カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース契約は離島でも可能?利用する際の注意点を知っておこう!

離島に住んでいる人がカーリースを利用しようと思う場合、どんなことに注意したらいいでしょうか?今回は、カーリースの魅力や特色の説明とあわせて、この疑問にお答えしていきます。

カーリースの魅力や特色は?

カーリースは、毎月のリース料を支払うことで定められた期間車を貸し出してもらえるサービスです。契約期間は3年や5年、7年などの長期に及ぶ場合が多く、中途解約には違約金が必要となるため、注意が必要となります。

希望する車種をカーリース会社が自動車販売店から購入して貸し出す仕組みになっており、国産であれば、すべてのメーカーや車種に対応している会社も多いです。

契約にあたっては審査を受ける必要があります。リース料を毎月継続的に支払っていく経済的能力があるかを判断するためです。

安定的な収入があるかどうかが1つの重要な基準となります。ただ、学生、専業主婦、アルバイトなどでも、連帯保証人を付けることで審査をクリアできることが多いです。

契約満了時には、車を返却してリースを終了する以外にも、新しく別の車に乗り換える、リースを延長する、車を買い取るといった選択肢があります(※契約によってはリースの延長や車の買い取りはできません)。

頭金は不要ですので、まとまった初期費用を出すことなく、手軽に利用できます。また、月々定額のリース料に、車両代や登録諸費用だけではなく、各種税金、自賠責保険料、車検料、メンテナンス費用などの車の維持費がコミコミとなっていますので、家計の管理が楽です。

さらに、税金の支払いや車検、メンテナンスなどを車の所有者であるカーリース会社に一任できますので、車の管理の面倒な手間がかかりません。こうしたメリットや魅力があるゆえに、カーリースの人気は近年、急上昇しています。

以上がカーリースの一般的な仕組みです。ただ、各カーリース会社はそれぞれ独自のサービスも展開していますので、これらの仕組みがすべてのカーリースプランに当てはまるわけではありません。また、付加的な特典を用意しているカーリース会社もあります。

たとえば、「カーコンカーリースもろコミ」(カーコンビニ倶楽部株式会社)や「オリックスカーリース」(オリックス自動車株式会社)は、契約満了時に車をそのままもらえるプランや、一定の年数経過後に中途解約ができるようになるプランを用意しています。

その他、「コスモスマートビークル」、「定額ニコノリパック」(株式会社MIC)などは、ガソリン代が割引になる特典を提供しています。

さらに、「リボーン・カーリース」(リボーン・カーリース株式会社)、「ワンコインリース」(潮来自動車販売株式会社)などは、最短1ヶ月から利用可能な短期の中古車リースです。

 

遠方納車を希望する場合は?離島でカーリース契約する際の注意点

では、カーリースでは「遠方納車」、つまり、自動車税販売店やカーリース店舗から離島などの遠く離れた場所にも納車してもらうことは可能なのでしょうか?これもカーリース会社によって対応が異なり、可能な会社とそうではない会社が存在します。

離島に対応しているのは、たとえば「カーコンカーリースもろコミ」、「オリックスカーリース」、「コスモスマートビークル」、「リボーン・カーリース」などです。それぞれが公式サイトで、離島への対応について、下記のように説明しています。

・カーコンカーリースもろコミ

Q:「離島でも、もろコミのリース契約が出来ますか?」
A:「出来ます。ただし、一部の離島ではお引受けできない場合がございますので、事前申込みの際にお申し付けください」

・オリックスカーリース

Q:「離島でもリース契約が可能ですか?」
A:「一部の離島では、お引受けできない場合があります。詳しくはお問い合わせください」

・コスモスマートビークル

Q:「離島に住んでいるのですが、契約は可能でしょうか?」
A:「離島でもお引受けできる場合がございますので、お問い合わせください」

・リボーン・カーリース

Q:「離島で使いたいのですが可能ですか?」
A:「一部店舗で離島サービスを行っております。お近くの店舗にお問い合わせください」

以上の各会社の説明文からもわかる通り、離島で利用できるカーリース会社でも、すべての離島で利用できるわけではありませんので注意が必要です。場所によっては利用が難しいでしょう。

また、離島への納車では別途運搬費用などを請求される可能性もあります。

 

離島でカーリースを利用する際の注意点とは?

離島でカーリースを利用する場合、前述の通り、追加で運搬費用などを請求される場合がありますし、納車が通常よりも遅くなることも考えられます。こうした不利な点があることをしっかり把握した上で利用するようにしましょう。

また、離島の場所によっては、そもそも契約の対象外となってしまうことがありますので、利用を検討しているカーリース会社に直接確認することが大切です。

 

離島でも利用可能のおすすめカーリース会社は?

最後に、離島でも利用可能なおすすめのカーリースサービス、「コスモスマートビークル」と「リボーン・カーリース」の特徴についてご紹介します。

コスモスマートビークル

全国展開している大手のカーリースになります。自分の希望に合わせて「メンテナンスプラン」、「走行距離」、「リース期間」、「頭金やボーナス払いの有無」を自由な組み合わせで設定できるのが特徴です。

メンテナンスプランは「ゴールドパック」「シルバーパック」「ホワイトパック」の3段階から選びます。フルメンテナンスのゴールドパックでは、タイヤ交換、バッテリー交換、ブレーキパット交換、オイル類の交換など、非常に手厚いサービスを受けることができ、車両の延長保証、ロードサービス、ガソリン代割引(1ℓあたり5円引き)などの特典も付きます。

走行距離は1か月あたり500km以内、1,000km以内、1,500km以内から、リース期間は36か月、60か月、84か月から選べます。頭金は0円、10万円、30万円、50万円から、ボーナス払いは0円、3万円、5万円から選択可能です。

リボーン・カーリース

中古車のリースサービスです。北海道、東北、東海、近畿、四国に店舗を展開しています。契約期間は、最短1ヶ月から、1カ月単位で設定することができます。

車種やグレードによって、月々15,000円(税抜)から、月額21,000円(税抜)から、月額27,000円(税抜)からの3つの価格帯を用意しています。月々のリース料金には車両使用料、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料などが含まれています。

契約時に「初回登録等手続き費用」として、軽自動車の場合は15,000円(税抜)、普通自動車の場合は22,000円(税抜)が必要です。初回登録等手続き費用の内訳は、名義変更・登録費用、整備点検費用、エンジンオイル交換費用、各種油脂類の交換・補充費用などが含まれています。

今回は、離島でカーリースを利用する場合の注意点などについて見てきました。もし離島にお住まいなら、まずはカーリースが可能かどうか確かめましょう。可能であることがわかったなら、その利用をじっくり検討してみてください。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースではどんな車種が人気なの?軽自動車と普通車に分けてご紹介!

カーリースではどんな車種が人気なのでしょうか?軽自動車と普通車に分けてランキングをご紹介します。ランキングは主に「オリックス自動車」(オリックス)や「コスモスマートビークル」(コスモ石油)などのカーリース業者が提携している「Yahoo!ショッピング」のサイト情報を参考にして調べました(2018年1月31日現在の情報)。

カーリースで利用している車の車検費用は誰が支払うの?

カーリースは月々のリース料金を支払うことで、長期間車を借用できるサービスです。車を「借りる」という契約ですから、車の「所有者」はカーリース会社となります。そして、ユーザーはその車の「使用者」という扱いになります。それでは、その車の車検費用はいったい誰が支払うのでしょうか。カーリース会社でしょうか、それともユーザーでしょうか?

カーリースってどんな仕組み?支払いやメンテナンスはどうすれば良い?様々な疑問について、わかりやすくご説明!

「車は買うもの!」というのは、これまでの標準でしたが、「断捨離」や「ミニマリズム」といった言葉がトレンドになっているように、最近ではものを所有するストレスから開放されたいと考えている方が多いようです。 カーリースは、そんな方にピッタリのサービスです。しかし、カーリースを利用したことがない方にとって、支払いやメンテナンスの仕組みは未知数なのも確かでしょう。今回は、カーリースの様々な疑問についてご説明します。

カーリースした車にすり傷が!知っておきたいカーリースのルールやリース会社の選び方

「カーリースした車にすり傷をつけてしまったらどうなるの?」「すり傷を一つもつけないほど綺麗に乗りこなす自信がないのだけど…」という方は多いでしょう。実際、車に乗っていれば、縁石にタイヤをこすってしまったり、壁にボディをこすってしまったりするような大失敗もあり得ます。 このような傷を作ってしまった場合どのように対処すれば良いのでしょう?今回は、すり傷を含め、カーリースした車を傷つけてしまった場合の対処法や、その他カーリースのルールについて紹介します。