カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

カーローンの金利をお得にするには?変動金利型と固定金利型の比較

カーローンを利用してマイカーを購入する場合、なるべくお得にしたいのが金利ではないでしょうか?カーローンには銀行や信販会社が運営するものが多く、その種類や条件はさまざまです。 ここでは、そんなカーローンの金利と、シンプルで金利に煩わされないカーリースを比較して、お得な情報をご紹介します。

カーローンの変動金利型と固定金利型の違いを比較

銀行系・信用金庫系といわれるカーローンは、各地の銀行や信用金庫、大手の銀行が運営しているカーローンとのことです。銀行系のカーローンには主に2種類の形態があり、金利の設定にちがいがあります。

ここからはそれぞれの特徴とメリット、デメリットをみていきましょう。

変動金利型とは

変動金利型のローンとは、市場の金利の動向に合わせて、大抵は半年に一度の見直しがなされる金利のことです。多くの場合、固定金利よりも利率が低く設定されていて、景気にそれほどの動きがなければ低金利で支払うことができるというメリットがあります。しかし景気が良くなり続け市場の金利が高くなると、見直しの際に引き上げられることになり、固定金利よりも高い利率で払わなければならなくなるというデメリットがあります。

固定金利型とは

固定金利型のローンとは、固定された金利で返済を続けるローンのことです。返済期間中は金利が変わらず、変動金利のように景気の動向に左右されることはありません。

つまり、毎月の返済額は同じなので返済の総額も変わらず、家計のやりくりがしやすいというメリットがあります。しかし、変動金利よりも利率が高い設定というデメリットがあります。

銀行系のカーローンでは、この変動金利型と固定金利型のどちらかを採用しており、各銀行によって利率や審査条件が決められて、それに基づいて借入ができるようになっています。

では、カーローンの金利でリスクが少ないのはどっちでしょうか?

 

カーローンの金利でリスクを少なくするには?

カーローンの金利でリスクを少なくするにはどっちを選ぶのが良いでしょうか?

これは難しい質問です。経済や市場は常に変わって行くので、ある場合は変動金利の方がかなりお得に返済できるということは考えられます。

例えで考えてみると、舗装されて少し遠回りな道路と近道だけど未舗装の山道にたとえられるかもしれません。近道の山道は未舗装なために、もしかしたらぬかるみがあるかもしれず、木が倒れているかもしれません。でも、もしかしたら何も起こらずスッと目的地に着く事ができるかのうせいもあります。

一方、舗装されていて走りやすいけど、少し遠回りな道は時間がかかる分、安心感や安定といった付加価値を手に入れる事ができます。

そういう意味で金利のリスクを考えると、景気の影響を受けないという点では固定型の方が少ないリスクで安定して払い続ける事ができると言えるかもしれません。

 

比較でわかる!金利がお得なカーローン

ではここからは、実際に金利の変動によってどれぐらいの差が出るのかをシミュレーションしながら比較してみたいと思います。

借入額を200万円に設定し、5年ローン、ボーナス払い無しの条件にするとどのように変わってくるでしょうか?

比較!変動金利型のシミュレーション

上記の条件で2%、4%、7%の金利の場合、毎月の返金がどのように変わるかを比較していきましょう。

・変動金利型:金利が2%の場合
毎月の返済:   35,056円
返済の総額:2,103,360円
金利の総額:  103,360円

・変動金利型:金利が4%の場合
毎月の返済:   36,833円
返済の総額:2,209,980円
金利の総額:  209,980円

・変動金利型:金利が7%の場合
毎月の返済:   39,602円
返済の総額:2,376,120円
金利の総額:  376,120円

比較してみると、金利が2%の場合と7%の場合では、毎月の支払額に4,500円以上の差が出てしまっています。

もちろんこれは極端な比較例ではありますが、ローンを組んで早い段階で、金利が上がれば後々の支払いや、総額にかなりの差が出てしまうでしょう。もし上がらなければ、低金利でお得に支払うことができるとも言えます。

比較!固定金利型のシミュレーション

固定金利型のローンについても上記と同様の条件で中間の3.5%でシミュレーションして比較してみます。

・金利が3.5%の場合(借入額200万円、5年ローン、ボーナス払い無し)
毎月の返済:   36,383円
返済の総額:2,182,980円
金利の総額:  182,980円

この様に、固定金利であれば、同じ金額を安定して払うため、リスクは少ないといえます。

景気の変動などの条件によっては、どちらがお得かは変わってくるので借入を検討する際はそのローンについてよく調べることが大切になってくるでしょう。

 

金利の変動に煩わされたくないならカーリース!カーローンとカーリースを比較

カーローンは種類や条件によって金利が設定されていることがわかりました。固定であれ変動であれ金利に煩わされるよりも、もっとシンプルに車に乗りたいという方も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめなのがカーリースです。カーリースは、最近新しい車の乗り方として多く普及してきています。

そんなカーリースなら、カーローンのように金利が発生することもなく、定額で車に乗ることができます。しかも、メンテナンスや車検費用が込みのものもあり、ますます便利な車の乗り方となってきています。

また、カーリースは頭金0円という大きなメリットもあるうえ、カーリース会社の中には契約満了でクルマがもらえる、さらにはお得な成約特典がついていることもあります。

新車を取り扱うカーリースであれば、購入時と同様に自分で車種・グレード・カラーを選ぶことができますし、申し込みはインターネットで行うことができるので、自分のペースでじっくりと考えることもできます。

例えばカーコンカーリースもろコミは契約満了でクルマがもらえますので、カーローンを組んで購入した車、つまり自分の車同様の乗り方をすることも可能です。

カーリース会社によっては契約満了で車を返却しなければなりませんが、前述のとおりカーコンカーリースもろコミのように車をもらえる会社もあるので、金利で頭を悩ませるより、カーリースを利用した方がお得な場合もあるでしょう。

確かに、カーリースにカーローン、金利と聞くと、「なんだか難しくてよくわからない」と感じて“なんとなく”で決めてしまいたくなるかもしれません。その気持ちはよくわかります。実際のところ簡単な話ではないからです。さらに、車の購入となると金利だけでも結構なお金が動きます。ですから簡単に決めてしまわないように、慎重に比較、検討していきたいところです。

カーローンに関係する金利や手続きに煩わられたくないなら、ぜひともカーリースという選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

カーリースを利用したらキズをつけてしまった!保証はどうなる?

車は欲しいけれど維持費が高額だし、毎日乗るわけでもない、残念だけどマイカーを所有することはできない、と諦めている人も多いのではないでしょうか。しかしカーリースを利用すれば、簡単・安全に車のある便利な日常が手に入ります。 そこで「カーリース車にキズをつけたときの保証はあるの?」「どういう仕組み?」と、まだまだ分からないことだらけという人のために、ここではカーリースでキズをつけてしまった場合の保証について詳しく解説していきます。

ネット審査が可能な注目のカーリースをご紹介!

カーリースの利用を申し込むうえで必ずといっていいほどあるのが審査ですよね。カーリースを利用する上で、料金を支払う能力があるかどうかを審査されるのですが、この審査に通過できないとカーリースを利用することができません。また、カーリースの審査は店頭だけではなく、ネットでも可能なカーリースが多くあります。今回はカーリースのネット審査を中心にまとめていきます。

安い車検サービスを提供している会社はなぜ他社より安くできる?トラブルの心配は?

車検には多額の費用がかかります。そのため、安い車検サービスの利用を考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、「安いからには何か問題があるのではないか?」と心配されている方も少なくないはずです。そこで、今回の記事では、安い車検サービス提供会社がどうやって料金を安くしているのかについて解説します。

車検費用に含まれている“印紙代”ってどういうもの?金額はどれくらい?

車を維持するうえで定期的に受けなければいけない車検は、車検費用が決して安くはないことなどから、多くの方にとって頭の痛い問題なのではないでしょうか。車検整備費用などは依頼先によってリーズナブルに抑えることができますが、法定費用に関しては節約しようがなく、腹立たしい存在だと言えるでしょう。 特に法定費用に含まれる「印紙代」に対して、何の費用なのか理解できないと感じている方も少なくないかと思われます。車を維持する以上、免れることができない車検システムを少しでも理解するために、車検費用に含まれる「印紙代」について紹介します。