カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

タントの全グレードを比較!グレード選びが重要な理由とは?

タントといえば大人気、ダイハツの軽トールワゴン・軽スーパーハイトワゴンですね。2007年の発売以来、時代とともに進化を遂げてきたタントですが、今回は現行4代目タントのグレードを徹底比較します。タントカスタムのグレードも紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

タントのグレード選びが重要な理由とは?

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/03_exterior.htm

タントに限ったことではありませんが、車のグレード選びは大変重要です。価格重視でグレードを妥協してしまう方も多いですが、グレードがひとつ違うだけで装備品や内装、走行性能などが変わってきます。

長いこと乗るわけですから、できるだけ使い勝手がよく快適であるほうがいいですよね。あとから「やっぱりもうひとつ上のグレードにすればよかった…」とならないように、グレードはきちんと選んでいきましょう。

 

タントの全グレードを比較!

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/03_exterior.htm

さっそく、タントのグレードを徹底比較していきます。なお、以下の情報および価格(メーカー小売希望価格・税込み)はすべて、2020年2月の調査時点でダイハツのホームページで確認できたものです。

タントの全グレードに共通する装備

最初は、タントのすべてのグレードに共通している装備を紹介します。

装備 概要
アイドリングストップ 信号待ちなどでエンジンを停止する機能
TAF & SOFI(タフアンドソフィ) 衝突安全ボディと乗員に優しい安全インテリア
ABS 急ブレーキでタイヤがロックするのを防ぎ安定性を保つ機能
VSC 車の横滑りを防止するための装置
SRSデュアルエアバッグ 運転席と助手席にSRSエアバッグを搭載している
エアコン エアーコンディショナー
パワステ パワーステアリング(操舵補助機構)
パワーウィンドウ スイッチ操作で開閉できる窓
車速感応式パワードアロック 車速に応じて自動でドアがロックされる機能
UVカットガラス 紫外線をある程度カットできるガラス
スモークガラス 中からは見えるが外からは見えにくい加工を施したガラス

これらは、どのグレードのタントを選んでも標準装備されています。続いて、タントのグレードごとの特徴を見ていきましょう。現行の4代目タントには大きく「L」「X」という2つのグレードが用意されています。

タント グレード「L」

タントのグレード「L」はさらに「スマートアシスト搭載車」と「非搭載車」に分かれます。

スマートアシスト搭載車

駆動方式 トランスミッション 価格 JC08モード燃費 WLTCモード燃費
2WD CVT 1,331,000円 27.2km/L 21.2km/L
4WD CVT 1,457,500円 25.4km/L 20.2km/L

スマートアシスト非搭載車

駆動方式 トランスミッション 価格 JC08モード燃費 WLTCモード燃費
2WD CVT 1,243,000円 27.2km/L 21.2km/L
4WD CVT 1,369,500円 25.4km/L 20.2km/L

タントのグレード「L」で注目したいのはスマートアシストです。衝突警報、衝突回避、車線逸脱警報、オートハイビームなど15個もの予防安全機能を搭載しています。価格はほとんど変わりませんから、タントのグレード「L」をお選びの方はぜひスマートアシスト搭載車をおすすめしたいです。

タント グレード「X」

タントのグレード「X」には「“セレクション”」「ターボ」「ターボ“セレクション”」などがラインナップされています。

X

駆動方式 トランスミッション 価格 JC08モード燃費 WLTCモード燃費
2WD CVT 1,490,500円 27.2Km/L 21.2Km/L
4WD CVT 1,617,000円 25.4Km/L 20.2Km/L

X“セレクション”

駆動方式 トランスミッション 価格 JC08モード燃費 WLTCモード燃費
2WD CVT 1,490,500円 27.2Km/L 21.2Km/L
4WD CVT 1,617,000円 25.4Km/L 20.2Km/L

Xターボ

駆動方式 トランスミッション 価格 JC08モード燃費 WLTCモード燃費
2WD CVT 1,589,500円 25.2Km/L 20.0Km/L
4WD CVT 1,716,000円 23.8Km/L 18.8Km/L

Xターボ“セレクション”

駆動方式 トランスミッション 価格 JC08モード燃費 WLTCモード燃費
2WD CVT 1,644,500円 24.8Km/L 20.0Km/L
4WD CVT 1,765,500円 23.8Km/L 18.8Km/L

タントのグレード「X」はもっともスタンダードなモデルです。スマートアシストは標準装備されています。

グレード「X“セレクション”」は2019年12月に追加されたグレードで、既存の車種をベースに開発されています。本来オプションだった「コンフォータブルパック」が標準装備されているにも関わらず「X」と価格が変わらないため割安感が満載のモデルです。

グレード「Xターボ」は、最高出力47kW [64PS] /6,400rpm、最大トルク100N・m [10.2kg・m]/3,600rpmを誇るターボエンジンを搭載したモデルです。パワフルな走りを体感できるでしょう。

そして「Xターボ“セレクション”」は、タントのグレード「X」における最上位モデルです。「コンフォータブルパック」「スマートクルーズパック」を標準装備しています。

 

タントカスタムのグレードは?

続いて、タントカスタムのグレードも比較していきましょう。タントカスタムには「L」「X」「RS」という3つのグレードが用意されています。

タントカスタム グレード「L」

タントカスタムのグレード「L」は1モデルのみのラインナップです。

L

駆動方式 トランスミッション 価格 JC08モード燃費 WLTCモード燃費
2WD CVT 1,578,500円 27.2Km/L 21.2Km/L
4WD CVT 1,705,000円 25.4Km/L 20.2Km/L

タントカスタムの中ではもっとも低いグレードが「L」です。ただしタントとは異なりスマートアシストが標準装備されています。

タントカスタム グレード「X」

タントカスタムのグレード「X」には「“セレクション”」がラインナップされています。

X

駆動方式 トランスミッション 価格 JC08モード燃費 WLTCモード燃費
2WD CVT 1,699,500円 27.2Km/L 21.2Km/L
4WD CVT 1,826,000円 25.4Km/L 20.2Km/L

X“セレクション”

駆動方式 トランスミッション 価格 JC08モード燃費 WLTCモード燃費
2WD CVT 1,721,500円 27.2Km/L 21.2Km/L
4WD CVT 1,842,500円 25.4Km/L 20.2Km/L

価格はほぼ同程度ですが「X“セレクション”」にはオプションの「コンフォータブルパック」と「スタイルパック」が標準装備されています。Xシリーズなら迷わず「X“セレクション”」をおすすめしたいです。

タントカスタム グレード「RS」

最後はタントカスタムのグレード「RS」を見ていきましょう。こちらも「RS」と「RS“セレクション”」の2モデルがラインナップされています。

RS

駆動方式 トランスミッション 価格 JC08モード燃費 WLTCモード燃費
2WD CVT 1,782,000円 25.2Km/L 20.0Km/L
4WD CVT 1,908,500円 23.8Km/L 18.8Km/L

RS“セレクション”

駆動方式 トランスミッション 価格 JC08モード燃費 WLTCモード燃費
2WD CVT 1,853,500円 24.8Km/L 20.0Km/L
4WD CVT 1,974,500円 23.8Km/L 18.8Km/L

「RS“セレクション”」は「コンフォータブルパック」「スマートクルーズパック」「スタイルパック」が標準装備されています。

タントとタントカスタムの違いとして、ドライブアシストイルミネーションがあります。これは、エコ運転時は緑、注意喚起時は赤、通常時は青といったように、運転状況にあわせてディスプレイの色が変わるというものです。

また、グレード「Xターボ」「X」「カスタムRS」「カスタムX」では4.2インチの液晶画面にさまざまなコンテンツやステータスなどを鮮やかに表示するTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを採用しています。

 

タントのグレード選びに迷ったら「“セレクション”」を検討してみては?

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/07_equipment.htm

タントおよびタントカスタムのグレードを比較してきました。お伝えしきれていませんが、ほかにもグレードによって追加可能なオプションが変わることもあります。快適なカーライフを楽しむなら、やはりグレードは慎重に選びましょう。

もし迷うことがあれば、通常ではオプションとなるパックが標準装備されている「“セレクション”」で検討してみてはいかがでしょうか?

ただ、価格重視の方はグレードを妥協しなければならない可能性もありますよね…。そこでおすすめしたいのがカーリースです。カーリースは頭金がいりませんので、初期費用を抑えてタントに乗り始められるだけでなく、ワンランク上のグレードにも手軽に乗ることができるサービスです。グレードに妥協したくない方はぜひカーリースを利用してみてはいかがでしょうか?

人気カーリースを見る

関連する記事

煩わしさゼロが魅力!カーリースの利用は、どんな人にオススメ?

カーリースが、一体どのような仕組みで車を利用できるのかわからないという人はまだ多いと思います。そこで今回は、カーリースの利用について、具体的な流れを解説するとともに、カーリースのメリットや利用者の口コミなども併せて紹介していきます。カーリースの利用を考えている方は、ぜひとも参考にしてみてください。