カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

トヨタレンタリースってどんなサービス?トヨタレンタリース以外でもトヨタ車をカーリースすることは可能?

数あるカーリースサービスの中に「トヨタレンタリース」というサービスがあります。その名の通り、トヨタ系列のカーリースサービスです。では、トヨタレンタリースはどんな特徴を持つサービスなのでしょうか。また、トヨタレンタリース以外でも、トヨタ車をリースすることは可能でしょうか?

カーリースの仕組みとは?どんなメリットがある?

カーリースの仕組み

まず、カーリースの仕組みについておさらいしておきましょう。カーリースは、車を一定期間、貸し出してもらえるサービスです。ユーザーは毎月リース料を支払います。カーリース会社は、在庫の中から車を貸し出すわけではなく、ユーザーが希望する車をディーラーから調達して貸し出します。

数時間から数日の利用を前提とするレンタカーとは違って、カーリースの契約期間は数年の長期に及ぶのが通常です。また、レンタカーのように「わ」ナンバーとはなりませんので、見た目でカーリースの車だということは誰にもわかりません。

カーリースのメリット

カーリースにはさまざまなメリットがあります。まず、頭金が基本的に不要ですので、無理のない負担で利用を開始できます。また、残価設定がある分、車両に対する支払い額を安く抑えることができます(残価設定がないカーリースプランもあります)。

さらに、車両代や登録諸費用だけではなく、各種税金や保険料、メンテナンス代などをリース料に含めることもできますので、車に関係する出費がフラットになり、お金の管理が楽です。税金の支払い、車検、メンテナンスなどの面倒な車の管理をカーリース会社に一任することも可能ですので、労力の節約にもなります。

法人や個人事業主がカーリースを利用する場合、リース料を全額経費として処理でき、固定資産として計上する必要がありませんので、節税につながる(※契約によってはカーリースもリース資産として計上しなければならない場合があります)というメリットもあります。

 

車メーカーでシェアNo1のトヨタが提供しているカーリースサービスとは?

ここで、国内自動車メーカーでシェアNo1を誇るトヨタが提供している、トヨタレンタリースの特徴やメリットについてご紹介します。トヨタレンタリースは、個人向けのカーリースと法人向けのカーリースを用意しています。

トヨタレンタリースの個人向けサービスの特徴

個人向けカーリースの特徴やメリットとしては、残価設定があります。トヨタの人気車であれば残価を高めに設定できますので、支払額がリーズナブルになり、同じ予算でワンランク上の車を楽しむことができます。

また、リース料には車両代、自動車取得税、自動車重量税、自賠責保険料のほか、毎年必要な自動車税も含まれています。さらに、任意保険や車検費用をリース料に組み込むプランも利用できますので、家計の管理が簡単です。

車はトヨタの全車種から選ぶことが可能で、契約期間は2年、3年、4年、5年の4タイプから設定することが可能です。契約満了時には、車を返却してリースを終了する以外にも、契約を延長(再リース)する、車を買い取る、新車に乗り換えるという選択肢もあります。

トヨタレンタリースの法人向けサービスの特徴

次に、法人向けのカーリースの特徴やメリットについても見てみましょう。法人向けサービスでも、残価設定をした上でリース料を算定していますので、コストを低く抑えることができます。

リース料に車両代、税金、保険のみが含まれるシンプルな「ファイナンスリース」と、車両代、税金、保険にメンテナンスやいろいろなサポートを加えた「メンテナンスリース」からサービスを選択できます。

トヨタレンタリースが、税金、保険の支払いを代行しますので、車の維持管理が楽になります。多くの車を保有するほど、このメリットは大きくなるでしょう。また、メンテナンスリースであれば、リース料以外に必要な車の維持費は、ガソリン代と駐車場代だけになりますので、経営計画や予算が立てやすくなります。

契約期間は3年から5年が主流となっていますが、トヨタレンタリースと相談しつつ、期間を設定できます。

 

トヨタレンタリース以外のカーリース会社ではどんなトヨタ車を取り扱っている?

もちろん、トヨタレンタリース以外のカーリース会社でも、トヨタ車をリースすることは可能です。ここで、主要なカーリース会社で扱っているトヨタ車の料金例をご紹介します。

コスモスマートビークル

メンテナンスパックを、「ゴールドパック」(フルメンテナンス)、「シルバーパック」(ライトメンテナンス)、「ホワイトパック」(メンテナンス無し)から選べるのが特徴です。また、月間走行距離も500km、1,000km、1,500km から選択できます。下記は、ゴールドパック、月間走行距離1,000kmを選択した場合の料金例です。

トヨタ ヴォクシー X 8人乗り

3年契約 月額65,664円(税込)
5年契約 月額52,704円(税込)
7年契約 月額46,656円(税込)

トヨタ アクア L

3年契約 月額51,624円(税込)
5年契約 月額40,284円(税込)
7年契約 月額35,964円(税込)

カーコンカーリースもろコミ

残価設定が0円で、契約満了時に車をそのままもらえます。しかも月々のリース料はリーズナブルです。今ならガソリン1ℓあたり20円(毎月最大2,000円)をキャッシュバックしてもらえるキャンペーンを実施中です(※2018年9月30日までに申し込んだ人が対象となります)。

月間走行距離の設定は2,000kmとなっています。下記の料金例には、「カーアクセサリー5点セット」や「メンテナンスパック」が付いています。(※メンテナンスパックは軽自動車のみ適応可能です)

トヨタ アクア Style Black

7年契約 月額25,596円(税込)、年2回のボーナス月加算額96,984円(税込)

オリックスカーリース

「いまのりくん」(5年契約)、「いまのりセブン」(7年契約)、「いまのりナイン」(9年契約)の3つの個人向けカーリースのプランを用意しています。いまのりくんは、契約満了の3年前から中途解約が可能になります。

いまのりセブンといまのりナインでは、契約満了時の2年前から中途解約ができるようになりますが、契約満了まで利用すると車をそのままもらえるプランとなっています。月間走行距離の設定は2,000kmです。

トヨタ アクア L

いまのりくん 月額33,696円(税込)
いまのりセブン 月額31,320円(税込)
いまのりナイン 月額26,568円(税込)

トヨタ プリウス E

いまのりくん 月額48,492円(税込)
いまのりセブン 月額41,796円(税込)
いまのりナイン 月額35,100円(税込)

※以上の料金例は2018年7月31日時点のものです。料金は変更になる場合があります。

 

カーリースを賢く利用して憧れのトヨタ車に乗ろう!

トヨタ車をリースするなら、大元であるトヨタレンタリースが一番安心と言えるかもしれません。純正品をオプションとして付けられますし、故障時などのサポートという点でも安心感があります。

ただ、「最終的に車を自分の所有物にしたい」、「少しでも月々のリース料を安く抑えたい」という人は、カーコンカーリースもろコミやオリックスカーリースなどの利用も検討すると良いでしょう。

いずれにしても、あらかじめ各カーリース会社のリース料やオプション、特典などをよく把握し、自分に最適なプランを選ぶようにするのが大切です。

人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースを利用中に乗り換えたくなったらどうする?乗り換えの流れや便利なサービスをご紹介!

カーリースは便利なサービスではありますが、契約期間が数年間単位で行われるサービスでもあるので、契約期間中の様々な変化に対応できるのか、気になりますよね。特に、契約期間中の車の乗換えは、誰もが気になるところでしょう。今回は、カーリースの利用中に乗り換えをしたくなった場合に、どのような選択肢が考えられるのかまとめていきます。

法人向けのカーリースはお得?経費の観点から徹底検証!

法人や個人事業主は利益を出すためになるべく経費の削減や節税をしたいと思っています。大きな経費がかかるものとして車を挙げることができます。事業を行なう上で車が必要であれば、それなりの経費を用意しなければなりません。 法人や個人事業主が車を必要とする場合、購入した方がよいのでしょうか、それともカーリースを利用した方がよいのでしょうか?経費などの観点から徹底検証します。

2tトラックをカーリースすることは可能?トラックの維持費やカーリースを法人利用することのメリット・デメリットについて

カーリースでは、たくさんの車種から車を選んで利用することができます。では、2t車などのトラックをカーリースすることは可能なのでしょうか。2tトラックをカーリースするのは購入するよりもメリットがあると言えるのでしょうか?