カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

タイヤの点検は重要?車検前に知っておきたいセルフチェック方法を解説!

タイヤは車の安全性を大きく左右する部品であり、車検の時にもタイヤの状態は検査され、交換が必要になる場合もあります。そのため、車検の前に自分でタイヤのコンディションをチェックすることによって、車検時の整備費用が高くなるのを避けられます。今回はタイヤのセルフチェック方法を徹底解説します!

車検を通す為のタイヤの安全基準は溝!深さが重要な理由とは?

タイヤの溝は、雨の日に安全に走行するために、とても重要な役割を果たします。タイヤに溝がないと、雨が降って路面が水浸しになった場合に路面とタイヤの間に水が入り込んで、路面からタイヤがわずかに浮いた状態になり、スリップしやすくなってしまいます。

しかし、タイヤに溝があると溝が水を除去してくれるため、路面にタイヤがしっかり付いたままの状態を維持できてスリップしづらくなります。いわば、タイヤの溝は雨水の「排水溝」の役割をするというわけです。

タイヤの溝はその種類にもよりますが、平均すると新品の状態で8mmくらいの深さがあります。走行を重ねるごとにタイヤは摩耗していきますので、タイヤの溝も少しずつ減っていきます。ただ、溝が減るとすぐに性能が落ちるわけではありません。

一般的には、溝が半分減ったあたりから性能が落ち始めると言われています。タイヤの溝が2mmから3mmくらいになった時が交換のタイミングの目安だとよく言われますが、車の安全性を十分に確保するためには、タイヤの溝が半分を過ぎた時に交換することをおすすめします。

タイヤの溝の深さは車検時の検査でチェックされます。では、車検に通るためには溝の深さがどれくらい残っていることが必要なのでしょうか?

この点についてはルールがしっかり定められており、深さが1.6mm以上なければなりません。それを下回ると車検で不合格となります。しかし、これはあくまでも車検時の保安基準ですので、前述の通り安全に走行するためには溝が半分以下になった時、遅くとも溝が残り2mmから3mmになった時には交換した方が良いです。

 

車検前にはタイヤのこの部分をチェック!

ここで、タイヤのコンディションを自分で点検する方法をご紹介します。車を安全な状態に保つため、以下の5つのポイントを日頃から点検するようにしてください。

1 空気圧

走行前の冷えている状態の時に、定期的に空気圧を確認するようにしてください。空気圧を適正に保つことは走行性能の低下、燃費の悪化、偏摩耗、タイヤの損傷を防ぐために大切です。

適正空気圧は車種によって異なりますが、運転席側のドア付近もしくは給油口に空気圧表示シールが貼られていますので、それを見て確認できます。ちなみに、バルブやバルブコアは長く使用するうちに劣化して空気もれの原因となりますので、定期的な交換が必要です。

2 偏摩耗や片減り

タイヤに極端にすり減っているところがないかを点検してください。偏摩耗や片減りはタイヤの寿命を縮めてしまいます。それは空気圧が適正でないことやタイヤローテーションをしていないことが原因で生じますので、タイヤの偏った摩耗に気づいたら原因に応じた対策を講じましょう。

3 キズやひび割れ

キズやひび割れはパンクやバーストなどの原因となり、危険ですので、定期的に確認することが必要です。ただし、タイヤ内部のコードに達していないようなひび割れに関しては、特に問題ありません。判断が難しい場合はタイヤ販売店などに相談しましょう。

4 サイド部の膨らみ

タイヤのサイド部が膨らんでいないかを点検しましょう。サイドの一部が局部的に膨らんでいる場合は、タイヤ内部のコードが切れている可能性がありますので、タイヤ販売店などに相談しましょう。ちなみにタイヤの一部が逆にへこんでいるのは、タイヤの構造上発生することがあるものなので、特に問題ありません。

5 溝の深さ

前の項目でご説明した通り、タイヤの溝の深さを点検することは非常に重要です。

 

車検前にはタイヤのスリップサインにも注目しよう

タイヤの溝の中にはスリップサインという印があります。スリップサインの部分は約1.6mm盛り上がっていますので、タイヤの溝とスリップサインが同じ高さになることで、車検時の保安基準を満たしていないことが一目でわかる仕組みになっています。

スリップサインはタイヤのトレッド全周の4カ所から9カ所にありますが、どれか一つでもスリップサインが出ていると車検には通りません。また、雨天時にタイヤが滑りやすくなり、非常に危険な状態でもあります。ですから、タイヤの点検時にはスリップサインにも注目して、スリップサインが出ていたら、すぐにタイヤを交換するようにしましょう。

 

点検もコミコミ!カーリースで安心安全の車検サポートを受けよう

今回は、車検の前にタイヤをセルフチェックする重要性や方法について見てきました。でも、車にはタイヤ以外にもエンジンオイルやブレーキ、バッテリーなど点検や整備をしなければならない部分がたくさんあります。そのため、「点検整備の手間が面倒」、「メカに弱いので自分で点検整備をするのは難しい」という方も少なくないでしょう。

そんな方におすすめなのがカーリースです。

カーリースには、各種税金や自賠責保険料、車検基本料金がサービスに含まれているだけではなく、点検整備や消耗部品の交換などのメンテナンスも含まれるプランも存在します。これらのプランを利用すればメンテナンスをプロにお任せでき、安心安全のサポートを受けられるのです。

一例として、カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)のサービスを見てみましょう。

カーコンカーリースもろコミでは、基本のリース料金に車両価格、登録諸費用、自動車取得税、自動車税、重量税、自賠責保険料、車検基本料金などがすべてコミコミとなっていますが、メンテナンスパック(月々税込2,700円~)を付けることで、さらに充実したサービスを受けることが可能となっています。

メンテナンスパックの具体的な内容は下記の通りです。

・タイヤ4本セット(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・バッテリー交換(もろコミ7は1回、もろコミ9は2回)
・エンジンオイル交換(もろコミ7は6回、もろコミ9は8回)
・オイルエレメント交換(もろコミ7は6回、もろコミ9は8回)
・オートマチックオイル交換(もろコミ7は1回、もろコミ9は2回)
・ブレーキオイル交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)
・ブレーキパッド交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・Vベルト交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・LLC交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)
・点火プラグ交換(もろコミ7、もろコミ9ともに1回)
・ワイパーゴム交換(もろコミ7は2回、もろコミ9は3回)

※もろコミ7(7年リース)ともろコミ9(9年リース)ではメンテナンス回数が異なります。
※メンテナンスパックは軽自動車のみ、適用可能となっています(ただし、特選車を除く)。

このように、メンテナンスパックを利用すれば、車検だけではなく消耗部品の定期的な交換もサービスしてもらえますので安心です。「車をいつでも安全な状態にしておきたいけれど、自分で点検整備するのは難しい」という方は、是非メンテナンスサービスが付いたカーリースをご利用ください

人気カーリースを見る

関連する記事

車検はいつからいつまで受けられるの?見積もりから当日の流れまで詳しく解説

車を持っていると必ずやってくるものが「車検」です。何年かごとに受けるのは知っていても、いつまでなのかはあやふやかもしれません。しかし、車検をいつまでに受けるのか、手続きをしっかり知っておくことは大切です。いつのまにか有効期限が迫っていて満了日を過ぎてしまうと面倒なことになってしまいます。 車検をいつまでに受ければいいのでしょうか。この機会に、車検の手続きはどのような流れで行われるのか、しっかり把握しておきましょう。

2tトラックをカーリースすることは可能?トラックの維持費やカーリースを法人利用することのメリット・デメリットについて

カーリースでは、たくさんの車種から車を選んで利用することができます。では、2t車などのトラックをカーリースすることは可能なのでしょうか。2tトラックをカーリースするのは購入するよりもメリットがあると言えるのでしょうか?