォード」など、外国の車に憧れる人はたくさんいますが、輸入車は価格が高いのでなかなか手が出しづらいと感じる人もいることでしょう。しかし、カーリースであればお手頃な料金で輸入車を楽しむことができます。ここでは、輸入車を扱っているおすすめのカーリース会社をご紹介します!