カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

スペーシアカスタムはカーリースで乗ろう!頭金なし&定額の魅力や各社の料金を比較

軽自動車の中でもひときわ精悍な顔立ちのスペーシアカスタム。ローンにするかカーリースにするか、迷っていませんか?この記事では、カーリースの魅力や注意点をローンとの違いを交えながら解説するとともに、カーリース各社のスペーシアカスタムの料金を比較しています。ぜひ参考にしてください。

スペーシアカスタムはカーリースがおすすめ!頭金なし&定額の魅力

車を買うためのお金を借りるのが「ローン」、自分が乗りたい車をカーリース会社から借りるのが「カーリース」です。新しい車の乗り方として人気を集めています。

なぜ人気なのか、その理由や魅力を解説します。

頭金なしでイニシャルコストを大幅に軽減

スペーシアカスタムをローンで購入する場合、自己資金からまとまった頭金を用意するのが一般的です。

車両本体価格の2〜3割が相場とされていますので、税込160.6万円の「HYBRID GS 2WD CVT」で言うと32〜50万円近い頭金を入れることになります。

一方、同じスペーシアカスタムの新車に乗る場合でも、カーリースなら頭金は必要ありません。

イニシャルコストを大きく押さえられるため、その分をオプションやグレードアップに回したり、急な出費のために残しておいたりできます。

月々定額で維持費の支払い・管理が楽々

ローンで購入した場合、毎月の支払いに加え、車検時に「自賠責保険料」「自動車重量税」「整備費用」などが、毎年5月頃には「自動車税」の支払いが必要になります。

これらまとまった費用はその都度必要になるため、車の維持にかかる出費が安定しないのが欠点です。そのうえ、支払いや管理も自分で行わなければなりません。

片やカーリースは「車両本体価格」のほか、リース期間中の「自動車税」「自賠責保険料」「自動車重量税」などがすべて、毎月のリース料金に含まれています。

リース料金は毎月一定額なので、ローンで購入したときのように出費が不安定になることはありません。

また、カーリースしたスペーシアカスタムの「所有者」はカーリース会社となるため、実際の支払いや管理はすべて、カーリース会社がおこなってくれます。

ほかにも豊富なメリットが

これらはカーリースの大きな魅力ですが、ほかにもメリットがあります。

例えば、オプションでメンテナンスパックをつければ、点検・整備が苦手な方でもプロの手で、常にベストコンディションのスペーシアカスタムに乗ることができます。

また、ローンでは次の新車を買う場合、できるだけ高く売却するために買い取り店を何軒も回ったり、傷や凹みをきれいにしたりと、時間やお金がかかってしまうことがあります。

カーリースなら、リース期間満了後は返却して次の新車をリース契約するだけで済むので、乗り換えも容易です。

初期費用の少なさ、毎月の出費の安定感、維持費の管理にかかる負担の少なさ、利便性など、カーリースの魅力が広まったことで利用者が一気に増えています。

 

スペーシアカスタムをカーリースする際の注意点

失敗しないカーライフを送るためには、カーリースの特性をしっかり認識しておくことが大切です。

スペーシアカスタムをカーリースする場合、次のようなポイントに注意しましょう。

走行距離設定は入念にシミュレーションしておこう

一般的なカーリースは、「月間1,000km」などリース期間中の走行距離が決められています。

例えば、片道20kmの会社に20日出勤したとすると、単純計算で「40km(往復)× 20日=800km」です。

週末に少し遠出したり連休に旅行したりすると、あっという間に1,000kmを超えてしまいます。

超えてしまうと1km単位で超過料金を精算しなければならないため、日々、どれくらい車を使うのかシミュレーションし、余裕を持った走行距離を選んでおくことが大切です。

カスタマイズは原則不可、個性派は特に注意しよう

一般的なカーリースは、リース期間満了後に車を返却するのが前提です。その際、「原状回復」が原則です。

リース期間中に勝手にカスタマイズしてしまうと、違約金が生じる、または原状回復費用もしくは修理費用がかかる可能性があります。

個性派の方は、カーナビ、エアロパーツなど契約時にオプションとして付けられるか確認しておきましょう。

もしリース期間中にカスタマイズしたくなった場合は、それが可能かどうか、必ず事前に確認するようにしましょう。

中途解約はリスク大、任意保険には必ず加入しよう

リース料金はリース期間をもとに算出しています。途中で解約されてしまうと、カーリース会社は大きな損害を被ることになってしまいます。

そのため、一般的なカーリースでは基本的に中途解約がNGになっています。ただ、全損事故などでやむを得ず解約しなければならないこともあります。

その場合、残金や解約手数料、修理が必要であれば修理費用なども、まとめて支払わなければなりません。

万が一の事態に備え、車両保険をはじめとする任意保険には、必ず加入しておきましょう。

カーコンビニ倶楽部株式会社のカーコンカーリースもろコミのように、カーリース専用の自動車保険を用意しているカーリース会社を利用するのもおすすめです。

 

カーリース各社のスペーシアカスタムの料金と特徴を比較

ここまで、カーリースの魅力と注意点を解説してきました。次は、カーリース各社のスペーシアカスタムの料金と特長を比較していきます。

なお、掲載している料金は2019年10月の調査時点のものです。税込・ボーナス払いなし(月々定額)のプランを選んだ場合の料金です。グレードやモデル、オプションの有無などによって料金が変わります。

定額ニコノリパック

スペーシアカスタム HYBRID GS

5年リース:29,370円

選べるプランは5年リースのみ、契約満了後は返却が基本です(希望により買い取りも可能です)。

リース期間中、オイル交換9回(半年ごと)やバッテリー液補充などの軽微なメンテナンスがセットになっています。5年60,000km(月間1,000km)の走行距離が設定されています。

リースナブル

スペーシアカスタム HYBRID XS

5年リース:25,080円

リーズナブルなカーリースですが、上記プランはサイドバイザーとフロアマットのみで、その他メンテナンスなどのオプションは付いていません。

また、解約はいつでもOKのようですが、場合によっては費用が発生します。走行可能な距離も明示されていないため、契約前に確認が必要です。

コスモスマートビークル

スペーシアカスタム HYBRID GS

3年リース:40,150円

5年リース:28,820円

7年リース:24,200円

上記はメンテナンスが付帯しないホワイトパックの料金です。月間100Lまでガソリン代が1円/L割引されます。シルバーパック(同3円引き)、ゴールドパック(同5円引き)もあります。

月間走行距離は500km、1,000km、1,500kmがあるため、より無駄の少ない、ライフスタイルに近いプランを選べます。

カーコンカーリースもろコミ

スペーシアカスタム HYBRID GS

もろコミ7:28,270円

もろコミ9:23,870円

もろコミ7特選車:34,430円

「月間2,000km」と、業界最長クラスの走行距離設定が特徴のカーリースです。もろコミ7ともろコミ9は、契約満了2年前から返却や乗り換えも自由に選べます(原則解約金不要)。

メンテナンスパック、カーアクセサリーセットなどオプションが充実しているほか、カーリース専用の自動車保険もあるため、カーリースが初めての方も利用しやすいでしょう。

 

スペーシアカスタムがもらえるカーリースがおすすめ

カーリース各社、それぞれに特徴がありますが、同じスペーシアカスタムをカーリースするなら、カーコンカーリースもろコミがおすすめです。

上記で紹介したいずれのプランでも、契約満了まで利用するとスペーシアカスタムがもらえるためです。

最終的に自分のものになるわけですから、走行距離を気にしたり、カスタマイズを気にしたりせず、自分で買ったときと同じように乗ることができます。

もしリース期間中に車が手狭になってしまった場合でも、契約満了2年前から返却や乗り換えができますので、安心ですよね。

料金ももちろん大切ですが、こうしたカーリース会社の特徴も踏まえて、より利用しやすいと思えるカーリースを探しましょう。

人気カーリースを見る

関連する記事

五年契約のカーリースプランにはどんなものがある?おすすめの3つをご紹介!

カーリースを契約する際にはリース期間を設定しなければいけません。個人のカーリースでは一般的に五年、七年、九年であることが多いです。契約期間中は同じ車を乗り続け、リース料金を払い続けなければいけないので、自分に合ったリース期間で契約することは大切だと言えるでしょう。 契約期間はカーリース会社によって固定で決められていることもあれば、契約期間を選べることもあります。ここでは五年の契約期間でのカーリースを検討している人に向けて、五年のカーリースプランがあるカーリース会社を紹介します。

カーリースの費用についてのまとめ

長期間にわたって車を借りて楽しめるカーリースサービスですが、利用する場合に一番気になるのはその費用です。そもそもカーリースの月々の料金はどのようにして設定されているのか?リース料以外にかかる費用はないのか?カーリースは費用面で本当にお得だと言えるのか? など、ここではそんな気になるカーリースの費用の疑問に答えていきたいと思います。

車検はいつからいつまで受けられるの?見積もりから当日の流れまで詳しく解説

車を持っていると必ずやってくるものが「車検」です。何年かごとに受けるのは知っていても、いつまでなのかはあやふやかもしれません。しかし、車検をいつまでに受けるのか、手続きをしっかり知っておくことは大切です。いつのまにか有効期限が迫っていて満了日を過ぎてしまうと面倒なことになってしまいます。 車検をいつまでに受ければいいのでしょうか。この機会に、車検の手続きはどのような流れで行われるのか、しっかり把握しておきましょう。