カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーローンの即日融資は可能?カーローン以外の選択肢についても解説

車両代金を分割払いにできるカーローンはすぐにクルマが欲しいという人にとって非常に便利な方法です。よく「即日」と謳う宣伝を見ますが、即日融資してもらえるのでしょうか?今回はカーローンの即日融資は可能なのか、その他の選択肢についても解説します。

カーローンの種類と特徴

カーローンと一口に言ってもいくつかの種類があり、それぞれの特徴を見ながら選ぶことができます。まずはカーローンの種類と特徴について確認しましょう。

・銀行系カーローン

銀行系カーローンは銀行に直接借入金を申し込んで分割で返済するローン形式です。銀行系カーローンはほかのローン形式に比べて低金利なので最初にチェックするべきだと言えます。

車を自分の名義にすることができるので、ローンの借り換えや車の買い替えなどがしやすくなります。ローンの用途も幅広く、新車はもちろん中古車にも利用できますし、カーナビなどのカー用品、車検費用にも利用することができます。

ただし審査基準が厳しく、結果が出るまでに時間がかかるというデメリットがあります。銀行に足を運んだり、手間のかかる手続きをしたりしなければならず、面倒に感じる人もいるようです。

・ディーラー系ローン

ディーラー系ローンはディーラーと提携している信販会社のローンを組む方法です。ディーラーでその場ですぐにローン契約が結べますし、審査も比較的通りやすいです。割引やオプションなどの特典サービスがあるとお得です。

ただし銀行系ローンに比べると金利が高いので、銀行系ローンと比較しながら選ぶことが大切です。キャンペーンで金利を低くすることもあるので、公式サイトを随時チェックしておくといいでしょう。

ローンの適用は車両代金のみで、その他の諸費用は別に用意しなければならないので注意が必要です。また、ローン完済まではクルマは自分の名義にならないことも忘れないでください。

・残価設定クレジット

「残クレ」とも呼ばれますが、ディーラーが用意しているローン形態で、提携している信託会社とローン契約を結びます。ローン返済が終わった時のクルマの価値、つまり下取り価格を割り引いてローン契約を結ぶので、支払額が安くなるのがメリットです。

下取り価格の保証はありますが、設定されている走行距離の制限をオーバーしたり、汚れや傷があったりすると追加料金を請求されるので注意しなければなりません。もちろん自由にカスタマイズすることはできません。

・自社ローン

自社ローンは中古車販売店が独自に提供するローン形式です。金融機関を通さないで、各店舗が独自に審査基準を設けるため、審査に通りやすいと言われています。中には「頭金なし、審査なし」と宣伝しているところもあります。

自社ローンは金融商品ではないので金利0%です。中古車販売店が車両代金を立て替えることになります。しかし金利分の利益を車両代金に上乗せしている場合があるので、総支払額はほかのローンよりも高くなってしまうことがあります。

ローンの返済が終わるまで車の所有権は中古車販売店になります。返済が遅れると損害金が請求されたり、車を引き上げられたりする場合もあるので注意が必要です。さらに販売店が潰れてしまうというリスクも無きにしもあらずです。

 

カーローンの即日融資は可能なのか?

カーローンで「即日」という言葉が強調されていることがありますが、これは即日融資ではなく即日審査のことを指すことがほとんどです。即日審査とは申し込んだその日のうちに審査結果が出ることです。

即日審査が出るのはディーラー系カーローンで、提携している信託会社とのつながりが深いこともあってすぐに融資(ローンを組む)をしてもらえます。ディーラーでそのまま手続きをしてスピーディーにクルマの購入ができるので便利です。

銀行系カーローンの場合は即日審査ができません。というのは、2018年1月より、お金を貸す時は暴力団関係者でないことを確認してからでないといけなくなったからです。そのため銀行系カーローンは即日融資が原則的に不可能だと考えることができます。

即日融資が可能なディーラーローンですが、即日納車という意味ではありません。新車の場合は在庫確認や納車準備があるので、平均的に3週間から1か月くらいかかるとされています。

「即日」と謳っている金融機関は、即日で審査してもらえるかどうかが分かると理解すればいいでしょう。即日審査が無理な銀行系カーローンでも、仮審査ですぐに借り入れ可能な金額をチェックすることは可能です。

 

出来れば即日融資がいい!カーローン以外の選択肢はあるのか

即日審査・融資に応じている選択肢として消費者金融キャッシングやカードローン、銀行カードローンを挙げることができます。使い道は自由ですが、カーローンの代わりに利用するのはおすすめできない理由があるのでここで説明します。

・消費者金融キャッシングやカードローン

消費者金融キャッシングやカードローンは申込内容に不備がなければ審査体制が整っているため即日融資が受けやすいのが特徴です。しかし金利は一般のカーローンに比べて非常に高く、借入金額や期間によって莫大な利息を返済しなければならなくなります。

金利が高いだけでなく、借入限度額もそれほど多くないので、無理して消費者金融キャッシングやカードローンを利用する必要はないでしょう。

・銀行カードローン

すでに持っている銀行のクレジットカードを使うなら、即日融資が可能です。とはいってもクレジットカードには限度額があるので、車両価格によって使用できない場合があります。

限度額内であれば審査されることなくほぼ即日融資が可能でしょう。しかしリボ払いにすると金利が消費者金融と変わらないくらい高くなるので、利息による負担は大きくなります。

 

すぐに新車に乗りたければカーリースという選択肢もある!

即日審査や即日融資について考えてきましたが、手続きを早めることによってすぐにクルマに乗り始めることができるのがカーローンの便利なところです。とはいえ新車をその場で即日納車してもらうことは不可能です。

車の納車には、車庫証明などの登録書類を揃えるなどしなければならない準備があります。新車でも中古車でも同じで、これらの作業時間を考えると契約から納車まで1~2週間はかかると言われています。

新車の場合はメーカーに在庫がなければ生産を待たなければならないので、契約から納車まで3週間~1か月くらいかかることがあります。オプションを装備すればさらに納車までの時間がかかると考えたほうがいいでしょう。

車の一括購入をするために貯金をしている時間がない、さらにできるだけ早く車を手に入れたいという場合は、カーリースの利用も検討することをおすすめします。

カーリースは希望するクルマをリース会社が購入して貸し出すサービスです。その他の購入方法と同じように契約してから納車まで同じくらいの時間がかかります。

カーリースの場合、毎月定額のリース料金に車両価格と登録諸費用、税金、自賠責保険、車検基本料などの諸費用が含まれています。車の維持を楽にして、家計の管理も安定させたいという人たちに人気のサービスです。

納車までの期間はリース会社にもよりますが、「カーコンカーリースもろコミ」だと契約から納車まで最短14日の「即納車」のプランを用意しています。

「即日」を気にするあまり金利の高いローンを選ぶくらいなら、メリットの多いサービスを提供しているカーリースの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

関連する記事

いまさら人に聞けない!?カーリースの基礎知識と用語集!

最近注目の車の利用法でもある「カーリース」。これまでは、車を購入したり、カーシェアをしたりといった利用法が一般的ではありましたが、料金面などのメリットから、カーリースを選ぶ人が増えています。 そんなカーリースですが、知らない人にとっては、気にはなるけど、内容がよくわからないサービスかもしれません。今回は「カーリース」に関する基礎知識や用語について解説します。

頭金なしで新車に乗れる!カーリースの魅力をご紹介!

新しい形の車との付き合い方としてカーリースのサービスが人気を集めています。昔はカーリースと言えば法人向けのサービスでしたが、今は個人でカーリースを利用する人も大勢います。なお、個人で利用できるサービスの中には、頭金なしで利用できるカーリースもあります。今回は、カーリースの頭金について考えてみます。

ローンが通らなくてもカーリースができる!自社ローンの仕組みとメリット・デメリット

カーリースは、基本的に信販会社と契約を結ぶことで利用することができます。つまり、審査に通らなければ利用はできないということになります。 審査に通らなそうだからと言って、金利の高いローン契約をしてしまうのも考え物です。そんな方におすすめなのが「自社ローン」となります。 ここでは、自社ローンの仕組みと自社ローンでカーリースする際のメリット・デメリットについて詳しく答えます。

カーリースで4WDに乗ってみよう!人気の4DWリース車の種類や価格をピックアップ!

カーリースは基本的に全メーカー・全車種から車を選択することが可能です。車のグレードや駆動方式も自由に選ぶことができます。もちろん、駆動方式が「4WD」の車も利用することができます。今回は4WDの魅力を解説すると共に、4WDのカーリース料金の相場もお教えします。