カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース料金の試算方法とは?

車をオートローンで購入する場合、車両価格や新車登録諸費用に金利を加えたものを元に月々の返済額が決まります。では、カーリースの料金はどのようにして試算されるのでしょうか。オートローンとカーリースとでは、試算として、どちらがお得なのでしょうか?

カーリースのシステムと試算方法

カーリースは、車を購入するのではなく、借りるためのサービスです。そして、購入の場合とは違って、税金の支払いや車検、整備点検などの車の管理やメンテナンスをカーリース会社にお任せすることができます。

カーリース料金はどのようにして試算されるのでしょうか?

カーリースでは多くの場合、リース車両の「残価」をあらかじめ設定します。残価とは契約終了時点での中古車市場における予想価格のことです。そして、残価を車両価格と登録諸費用から差し引きます。

例えば、本体価格が200万円の車を5年契約でリースするとします。登録諸費用が20万円で、残価(5年後の車の予想価格)が70万円に設定されたとすると、200万円+20万円-70万円=150万円が料金を試算する元となります。

1カ月あたりにすると、150万円÷60カ月=25,000円です。購入の場合よりも残価の分だけ費用を節約することができます。

ただし、この金額にはさらに、車の管理やメンテナンスの費用、金利などが上乗せされることになりますので、その点はご注意ください。

 

オートローンとカーリースの試算比較

では、オートローンとカーリースでは、試算的にどちらがお得なのでしょうか?それぞれの費用の試算を比較してみました。

トヨタのアクア(グレード:L)で試算を出しました。契約期間(ローン期間)は5年という設定です。

まず、オートローンでかかる費用の試算を見てみましょう。

アクアの車両価格は1,785,240円で、登録諸費用は約35,000円です。320,240円の頭金を用意して、年2回×5万円のボーナス払いありで、実質金利が5%の場合、車両価格と登録諸費用に金利を上乗せした金額は、合計2,023,240円となります。

ユーザーはこの金額に加えて、各種税金や車検費用、整備費用なども自分で負担していくことになりますので、それらの費用(後述するカーリースの料金に含まれている費用)を加算してみます。

5年間で自動車税は147,000円、自賠責保険料は67,880円かかります。また、車検費用が50,000円ほど、車検時以外の法定点検費用が計40,000円ほどになります。

オイル交換費用は計40,000円ほど、定期点検(基本整備費用)は計200,000円ほどかかるでしょう。自動車取得税と自動車重量税は減税対象なので0円となります。

これらの費用を、先程試算した車両価格と登録諸費用に金利を加えた金額に上乗せすると、総費用は2,568,120円という試算結果になります。

次に、カーリースの試算を見てみましょう。

試算はカーリース業者「定額ニコノリパック」の公式サイトで出しました。メンテナンスパックは「ライトプラン」(月額2,160円)を付けます。

月額カーリース料金は36,828円となりました。これを5年間(60カ月)支払うことになりますから、総費用は36,828×60カ月=2,209,680円となります。

この料金には車両価格と登録諸費用以外にも、契約期間中に発生する自動車取得税、自動車重量税、自動車税、自賠責保険料、車検費用、法定点検費用、オイル交換費用、定期点検(基本整備)費用などが含まれています。

以上をまとめてみると、下記の試算結果となります。

オートローンの総費用の試算:2,568,120
カーリースの総費用の試算:2,209,680

試算比較:カーリースの方が約36万円安い

カーリースは残価が差し引かれる分費用を節約できることが、試算結果からもよく理解できるのではないでしょうか。

車両価格や税金、カーリース料金などは変更になる場合があります。上記はあくまでも試算ですので、記載の金額がピッタリ発生するわけではありません。

 

オートローンとカーリースのメリット・デメリット

ここまで見てきた通り、期間中に支払う費用の総額という試算の面では、オートローンよりもカーリースの方がお得ということになります。

ただし、オートローンとカーリースにはそれぞれ、他の面でのメリットとデメリットがありますので、それらを把握しておくは非常に重要です。

オートローンのメリットは、車が自分の所有物になるということです。自分の物ですから、自分が望む間ずっと車を利用することができますし、自由に改造することも自由で、車が不要になれば売却することも可能です。

カーリースの場合はそうはいきません。リース期間が終了すると車を返却しなければなりません。借り物ですので、車を好き勝手に改造したりカスタマイズしたりできず、走行距離にも制限が設定されていることが多いです。

リース期間終了時点で残価を支払って、車を買い取れる場合もありますが、その場合の総支払額の試算を出してみると、オートローンの試算よりも高額になります。

なぜならば、先出したとおり、リース料金には金利が掛けられているからです。車を自分の物にしたいのであれば、オートローンを利用した方がいいということになります。

カーリースのメリットは、車の管理やメンテナンスをリース会社にお任せできるということです。税金の支払いや車検手続き、整備点検など、何かと面倒な作業を自分でする必要がないため、非常に楽です。

しかも、費用は月々のカーリース料金に含まれていますので、追加で料金を支払う必要もありません。家計のやり繰りもしやすいと言えるでしょう。

オートローンの場合は、基本的に自分で車の維持管理をしなくてはなりませんし、税金の支払いや車検などのタイミングでローン返済とは別にまとまった費用が発生することになります。

カーリースは、楽に車を利用したい人にとってはメリットのあるサービスと言えます。

 

総合的にみるとどっちがお得?

ここまでで、カーリースであれば、オートローンよりも費用を節約できることを試算比較により確認し、オートローンとカーリース、それぞれにメリットとデメリットがあることがわかりました。

では、総合的にみた場合に、オートローンとカーリースとではどちらがお得なのでしょうか?

結局のところ、どちらがお得かを一概に述べることはできません。各自がどのような「カーライフ」を望むかによって、結論は異なるからです。

ある人にとってはオートローンのメリットがカーリースのメリットよりも優れているかもしれませんが、別の人にとってはその逆かもしれません。

ですから、各自がオートローンとカーリースそれぞれのメリット・デメリットについてよく調べ、自分にとってお得なサービスはどちらなのかをよく考えることが大切です。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースは電話でも契約可能?問い合わせから納車までの流れを調査!

現在では、日々の買い物、レンタカー、銀行口座の開設など、様々なサービスを電話やオンラインで利用できることが当たり前になっています。実は、カーリースも電話やオンラインでの契約が可能なのです。 今回は、電話やオンラインで契約が可能なカーリースと、その流れを解説し、実際の利用者の声もご紹介します。これから契約を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

カーリースとローンのメリット・デメリット、費用総額を分かりやすく比較・解説!

車を持つ手段として、従来から主流のローンと、近年広く普及し利用者も増えているカーリースがあります。この記事では、それぞれの基本的な仕組みやメリット・デメリット、費用総額などを、ポイントを絞って分かりやすく比較・解説します。カーリースかローン、どちらにしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

カーリースの車には走行距離制限がある?カーリースのルールについて知っておこう

まとまった初期費用が必要なく、お手軽な月額料金のみで好きな新車が自由に選べて、マイカーのように使用できるカーリースが人気を集めています。しかしながら、カーリースには走行距離の制限がつきものです。ここでは、カーリースの車の走行距離制限について、徹底的にご説明します。