カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース期間中のスタッドレスタイヤのサービスは?タイヤ交換はしてもらえるの?

車両を維持するためのさまざまな費用が月額料金に含まれ、自分で新車購入するよりもお得に利用できる個人向けカーリースへの注目が高まっています。数多くあるカーリースプランの中で、メンテナンス費用込みのカーリースプランにはどんなサービスが含まれるのかが気になるところです。 決して安くはない夏タイヤとスタッドレスタイヤの交換は、家計に大きく影響する費用ですので、カーリース会社負担か利用者負担かはカーリース利用の前に知っておきたいものです。カーリース期間中の車両のタイヤ交換、特にスタッドレスタイヤへの交換について紹介します。

そもそも”カーリースのサービス”の内容ってどんなもの?

「リース車両の維持費はリース会社の負担では?」と考える方は少なくないと思いますが、カーリースには「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」があり、契約内容でサポート範囲が異なります。

シンプルな契約内容のファイナンスリース

カーリース会社が次に挙げるリース車両購入費用を中心に負担する契約です。

・車両購入
・初期整備
・自動車諸税
・自賠責保険

車検や法定点検整備、オイルや消耗部品の補充交換など一般整備を含むメンテナンス費用は利用者負担となるカーリース契約で、スタッドレスタイヤの交換は含まれません。

ファイナンスリースは月々のカーリース料は抑えられますが、カーリース料以外に次に挙げるリース車両の維持費が発生し、個人向けカーリースとしては魅力の少ない契約方法だと考えられます。

・車検費用
・法定点検費用
・一般整備費用
・スタッドレスタイヤへの交換などのメンテナンス費用

サポート内容が充実したメンテナンスリース

リース車両で発生する維持費の多くを、カーリース会社が負担する契約で、基本的に利用者は月々のカーリース料と燃料費、任意保険料のみでリース車両を使用できます。一般的なサポート範囲は以下の通りです。

・車両購入費用
・初期整備費用
・車検費用
・自動車諸税
・自賠責保険料
・車両整備費用
・一般整備費用
・メンテナンス費用

個人向けカーリースとして魅力のある契約内容ですが、サポート範囲はカーリース会社で異なり、バッテリーやタイヤ交換回数も契約年数別に制限されるケースがあるなど、サポート内容にばらつきがあります。スタッドレスタイヤ交換がサポート内のカーリース会社を慎重に選ぶ必要があると言えるでしょう。

 

これだけは知っておきたい!冬場のスタッドレスタイヤの重要性

交通事故発生率が急増する降雪時や路面凍結時は、危険だと考えられる道路でチェーン規制が敷かれることも珍しくありません。確かにチェーンを装着すれば安全性が高まりますが、奪着の作業性の悪さや走行時の振動、騒音の問題から現在ではスタッドレスタイヤの使用が主流となっています。

かつてはタイヤの接地面に金属製スパイクが埋め込まれたスパイクタイヤが主流でしたが、路面を削って粉塵を発生させることから、1990年に使用が規制され、現在のスタッドレスタイヤが冬タイヤの代名詞となりました。

冬タイヤの代名詞スタッドレスタイヤの特徴とは?

夏タイヤに比べると柔らかいゴムで作られるスタッドレスタイヤは低温時も硬化せず、タイヤにグリップ力が求められるコーナリングやブレーキング時に高いグリップ力を発生させます。

スタッドレスタイヤには夏タイヤよりも深く細かく溝が刻まれ、雪や氷が接地面で溶け発生する水膜を吸収し、遠心力で排出することでグリップ力を保つ働きもあります。これらの特性から、スタッドレスタイヤは降雪路面や凍結路面でも高い走行性と走破性を発揮すると共に、ブレーキング時の制動力の確保を実現しています。

しかし、夏タイヤと比べると柔らかなゴムで作られるスタッドレスタイヤは、降雪や凍結のない路面では揺れが発生しやすく、腰が砕けたような乗り心地となる傾向があり、燃費が低下する側面を持っています。

メーカー各社の研究により夏タイヤと比べても遜色のないスタッドレスタイヤが登場していますが、降雨時の高速走行ではハイドロプレーニング状態を起こしやすいのも事実です。

冬季以外にスタッドレスタイヤを使用すると、タイヤの摩耗が激しく急速にタイヤが減りますので、春から秋にかけては夏タイヤ、冬はスタッドレスタイヤとタイヤを履き分けることがおすすめです。タイヤの特徴を掴み季節に合わせたタイヤの選択を行うことが安全運転に繋がります。

 

カーリース期間中、スタッドレスタイヤのサービスはついてくる?

冬期に運転する際の安全確保にはスタッドレスタイヤ装着が欠かせません。メンテナンスリース契約でもタイヤ交換はサポート外であるケースもあるので、カーリース会社に確認して契約すべきでしょう。

タイヤ交換がサポートされるカーリース契約でも、夏タイヤとスタッドレスタイヤの交換に対応するケースと、スタッドレスタイヤがオプション扱いになるケースがあるので注意が必要です。カーリース契約時には、サポートされるタイヤ交換にスタッドレスタイヤが含まれていることを確認すべきでしょう。

スタッドレスタイヤへの交換に対応するカーリースを提供するカーリース会社と契約すれば冬期に運転する際の安全を手に入れるコストも、月々のカーリース料に含まれます。

月々のカーリース料で、リース車両の維持費の多くが含まれるカーリース会社を選び利用することで、リーズナブルで快適なカーライフを実現できます。

万が一、スタッドレスタイヤがオプション扱いでも、オプション料金とスタッドレスタイヤの販売価格、取り換え工賃などを比較し冬期はスタッドレスタイヤへの履き換えをおすすめします。

 

スタッドレスタイヤだけじゃない!カーリースでも車のメンテナンスは重要!

冬期のスタッドレスタイヤ装着はもちろんですが、リース車両を安全で快適に使用するためにはメンテナンスが必要となります。車検や法定点検をカーリース会社が行うカーリース契約を結んだ場合でも、リース車両のオイル類やオイルエレメントなどは、定期的な交換が必要です。

リース車両のメンテナンスをカーリース会社が行うか、利用者が行うかは家計に大きく影響するので、カーリース契約の際にはメンテナンスサポート付きのカーリース契約が有効であることは既に紹介しました。

一般的にカーリ-ス会社は整備工場と業務提携を結んで運営されるものが多く、メンテナンスリース契約を結ぶとメンテナンスをカーリース会社が行ってくれます。しかし利用者が日常的に点検する習慣を持つことで、車両不具合の早期発見に繋がり事故や車両トラブルを未然に防げます。

日常的なメンテナンスは特に難しいものではなく、次に挙げる項目を確認するだけで効果があります。

・タイヤの減りや釘などの異物が刺さってないかの確認
・ワイパーブレードの劣化確認
・エンジン周辺の目視確認
・オイルの減りや粘度の確認
・変速時のショックや異音などからトランスミッションの確認
・電装機器の試動による電機系の確認
・ハンドルを含めた内装機器の確認

上記の確認を行うだけで早期に車両不具合を発見することができ、車両のトラブル予防に効果的です。車内で行う確認に関しては運転時に気を付けるだけで確認出来ますから、時には車両の様子を伺いながら運転することも重要です。

スタッドレスタイヤの交換に対応しているカーリース会社とカーリース契約を結んだ場合でも、スタッドレスタイヤへの交換は利用者のリクエストに応じて対応するケースもあります。

スタッドレスタイヤは冬期運転の安全には欠かせないものですから、利用者自身がスタッドレスタイヤへの交換時期を早めに判断するべきだと言えるでしょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースに興味がある方必見!契約から納車までの流れを人気のカーリース会社別にご紹介

最近注目の車の利用方法でもあるカーリース。月々の支払いを一定額にすることができるというメリットがあるので、利用を検討している人も多いのではないでしょうか。カーリースの利用において、気になるのは、契約から納車までの流れですよね。今回は、カーリースの契約から納車までを、代表的なカーリース会社を例に出しながらまとめていきます。