カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース料金の“ボーナス加算”とは?仕組みや注意点を解説!

カーリースサービスの料金表示で“ボーナス加算”という言葉を目にしたことがあるかもしれません。では、カーリース料金のボーナス加算とは一体どういう意味なのでしょうか?

カーリースの料金はこう決まる!

まず、カーリースの仕組みや料金の算定方法について見てみましょう。

カーリースの仕組みとは?

カーリースは、契約者が希望する車をカーリース会社がディーラーから購入して貸し出すサービスです。契約者は車を借りる代わりに毎月リース料をカーリース会社に支払います。リースする車は、いろいろなメーカーや車種から自由に選べますし、オプションを付けることも可能です。

カーリースの契約期間は3年や5年、7年などの長期にわたるのが一般的で、リースした車をまるでマイカーのような感覚で楽しむことができます。ナンバープレートもレンタカーのように「わ」ナンバーとはならないので、見た目でカーリースの車だということは誰にも分かりません。

ただし、カーリースの車の所有者はあくまでもカーリース会社であり、車検証の所有者欄にもカーリース会社の名前が記載されます。契約者の名前は使用者欄に載ることになります。

カーリースの契約が満了した時には、下記の4つの選択肢が契約者に与えられるのが一般的です。

1 車を返却してリースを終了する
2 車を返却して別の車をリースする(乗り換え)
3 リースを延長する(再リース)
4 車を買い取る

カーリースの料金はどのように決まるか?

カーリースの契約には多くの場合に「残価設定」があります。残価設定とは、契約満了時点での車の予想下取り価格(残価)をあらかじめ定め、その金額を車両価格から差し引くことです。

例えば、5年契約のカーリースで、新車価格が300万円の車の5年後の残価が100万円と設定された場合、300万円から100万円を差し引いた200万円が毎月の料金を算出する際の車両代になります。

残価は、契約期間、走行距離設定、車種などを考慮して設定します。特に人気車種は価格が下がりづらいという判断から残価が高めに設定されることが多く、結果としてリース料を安く抑えることができます。

ただし、個人向けのカーリースでは基本的に、契約満了時に設定残価と実際の査定額を精算することになります。査定額が残価を上回ればキャッシュバックを受けられますが、下回った場合には不足分を請求されます。

個人向けのカーリースの毎月の料金には、車両代だけではなく、登録諸費用、自動車取得税、自動車税(期間分)、自動車重量税(期間分)、自賠責保険料(期間分)、車検基本料なども含まれていることが多いです。

契約プランによっては、オイル類や消耗部品の交換などのメンテナンスもサービスに含めることもできます。リース料を算定する際には、こうした諸々の費用が車両代に上乗せされます。

そのため、カーリースでは毎月の料金とは別に税金の支払いや車検などのタイミングでお金を用意する必要がありませんので、楽に家計の管理をやり繰りしていくことが可能です。さらに、カーリースの料金には利息(リース料率の分)も加えられます。

以上をまとめると、カーリースの月々の料金は以下の計算式で算定されるということになります。

月額リース料=(車両価格-残価+諸々の費用+リース料率の分)÷ 契約月数

 

カーリースの支払い方法には、ボーナス加算と均等払いがある!

カーリースの料金の支払い方法には、ボーナス加算払いと均等払いがあります。

ボーナス加算払いとは、年1~2回のボーナス月に他の月よりも多めに料金を支払うという支払い方法です。カーリースの料金表示の“ボーナス加算”はこの意味で使われているわけですね。均等払いは、ボーナス加算なしで、毎月同じ金額の料金を支払っていくという支払い方法になります。

ボーナス加算払いをするか、均等払いをするかは、契約者自身が選択できます。ただし、契約が始まってから途中で、ボーナス加算払いを均等払いに変更したり、均等払いをボーナス加算払いに変更したりすることは通常できません。

 

カーリース料金の見積は、ボーナス加算を含めて比較しよう!

カーリース会社のホームページなどでの「月々○○円~」といった料金は、ボーナス加算払いだとしてもボーナス月以外の支払額を表示しているケースが多いです。

ですから、各カーリース会社の料金の見積もりを比較する際には、ボーナス加算ありなのか、ありだとするとボーナス月にいくら加算されるのか、といったことを確認する必要があるでしょう。その上で、料金の支払総額(月額リース料×契約月数+ボーナス加算額×ボーナス月の回数)を計算して出すことで、より正確な見積もりの比較ができます。

さらに言えば、カーリース会社や契約プランによって毎月のリース料の内訳も多少異なりますので、そういった要素も考慮しながら、見積もりの比較を行うことが大切です。

 

カーリース料金をボーナス加算で支払うメリットとデメリットは?

では、ボーナス加算でカーリースの料金を支払うことには、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ボーナス加算払いのメリットは、ボーナス月以外の月々の支払いを安く抑えることができるということです。ボーナス加算払いをすることで月々の支払いを8,000円などに抑えられるケースもあります。

以下は、カーコンビニ倶楽部株式会社の「カーコンカーリースもろコミ」の料金例です。その料金例から、ボーナス加算払いをすることで月々の支払いをかなり抑えられることが分かると思います。

「ダイハツ ミライースL」

・7年リース

ボーナス加算あり: 月々8,000円(税込)、年2回のボーナス加算額47,952円(税込)
均等払い(ボーナス加算なし): 月々16,956円(税込)

・9年リース

ボーナス加算あり: 月々8,000円(税込)、年2回のボーナス加算額34,992円(税込)
均等払い(ボーナス加算なし): 月々14,688円(税込)

※2018年12月15日現在の料金です。料金は変更になる場合があります。

ボーナス加算払いの別のメリットは、ボーナス月のお金の無駄遣いの抑止になることです。ボーナス月に気持ちが大きくなってお金を浪費する癖のある方もいるかもしれませんが、ボーナス加算払いを選べば、ボーナス月にまとまったお金が自動的にカーリースの料金の支払いに充てられ、そのことがお金の浪費の抑止力として働きます。

ちなみに、ボーナス加算払いは、契約途中で加算額を変更したり(※金額の上限がある)、支払い月の変更をしたりできる場合もあります。

ボーナス加算払いのデメリットは、ボーナス月の負担が増えるということです。特にボーナスに頼れない方がボーナス加算払いを選んでしまうと、ボーナス月に経済的に困窮してしまうことが考えられます。

結局のところ、ボーナス加算払いのメリットとデメリットは表裏一体の点であり、どちらが優れているとは一概には言えません。自分のライフスタイルに合わせた支払い方法を選ぶことが大切です。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースの費用についてのまとめ

長期間にわたって車を借りて楽しめるカーリースサービスですが、利用する場合に一番気になるのはその費用です。そもそもカーリースの月々の料金はどのようにして設定されているのか?リース料以外にかかる費用はないのか?カーリースは費用面で本当にお得だと言えるのか? など、ここではそんな気になるカーリースの費用の疑問に答えていきたいと思います。

車をリースで乗る!今、個人向けのカーリースが大人気の理由とは!?

個人事業主や法人を対象としたカーリースはこれまでも数多くありましたが、10年くらい前から個人向けのカーリースも増え始め、その人気は年々上昇しています。「憧れのマイカー」を手軽に手に入れることができ、月々の出費も抑えることができるカーリース。その魅力をご紹介します。

「3ヶ月だけ車が必要」そんな時はカーリースを利用しよう

例えば3ヶ月だけ車が必要になったらどうしますか?レンタカーは数時間や数日間だけの利用が前提となっているサービスですので、3ヶ月も利用したら費用がかなり高額になってしまいます。また、3ヶ月だけ利用する車を、わざわざ購入しようとも思わないでしょう。 そこで登場するのがカーリースのサービスです。以前はカーリースと言えば数年に及ぶ契約になるのが一般的でしたが、今は1ヶ月単位で利用できる短期のカーリースもあります。今回はそんな短期のカーリースについて徹底解説します。