カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

ガソリンスタンドで車検を行う際の注目ポイントは?メリットやデメリットとあわせて解説!

車検はディーラーや民間整備工場、車検専門店などだけではなく、わたしたちが普段給油でお世話になっているガソリンスタンドで行うことも可能です。では、ガソリンスタンドの車検にはどんな特徴があるのでしょうか?

ガソリンスタンドで行う車検にはどのような特徴がある?

ガソリンスタンドの車検とは一体どのようなものなのでしょうか?

ガソリンスタンドに自社工場がある場合には、ガソリンスタンドのスタッフがそこで車検のための整備や検査を実施してくれます。ただし、ガソリンスタンドの敷地に工場がないこともあり、その場合には、提携先の修理工場や下請けの整備工場などに車を回して車検を行うことになります。

他の車検業者に依頼する場合もそうですが、ガソリンスタンドで車検を受ける場合には、事前に見積もりを出してもらい、金額に納得がいったら予約をして、後日実際に車検を実施してもらうという流れになります。ただし、ガソリンスタンドに「指定工場」がある場合には、必要書類が揃っていれば、予約した当日にそのまま車検を実施してもらうことも可能です。

※「指定工場」とは、国の定める基準を満たしており、運輸支局に代わって車検の検査を実施することが認められている工場のことです。

 

ガソリンスタンドで車検を受ける事で得られるメリットとは?

車検をガソリンスタンドで受ける事にはどんなメリットがあるのでしょうか?

以下でそのメリットをご紹介します。

手軽に利用できる

ガソリンスタンドは給油のために日頃から利用していますので、非常に身近な存在と言えるでしょう。頻繁に利用しているガソリンスタンドであれば、スタッフとも顔見知りになっており、気軽に車検の申込みができるかもしれません。また、ガソリンスタンドは営業時間が長く、24時間営業の所も少なくありませんし、休日も開いています。

そのため、仕事で平日の日中に時間がとれない方でも、ガソリンスタンドなら車検の申込みに行きやすいでしょう。また、チェーン展開している大手のガソリンスタンドであれば、車検のサービス内容や料金が均一化されており、非常に利用しやすくなっています。

料金が安い

ガソリンスタンドの車検は、ディーラーや民間整備工場で受ける車検に比べて料金が割安になっています。「早期申込み割引」などのキャンペーンを実施している所もあり、そうした機会を上手に活用すれば、さらにお得な料金で車検を受けることが可能です。ガソリンスタンドの車検は費用を安く抑えたい方にもおすすめと言えます。

特典が付く

ガソリンスタンドによっては、車検を申し込んだ方を対象に、「ガソリン割引」や「洗車サービス」、「車内清掃」などのお得な特典やサービスを用意している場合があります。

 

ガソリンスタンドで車検を受けるとデメリットはある?

前の項目でガソリンスタンドの車検のメリットについて見ましたが、注意しなければならないデメリットもあります。ここで、そのデメリットについて見てみましょう。

時間がかかる

前述の通り、自社工場がないガソリンスタンドでは、他の工場に車を回して車検を実施しますので、車を預けてから車検が完了するまでに時間がかかり、日帰りの車検は難しいと言えるでしょう。ただし、自社工場、その中でも特に指定工場があるガソリンスタンドでは、その日のうちに車検を終えることができます。

代車サービスがない場合がある

ガソリンスタンドには、代車を置いていないことが多いです。そのため、代車を利用するためには前もって予約しなければなりません。また、代車サービス自体を一切提供していないガソリンスタンドもありますので注意が必要です。

整備能力にやや不安がある

ガソリンスタンドには、経験豊富な整備士がいないことが多く、ディーラーなどと比べると整備の質が劣る可能性が高いです。また、他の整備工場に車を回す場合には、誰が整備をしているのかも分からず、不安に感じる方もいることでしょう。

車の引き取りや納車のサービスがない

ガソリンスタンドでは、基本的に車の引き取りサービスには対応していませんので、自分で車を持ち込む必要があります。そのため、車検切れなどで公道を走れない車は別途レッカー移動を依頼したり、仮ナンバーを取得したりするなど、余計に費用と手間がかかってしまいます。また、車検後の納車サービスもありませんから、自分で車を取りに行かなければなりません。

 

車検に時間やお金をかけたくないならカーリースがおすすめ!

今回は、ガソリンスタンドの車検の特徴について見てきました。メリットとデメリットの両面がありますので、よく考えてからガソリンスタンドに車検をお願いするかを決めるようにしましょう。

車検にはまとまった出費が伴います。また、車検をどの業者に依頼するかを考えたり、予約や申し込みをしたりなど、車検にはいろいろと時間もかかります。そのため、車検を面倒に感じている車のユーザーも多いかもしれません。そんな方におすすめなのが、今話題のカーリースです。

カーリースは、毎月定額のリース料を支払うことで、カーリース会社から3年、5年、7年などの期間車を貸し出してもらえるサービスです。そして、毎月のリース料には、「自動車重量税」、「自賠責保険料」、「車検基本料」などの車検費用が含まれていることが多いので、車検が来る度にお金のやり繰りで苦労するということはありません。また、車検の手続きもカーリース会社にお任せできますので、手間を省けてストレスなく車を維持していけます。

※「車検基本料」とは24ヶ月点検整備や車検代行手数料などのことです。契約の種類にもよりますが、車検に通すために別途部品交換や修理が必要になった場合の費用は、基本的にはユーザーが負担することになります。

カーリースの料金に含まれているのは、車検費用だけではありません。新車登録諸費用や自動車取得税、毎年の自動車税もコミコミになっています。また、契約によっては、オイル類・消耗部品の交換といったメンテナンス費用も料金に含めることができます。そのため、毎月の車に関係する出費がフラットになり、家計のやり繰りがとてもしやすいです。

しかも、ローン購入とは違って頭金が基本的に不要ですので、最初にまとまった額の出費が発生するということもありません。カーリースなら手軽に新車に乗り始めることができるのです。

※リース料の内訳は、カーリース会社や契約プランによって異なります。契約前に必ず確認するようにしましょう。

この項目で見てきたように、カーリースなら車検時の悩みが解消され、手軽に新車を楽しんでいくことができます。もし今、車の乗り換えや新車の購入を考えているのであれば、カーリースの利用をおすすめします。きっと、便利で快適なカーライフを送ることができるでしょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

「1年間だけ車が必要になった」。そんな時は車を購入?カーリース?

急に車が必要になったとしましょう。しかしながら、1年後には不要になることが分かっています。そんな時はどうしたらいいでしょうか?新車を購入して1年後に売却、中古車を購入して1年後に売却、あるいは、1年間カーリースを利用など、いったいどの方法が一番良いのでしょうか?

リース車のパーツ交換やカスタマイズはしても良い?カーリースの基本的なルールを知っておこう

車好きの方にとっては、パーツ交換やカスタマイズをするのも車の楽しみ方の1つだと思います。では、カーリースで利用している車のパーツ交換やカスタマイズは自由にできるのでしょうか?今回は、カスタマイズについてのカーリースの基本的なルールについてご説明します!