カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

ガソリン代を節約したい人必見!ハイブリッド車をカーリースしてお得にドライブを楽しもう

昔は車と言えばガソリン車ばかりでしたが、技術の進歩に伴い、「ハイブリッド車」が登場しました。街中でもよく見かけるようになり、ハイブリッド車はもはや珍しい存在ではなくなってきています。では、カーリースでハイブリッド車は利用することができるのでしょうか?

ハイブリッドカーとはどんな車?メリットやデメリットなど

ハイブリッドカーとは?

「ハイブリッド」は英語で「異なった要素を混ぜ合わせたもの、組み合わせたもの」という意味です。「ハイブリッドカー」とは広い意味では「動力源が2つ以上ある車」のことですが、一般には「ガソリン」と「電気」を動力源とした車のことを指します。

ハイブリッドカーのメリット

燃費がいい

ハイブリッド車の場合、エンジンだけではなく、電気で動かしているモーターも動力源となっていますので、燃費性能が高いです。エンジンのみの場合と比べると燃費性能がおよそ1.5倍~2倍になると言われています。ただし、高速域ではエンジンを積極的に動力源とするシステムになっていますので、高速域の燃費性能はそれほど高くないと言われています。

税金を節約できる

ハイブリッドカーは「グリーン投資減税」の対象となっていますので、税金を節約することができます。

走行音が静か

エンジンではガソリンが燃える音や部品がこすれる音が発生しますが、モーターではそのようなことがありません。そのため、ハイブリッドカーがモーターで走行している時は非常に静かです。

エンジンが長持ちする

動力源がエンジン以外にモーターにもある分、エンジンへの負担が軽減されて長持ちすると言われています。

環境にやさしい

モーターはエンジンとは違って排気ガスを出しませんので、ハイブリッドカーは環境にやさしい車と言えます。

ハイブリッドカーのデメリット

車両価格が割高

同じくらいの大きさや排気量のガソリン車と比べると、ハイブリッドカーは数十万円くらい高い価格設定となっています。モーターや発電機、バッテリーなどの装備が必要だからです。ただし、中古でも比較的高く売れる傾向にありますので、売却時に元は取れる可能性があります。

バッテリーに寿命がある

ハイブリッドカーには大容量の駆動用バッテリーが搭載されていますが、このバッテリーには寿命があり、交換には高額な費用がかかります。ただし、近年ではバッテリーの耐久性が向上しており、この問題は解決されつつあります。例えば「トヨタ自動車」ではバッテリーの保証の条件を、新車を登録した日から5年間、走行距離を100,000kmとしていますので、100,000kmは余裕でもつと考えていいでしょう。

走行音が静か過ぎる

走行音が静かなのはメリットなのですが、静か過ぎることが逆にデメリットとなってしまう場合があります。というのも、走行音が静かなために接近していることに歩行者が気づかず、事故につながることがあるのです。このため、あえて走行音が出るようにしたり、歩行者が近づくと警告音がなるようにしたりしている車種もあります。

 

代表的な人気ハイブリッドカーをピックアップ!

ここで、代表的な人気ハイブリッドカーをいくつかご紹介します。

・トヨタ プリウス

ハイブリッドカーと言えば、「トヨタ プリウス」を連想する方も多いのではないでしょうか?まさに世界を代表するハイブリッドカーと言えます。初代のものから燃費性能や居住空間などの点で進化を続けており、その人気は衰えることを知りません。

・トヨタ アクア

コンパクトで運転がしやすい、超低燃費ハイブリッドカーです。「トヨタハイブリッドシステム」をより小型化することで、十分な室内空間も確保しています。

・ホンダ フリードハイブリッド

抜群の環境性能と燃費性能を誇るコンパクトミニバンです。子育て中のファミリーにピッタリなハイブリッドカーです。

・ホンダ フィットハイブリッド

ハイブリッドカーの中でもトップクラスの燃費性能を誇っています。安全性も重視しており、安全性能総合評価で最高ランクの「5つ星」を獲得しています。

 

ハイブリッド車をカーリースすることはできる?

では、ハイブリッド車をカーリースすることは可能なのでしょうか?

もちろん、可能です。カーリースなら月々定額の料金で無理なくハイブリッド車に乗ることができます。ここで、ハイブリッド車のカーリースの料金例を見てみましょう。

・トヨタ C-HR (グレード:S ハイブリッド)

7年契約:月額45,036円(税込)
9年契約:月額38,644円(税込)

※「カーコンビニ倶楽部株式会社」のカーリース「カーコンカーリースもろこみ」で試算を確認しました。走行距離制限は2,000km/月です。

・トヨタ アクア(グレード:L)

5年契約:月額33,696円
7年契約:月額31,320円
9年契約:月額26,568円

※「オリックス自動車株式会社」のカーリース「いまのりくん」で試算を確認しました。走行距離制限は2,000km/月です。

・ホンダ ヴェゼル(グレード:HYBRID)

3年契約:月額55,296円
5年契約:月額43,308円
7年契約:月額38,880円

※「コスモ石油マーケティング株式会社」のカーリース「コスモスマートビークル」で試算を確認しました。走行距離制限は1,000km/月です。

※カーリースの料金は2018年5月15日現在のものです。料金は変更になる場合があります。

 

ガソリン代節約にはハイブリッドカー以外の選択肢も

ハイブリッドカーのメリットの1つに「燃費がいい」というのがありましたね。ハイブリッドカーに乗れば、ガソリン代をかなり節約することができます。実際、この点を重視してハイブリッドカーを選んでいる方も多いのではないでしょうか。

さらに、カーリースならハイブリッドカーではなくてもガソリン代を節約できる場合があります。というのも、契約者にガソリン代の補助や割引のサービスを実施しているカーリース会社が存在するからです。

例えば、「カーコンカーリースもろコミ」では、カーリースの契約期間中にガソリン1ℓあたり何と20円(毎月最大2,000円)をキャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中ですから、この特典を利用することでガソリン代を節約することが可能です。

毎月2,000円のキャッシュバックを受けたとすると、年間で24,000円になり、9年契約の場合は最大で21,6000円ものガソリン代を節約することができます。

※キャンペーン・サービスの内容は予告なく変更・終了する場合があります。詳しくは、カーコンカーリースもろコミHPまたはもろコミ販売店にて確認して下さい。

また「コスモスマートビークル」のカーリースでは、フルメンテナンスリースの「ゴールドパック」の利用者にはガソリン1ℓあたり5円引き、ライトメンテナンスリースの「シルバーパック」の利用者には3円引き、メンテナンス無しの「ホワイトパック」の利用者には1円引きの特典を用意しています(毎月最大100ℓまでの上限があります)。

※詳しくは、コスモスマートビークルHPで確認して下さい。

このような特典付きのカーリースサービスを利用すれば、ハイブリッドカーではない自分好みの車でも、ガソリン代を節約しながらカーライフを楽しむことができますね。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースを利用した場合、整備や点検は誰がどこで行う?費用はドライバー負担?気になるリース車のメンテナンスについて

カーリースした車は自分で点検や整備を行うのでしょうか。それとも、カーリース会社が全部行うのでしょうか?今回は、カーリースした車の点検や整備などメンテナンスに関して、知っておきたい基礎知識やメリットなどを交えて、分かりやすく説明します

岡山県でカーリースを利用したいと考えている方必見!県内のカーリース会社をご紹介!

車は特に地方都市に暮らす人々にとって、生活の足となる欠かせないものです。一方で、車を購入しようとすると、初期費用だけでも高額になってしまいます。そこで、おすすめしたいのがカーリースです。今回はカーリースのメリットを紹介し、地方都市の中でも岡山県に注目したうえで、岡山県内のカーリース会社を紹介します。