カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーリース費用は前払い?後払い?カーリースの仕組みや手続きの流れまでわかりやすく解説!

カーリースの費用は前払いでしょうか、それとも後払いでしょうか?今回は、カーリースの支払い方法について、カーリースの仕組みや手続き方法と併せてご説明します!

まずは知っておきたいカーリースの基本的な仕組みとは?

カーリースの基本的な仕組みについて見てみましょう。

カーリースは、リース料を支払うことでカーリース会社から定められた期間車を貸し出してもらえるサービスで、契約者が希望する車をカーリース会社がディーラーから購入して貸し出す仕組みになっています。リースする車はいろいろなメーカーや車種から自由に選べますし、カーナビやETC、バックアイカメラなどのオプションを付けることも可能です。

カーリースの契約期間は3年、5年、7年、9年などの長期にわたるのが一般的で、リースした車をまるでマイカーのような感覚で楽しめます。ただし、車の所有者はあくまでもカーリース会社です。車検証の所有者欄にはカーリース会社の名前が載り、使用者欄に契約者の名前が記載されます。

個人向けのカーリースの場合、月々のリース料に車両代だけではなく、登録諸費用、自動車取得税、自動車税、重量税、自賠責保険料、車検基本料などがすべて含まれていることが多いです。さらに、メンテナンスパックを付けることで、点検整備やオイル類、消耗部品の交換なども契約内容に含めることができます。

このように、カーリースでは車両代以外の諸々の費用が月々定額のリース料に含まれますので、車に関係する出費額が安定して家計のやり繰りが非常にしやすいというメリットがあります。また、税金の支払いや車検、メンテナンスをカーリース会社にお任せできますので、手間をかけずに車を維持していけます。

カーリースの契約には多くの場合に「残価設定」があります。残価設定とは、契約満了時点での車の予想下取り価格(残価)をあらかじめ定め、その金額を車両価格から差し引いてリース料を決めることです。つまり、契約者は車両価格全額を負担するわけではありませんから、購入の場合よりも車両に対する支払いを安く抑えることができます。

カーリースの契約が満了した時には、下記の4つの選択肢が契約者に与えられるのが一般的です。

1 車を返却してリースを終了する
2 車を返却して別の車をリースする(乗り換え)
3 リースを延長する(再リース)
4 残価で車を買い取る

 

カーリース費用の支払い方法は前払い?後払い?

では、カーリースの費用はどのようにして支払うのでしょうか?

支払方法には、銀行の口座振替やクレジットカード払いなどがあります。支払いのタイミングはカーリース会社によって異なりますが、契約開始月の翌月に1回目と2回目のリース料を同時に支払い、それ以降は前払いでも後払いでもなく毎月カーリースが定める日付にその月のリース料を支払っていくことになるケースが多いです。

また、カーリースにはボーナス払いと均等払いがあります。ボーナス払いは、年1回~2回のボーナス月に通常の月よりも多く料金を支払う方法です。ボーナス月の負担が大きくなる一方で、通常の月の支払いを安く抑えられます。

均等払いは、ボーナス払いをしない方法です。契約期間中ずっと毎月同じ金額を支払い続けます。ボーナス払いにするか均等払いにするかは契約者が自分の希望に合わせて決められますが、契約の途中で変更することはできません。

 

頭金を前払いしておけば月々のカーリース費用が抑えられる!

カーリースはローン購入とは違って頭金が不要です。ですから、まとまった初期費用を出さずに手軽に利用を開始できます。でも、これは頭金を前払いできないということではありません。契約者が希望する場合には、頭金を前払いすることが可能です。では、頭金を前払いで入れることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

まず、まとまったお金を頭金として前払いすると、月々の支払額を安く抑えることができます。また、支払う利息(リース料率分)を減らすことができ、支払総額も安くなります。

頭金を前払いする場合と、頭金を入れない場合とで、月額リース料と支払総額にどのような差が生じるのかを、人気カーリースサービスの「コスモスマートビークル」の「ホンダ N-BOX G 2WD」の見積もり額(5年契約)を例に見てみましょう。

頭金(30万円)を前払いする場合

月額リース料: 21,384円

5年間の支払総額: 1,583,040円(300,000円+21,384円×60カ月)

頭金を前払いしない場合

月額リース料: 27,108円

5年間の支払総額: 1,626,480円(27,108円×60カ月)

※料金は税込表示です。
※月間走行距離を1,000km、メンテナンスパックをシルバーパック(ライトメンテナンス)に設定した場合の料金です。
※料金は2018年12月16日現在のものです。料金は変更になる場合があります。

この例ですと、月額リース料には6千円近い差が、支払総額には4万円以上の差が生じることになりますね。このように、頭金を前払いすることには確かにメリットがありますから、資金に余裕があるようでしたら頭金を入れることをおすすめします。

 

カーリースの申込手続きの流れや必要な書類は?

最後に、カーリースの申込手続きの流れと必要書類についてご説明します。

申込の手続きを開始するには、まずカーリース会社を選択しなければなりません。その際には、価格だけに注目するのではなく、契約期間の長さやリース料の内訳、制限走行距離、中途解約の可否、残価設定の有無など、サービスや契約の具体的な内容についても確認し、総合的に見てお得なところを選ぶようにしましょう。

カーリース会社が決まったら見積もりの依頼をします。見積もりの依頼はメールや電話、店舗などでもできますが、今ではWEBサイト上で簡単に見積もりを確認できるカーリース会社も少なくありません。

見積もりを確認して金額に納得がいったら、審査の申込をします。審査についてもWEBサイトで簡単に申込ができるところがあります。審査に必要な書類は基本的に審査の申込書だけです(※この段階で本人確認書類の提出を求めるカーリース会社もあります)。

連帯保証人が必要だと判断された場合には、連帯保証人の身元確認書類のコピーも提出しなければなりません。カーリース会社によって審査結果が当日に分かる場合もあれば、1~2日かかることもあります。

審査に通過したら、契約の段階に進みます。申込内容の確認や最終調整などをした後に、カーリース会社から契約書が送られてきます。契約書に目を通して内容に問題がなければ記入および捺印をして返送するか、店舗に提出しましょう。その際には、本人確認書類と支払いに利用する口座の番号を証明する書類(キャッシュカードや通帳のコピー)なども必要です。

契約書を交わして無事に契約が成立すると、カーリース会社がディーラーに車を発注します。その後、ディーラーから車両登録に関する書類一式が届きますので、住民票、委任状(車の登録申請を代行してもらうため)、車庫証明などを揃えた上で返送します。車両登録が済むと、ディーラーが納車してくれます。契約成立から納車までにかかる時間は通常1~2カ月くらいです。

カーリースの申込手続きは難しくなく、申込から契約まですべてをWEB上で完了できるカーリース会社もあります。もしカーリースに魅力を感じるなら、自分に合うプランを探して申し込んでみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースには走行距離の制限がある!リース車の契約時に確認しておくべきこと

わずかな初期費用と定額で好きな車に乗ることができるカーリースですが、そのほとんどは「走行できる距離」が決められています。どのように決められているのか?うっかりオーバーしてしまうとどうなるのか?など、今回はカーリースの走行距離について、他にも確認しておきたいポイントと併せて解説をします。

カーリース契約時の審査不要!審査なしの業者まとめ

カーリースは頭金などの初期費用や月々の支払いを抑えながら車に乗ることができるとても便利なサービスですが、リース期間中はローンと同じように毎月支払いをしていかなければなりませんので、基本的には借りるための「審査」があります。具体的にどのような審査基準があるのか、もし審査に落ちてしまった場合はどうすれば良いか、などについて解説をいたします。

車をリースで購入する場合の値段と月々の費用まとめ

リースで車を購入する際の最重要ポイントは月々の支払金額といった方が多いと思います。しかし、各業者のHPをみても本当にその金額で抑えられるのか、その他の費用は必要ないのかなど様々な点が不安になります。ここでは、リース車を購入した際の月々の支払いやその他にかかる費用などを詳しく解説していきます。