カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

コンパクトカー、お得に乗るならリース!?それともローン!?

ローン、レンタカー、リース…ライフスタイルの変化に伴って車の乗り方も多様化してきました。今回はコンパクトカーにお得に乗れるリースについて、ローンやレンタカーとの比較も交えて詳しく解説します。

カーリースとは?ローンやレンタカーとの違いは?

今、人気急上昇中のカーリースはレンタカーともローンとも違う、全く別の新しい車の乗り方です。

比較項目 レンタカー ローン カーリース
期間 数時間や数日などごく短期間
(一部長期もあり)
好きなだけ 3年、5年、7年、9年
などの長期間
所有者 レンタカー会社 購入者 リース会社
使用者 レンタカー会社 購入者 契約者
車種・グレードなど レンタカー会社の在庫の中から選択 自分が好きなものを選べる 自分が好きなものを選べる
ナンバー 「わ」または「れ」が
つくナンバーのみ
自家用車向けナンバー
(希望ナンバーもOK)
自分が好きなものを選べる
オプション 取り付けられない 全ての選択肢から自由に
取り付けられる
選択肢は少ないがリース会社が
用意したものであれば取り付けられる

3者の主な違いはこのような点です。レンタカーでもなくローンでもない、新しい乗り方のカーリース、その魅力はどこにあるのでしょうか?

 

カーリースの魅力はこんなにある!

カーリースは、リース会社が購入した新車を月々のリース料金を支払うことで一定期間、自分の車のように乗ることができます。原則として頭金は不要ですので、少ない初期費用で乗り始めることができます。

 

《カーリースの魅力》

(1)月々の支払額が安定!

頭金が不要なうえに月々のリース料金が安定しているため、家計にも精神的にもとても安心感があります。リース料金の中には、リース期間中の車検代、自賠責保険料、各種税金やメンテナンス費用まで含まれていることがほとんどです。

 

そのため車検や税金の支払い月にまとまったお金が必要になるという心配もありません。なお、ボーナス払い併用の場合や、初回、最終回の支払いなどは多少金額が変わります。

 

(2)ローンよりもお得に乗れる!

カーリースでは契約時に「残価」を設定して車両本体価格から差し引きます。例えば200万円の車をローンと7年リースで購入した時の違いは次のようになります。

 

■ローン:200万円+諸経費+金利=月々のローン額

■カーリース:200万円-50万円(残価)+諸費用+金利=月々のリース料金

 

*残価とは?

リース期間満了後に、その車にどれくらいの価値が残っているかをあらかじめ予測し、設定しておくものです。上記の例では7年後に50万円の価値が残っているという設定です。

 

このように、同じ車であっても残価設定がある分だけローンよりも安く乗ることができます。

 

(3)各種手続きや支払い、修理なども一任できる!

自動車税、自動車重量税、自賠責保険料、車検、法定点検…車の維持には様々な費用や手続きが必要になります。また、万が一事故を起こしてしまった際にも保険会社とのやりとりや修理の手配なども必要になります。

 

ローンで購入した場合はこれらを全て自分で行わなければなりませんが、カーリースでは全てリース会社に一任することができます。

 

カーリースにはこのように様々な魅力が満載です。「安く乗り始めたい」「ワンランク上の車に乗ってみたい」「面倒な手続きなどを任せたい」といった方には最適です。

 

カーリースを利用するなら覚えておきたい注意点

もちろん、カーリースも決して良い面だけではありません。利用する前に知っておきたい注意点を解説します。

■カスタマイズはできない!

所有者はリース会社のため、自分の好きなように改造・カスタマイズすることは原則としてできません。勝手に改造してしまうと違約金の対象になったり、返却時に元に戻す費用が発生します。

■途中での解約は不可!

原則としてリース期間中の中途解約はできません。何かしらの事情でどうしても解約をしなければならない場合は、解約金あるいは残金の一括払いなどを求められる可能性があります。

■走りすぎには注意!

リース会社や契約内容にもよりますが「月間○kmまで」「年間○kmまで」など、リース期間中に走行できる距離が決められています。オーバーしてしまうと超過料金が発生します。

 

このような点は契約前に知っておきたいところです。「好きなようにカスタマイズしたい」「長距離を乗る機会が多い」「解約する可能性がある」という方はじっくり検討しましょう。

 

コンパクトカーをリースするならどのリース業者がオススメ!?

コンパクトカーとは主に「5」ナンバーサイズで、排気量1,000cc~1,500ccほどの小型クラスに分類されます。小回りも利き運転しやすいため、街乗り用やセカンドカーとしてとても高い人気があります。

 

代表的な車種としては「トヨタ・ヴィッツ」「日産・ノート」「ダイハツ・ブーン」などがあります。

《コンパクトカーが安いリース業者3選》

もろコミ(カーコンビニ倶楽部)

カーコンビニ倶楽部のもろコミは、業界トップクラスのトータルサポートによって大人気のリース業者です。月々の支払いも契約者が自由設計できるなど、オリジナルのサービスを展開しています。最大の魅力ポイントはリース期間満了後に車がもらえることです。

 

車種:ヴィッツ1.3F

期間:9年リース(7年も可→商談時に問い合わせ)

料金:ボーナス払い併用で月々13,500円(ボーナス時加算額68,688円×年2回)

*毎月均等払いを希望する場合は27,972円

 

車種:ノートX

期間:9年リース(7年も可→商談時に問い合わせ)

料金:ボーナス払い併用で月々13,500円(ボーナス時加算額46,008円×年2回)

*毎月均等払いを希望する場合は27,540円

 

定額ニコノリパック

定額ニコノリパックはその名の通り毎月定額で乗ることができます。リース期間中は現金での給油に限り、数量無制限でガソリンが店頭価格から1L5円引きになるパックもあります。

 

車種:ノートS

期間:5年リース

料金:ボーナス払い併用で月々21,600円(ボーナス時加算額60,912円×年2回)

*毎月均等払いを希望する場合は31,752円

 

車種:ブーンX

期間:5年リース

料金:ボーナス払い併用で月々21,600円(ボーナス時加算額27,216円×年2回)

*毎月金等払いを希望する場合は26,136円

 

オリックスカーリース

オリックスカーリースはリース期間が5年、7年、9年の3パターンから選ぶことができるのが特徴です。7年、9年リースではリース期間満了後にその車がもらえます。

 

車種:ノート

期間:5年、7年、9年リース

料金:5年月々33,696円/7年月々28,080円/9年月々23,976円

*ボーナス払い併用の場合はボーナス時加算額を設定可能(ただし上限あり)

 

車種:ヴィッツ

期間:5年、7年、9年リース

料金:5年月々30,888円/7年月々26,676円/9年月々22,680円

*ボーナス払い併用の場合はボーナス時加算額を設定可能(ただし上限あり)

 

上記の料金に加えて、各リース業者が用意しているメンテナンスパック(月々2,000円~3,000円程度)に加入すると、消耗品の交換や法定点検などの費用の負担も大幅に軽減されます。

 

コンパクトカーに乗りたい方はぜひ、カーリースを検討してみてはいかがでしょうか。

人気カーリースを見る

 

関連する記事

軽自動車を白ナンバーに変更できる!その方法を徹底解説!

あなたは軽自動車の黄色いナンバーを白ナンバーに変更できるのをご存知でしょうか?「そんなことできるはずがない」と言う方もいるかもしれませんが、実は今、期間限定で変更が可能になっているのです。実際に2017年4月から既に、特別仕様に変更できる軽自動車の白ナンバー交付が始まっています。

カーリースと割賦(かっぷ)は同じもの?カーリース・レンタル・割賦の違いを解説!

マイカー購入とレンタルの違いは分かるけれど、カーリースと割賦(かっぷ)の違いとなると、はっきりと説明できない方もいます。この記事では、カーリースとレンタル、割賦の違いを詳しく説明します。違いを見極めて、ご自分にふさわしい利用方法を見つけましょう!