カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

セダンをカーリースする場合の価格相場は?おすすめの業者と併せてご紹介

安定した走りが特長のセダンタイプは、ハイブリッドタイプも出てきており、燃費も向上しています。カーリースでもセダンは根強い人気があり、多くのドライバーに愛されています。セダンをカーリースする際、価格相場はどれくらいなのでしょうか?

セダンで人気の車種は?

トヨタ プリウス

ハイブリッドの先駆者として、人気を保ち続ける、日本が誇る車です。環境にやさしい車の代名詞と言ってもいいかもしれません。電気で動くモーターによるアシストがあるので、燃費はリッター当たり30キロを超えます。

トヨタ プリウスが年間20万台の売上をキープできるのは、やはりその燃費でしょう。グレードやオプションにより、価格が200万円代後半から300万円と決して安くはありませんが、ランニングコストを考えれば、長く乗る人にとってかなりお得です。

加えて、最近のトヨタ プリウスは、カラーバリエーションも豊富で、よりスポーティーなのが特長です。ハイブリッドかつスタイリッシュな外観は、若者層にも人気がある理由の1つです。さすが「日本カーオブザイヤー」だと言えるでしょう。

トヨタ カローラアクシオ

トヨタ車のロングセラーといえば、カローラです。時代の流れに合わせて、その形を変え、絶えず人気を保ってきました。年間3万台を超える販売台数は、そのネームバリューと、長年にわたって築いてきた信頼によるものです。

ここ数年ずっとマイナーチェンジでしたが、近くフルモデルチェンジが行われ、3ナンバー化すると考えられています。特に、アクシオには特殊なエンジンが搭載されており、心地の良い走りを実現しています。

マツダ アクセラセダン

マツダ アクセラはデミオと並んで、マツダブランドの2トップとなっています。デミオがハッチバックで小ぶりなのに対し、アクセラはセダンのフォルムを保ち続けています。落ち着いたカラーリングが、広い年代層に受け入れられる理由の1つです。

マツダ アクセラでおもしろいのが、ハイブリッドとディーゼル、ガソリンのグレードがあるということです。ディーゼルにはディーゼルなりの良さがあり、ハイブリッドにはハイブリッドのメリットがあります。ガソリンエンジンのモデルならマニュアル車が選べるというのも良いですね。

マツダ アクセラセダンのハイブリッドタイプは最高出力が181馬力となっており、この数字はセダンにしてはかなり大きく、高速道路などでも快適な走りを体感できます。それでいて、価格が100万円代後半からというリーズナブルさが魅力です。マツダが生んだ傑作と言えるでしょう。

クラウン アスリート

根強い人気を誇るのがクラウンです。クラウンというブランドの存在感が強すぎて、メーカーがトヨタという事があまり知られていないほどです。クラウンにも3ナンバーと5ナンバーがありますが、やはり3ナンバーの方が幅も広く重厚感があります。

3ナンバーで、ハイブリッド車モデルは321馬力となっています。それでいて、燃費はリッター当たり21キロを超えるなど、そのコストパフォーマンスもかなり魅力的です。ただ単に表面だけを繕った車ではなく、セダンの王者という代名詞がふさわしい普通車です。

クラウンは富裕層のセカンドカーとしての用途が多く、販売台数も安定しています。2015年は44,315台、2016年は39,813台で、今後の伸びにも期待したいところです。

スバル レガシィB4

セダンタイプの売上上位はほとんどトヨタ車が独占状態ですが、その中でも確固とした立ち位置をキープしているのが、スバルのレガシィB4です。価格が300万円からと高級車レンジに入るため、中年層に人気があります。

スバルのラインナップにはSUVタイプもありますが、セダンタイプも人気です。レガシィB4はスバル特有の水平対向エンジンや、4WDの安定した走りなど、魅力がたくさん詰まったセダンとなっています。トランスミッションはCVTを採用しており、非常に滑らかな走りが特長です。

燃費の伸びは良いとはいえないものの、一般的なセダンの基準はクリアしています。水平対向エンジンの走りを体感してみたいなら、カーリースしてみるのもオススメです。

 

セダンをカーリースした場合の相場は?

走りや外観が非常に魅力的なセダンですが、最近ではハイブリッドタイプのセダンもメーカー各社から出ているため、コストも抑えられます。まずは例として、スバル レガシィB4をカーリースした場合を考えてみましょう。

オリックス カーリース・オンラインでスバル レガシィB4をカーリースした場合、走行距離制限は最高1,500キロとなります。グレードは2.5リッターのスタンダードモデルを選択し、オプションは何も付けないものとします。

この場合、カーリース代金は月々49,572円(税込価格)となります。メンテナンスを自分で行う場合はこの価格で、オリックスに任せるのであれば、プラス10,000円の料金となります。個人でマイカーリースをするなら、少し負担が大きいかもしれません。

オリックス カーリース・オンラインにはトヨタ カローラアクシオのカーリースもあります。1.5リッターと、排気量が小さいカローラアクシオのようなセダンだと、毎月24,408円で、レガシィB4と比べるとかなりお得です。

上記、レガシィB4とカローラアクシオのカーリース料金は、7年リースの場合です。オリックス カーリース・オンラインでは、3、4、5、6、7年を選ぶことができ、期間が短くなるほど、月々の料金も高くなります。

 

セダンを所有する場合、カーリースとローン購入どっちがお得?

では、セダンに乗りたい場合、カーリースとローン購入、どちらがオトクなのでしょうか?オリックス カーリース・オンラインとトヨタの公式サイトで、一度シミュレーションしてみましょう。

例えば、トヨタ カローラアクシオを7年カーリースした場合、1,500キロの走行距離制限がかかって、オプションなし、月々は税込で24,408円です。

一方、カローラアクシオを新車で購入する場合、支払総額は208万8,997円となります。7年ローンで、分割で払うと、月々24,869円で、これに利息がプラスされます。

こうして比較してみると、セダンをローン購入した場合と、カーリースした場合の価格の差はそこまで大きくありません。もし、法人でセダンを利用する事を考えているなら、カーリースがおすすめです。

 

セダンを取扱っているおすすめのカーリース業者を紹介

豊富なセダンから選びたいなら、セダンのラインナップが豊富なオリックス カーリース・オンラインがおすすめです。セダンタイプだけでも29種類あり、レクサス、フーガ、クラウンマジェスタ等の高級セダンもカーリースできます。

カーコンカーリースもろコミは、公式ホームページで掲載しているセダンの種類は少ないものの、月々の負担が小さいのが特長です。カーコンカーリースもろコミのセダンなら、人気のプリウスSをカーリースできます。燃費が良いので、長期のカーリースにおすすめです。

なお、カーコンカーリースもろコミは、公式サイトには載っていないセダンなどの国産乗用車全車種を取扱っているので、一度店頭に問い合わせてみることをオススメします。(※ただし、PHV(プラグインハイブリッド自動車)、PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル)、EV(電気自動車)など一部車両除く)

カーコンカーリースもろコミのセダンなら、トヨタ プリウスの7年リースで月々20,088円となっています。上限100リットルで、1リットル当たり20円分のガソリン代キャッシュバックも受けられます。

このように、セダンタイプのカーリースは法人向け以外に、個人向けのマイカーリースでも利用できます。ハイブリッド車や高級セダンも、月々固定の支払額で乗れるのが魅力的です。
人気カーリースを見る

関連する記事

車検にかかる費用は高い?安い?気になる費用の内訳も解説!

車検は車を保有している限り、避けては通れませんが、その費用がどのような内訳になっているのかまではあまり把握していないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは、車検制度そのものについてと、車検費用の詳細な内訳、そして車検費用が高くなるのはどんな場合なのかをチェックしてみましょう。

車検はいつからいつまで受けられるの?見積もりから当日の流れまで詳しく解説

車を持っていると必ずやってくるものが「車検」です。何年かごとに受けるのは知っていても、いつまでなのかはあやふやかもしれません。しかし、車検をいつまでに受けるのか、手続きをしっかり知っておくことは大切です。いつのまにか有効期限が迫っていて満了日を過ぎてしまうと面倒なことになってしまいます。 車検をいつまでに受ければいいのでしょうか。この機会に、車検の手続きはどのような流れで行われるのか、しっかり把握しておきましょう。

カーリースの種類とは

「自分好みの車を持ちたい!」 「車があれば生活も便利になるし遠出も出来る!」 といった願いを持つ方は多いのではないでしょうか。 しかしながら、購入する時にまとまったお金を支払うことや、維持費を考えるとどうしても車購入に二の足を踏んでしまう人も少なくありません。 頭金、駐車場、登録費用、諸費用、毎回のガソリン代など、かかる費用は様々です。そんな時、「車は乗りたい時にすぐ使いたい」という人に「カーリース」が最適です。 今回は「カーリース」の車や支払い方法の種類など、「種類」に重点を置いて調べてみました。