カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

トヨタ車の中でも人気の高いアクア!新車で乗るならカーリースがお得?

アクアは、性能の高さや低燃費が魅力の人気ハイブリッドカーです。しかし、その価格は決して安くはありません。「アクアに乗りたいけれど、値段が高い」とお悩みの方もいらっしゃることでしょう。実は、アクアの新車にリーズナブルに乗る方法として「カーリース」があります。この記事では、カーリースとは一体何なのか、その仕組みやメリットについて詳しく解説します。

カーリースってどういう仕組み?アクアのような人気車種も選べる?

カーリースとは、一言でいえば「カーリース会社から長期間に渡って車を借りる仕組み」のことです。カーは英語で車、リースは賃貸を意味します。カーリース会社にリース料金を払うことで、自分の好きな車に乗ることができます。アクアはもちろんこと、ほとんどのメーカーやグレードの国産車で利用できます。

車を借りると聞くと「レンタカー」を思い浮かべる方もいますが、カーリースはレンタカーとは仕組みが大きく異なります。

レンタカーは、不特定多数の利用者に車を貸し出すサービスです。レンタル期間は数日〜数週間と短いことが多く、月単位で借りれば、かなり割高になってしまいます。自分以外の人々も利用するため、汚れやタバコのにおいが気になる場合もあるでしょう。また、例えばアクアに乗りたいと思っても、必ずレンタカーのアクアに乗れるとは限りません。

一方で、カーリースは特定の契約者のみが車を使えるサービスです。貸出期間は7年や9年など、非常に長期間に渡ります。そのため、もしアクアを契約すれば、まるで自分がアクアを所有しているかのように使うことができるのです。

 

アクアに乗るならカーリースがオススメ!メリットとデメリットは?

カーリースのメリットとデメリットには、どのようなものがあるのか見ていきましょう。まず、カーリースのメリットとしては、以下の点が挙げられます。

ローン購入するよりも安いコストで済む

料金面については、ローンを組んで買うのに比べてリーズナブルです。契約者は、毎月リース料金を払う必要がありますが、実はこの料金は「車両本体価格の全額」ではありません。契約終了時の「予想残価」を差し引いた金額を払います。ややこしいので、以下でわかりやすく解説しましょう。

例えば、車両本体価格が200万円の車を7年間リース契約すると仮定します。7年後、まだその車には50万円の価値が残っていると考え、150万円分をリース料金の算出基礎とするわけです。つまり、もしアクアをローン購入すれば自分で全額支払う必要があるところを、カーリースではそこまで払わないので、お得といえます。

頭金を支払わなくてよい

ローンで車を購入しようとすると、始めにまとまった頭金が必要ですが、カーリースの場合は必ずしも必須ではありません。そのため、初期費用を抑えて車を乗り始めることができます。

月々の家計管理がしやすい

月々の支払い額がほぼ一定のため、会計を管理しやすいのもメリットです。ボーナス併用払いをすると一時的に変動する場合もありますが、基本的には、毎月払うリース料金は決まっています。リース料金には自動車税や車検基本料なども含まれているため、特定の時期にいきなり多額の出費が必要になる、ということがありません。

メリットが多い一方で、カーリースを利用する上では注意点もあります。主なものは、以下のとおりです。

契約満了後に車を買い取る場合、始めから自分で買うより割高になる

リース契約によっては、契約満了後に車を買い取ることができます。しかし、始めから現金一括払いやローンで車を買うよりも、結果的に支払い総額が高くなってしまうことが多いです。なぜなら、カーリースでは、リース料金に含まれている税金やメンテナンス費用にも金利が上乗せされているからです。カーリースを検討する際は、この点も考慮するとよいでしょう。

中途解約をすると、解約金など多額のお金が必要になる

リース契約を中途解約すると、多額のお金が必要になります。解約手数料のほか、未払いのリース料金や車の残価、交通事故に合った場合はその修理料金などをまとめて払わなければならないからです。そのため、基本的には、中途解約はしないものと考えることをおすすめします。事故を起こして強制的に中途解約、などということにならないよう、日頃から気をつけて運転しましょう。また、任意保険(車両保険)に入るのも忘れないようにしましょう。

自由に改造できない

カーリースでは、車の改造やカスタマイズが認められていない場合がほとんどです。車の所有者はあくまでカーリース会社であるため、もし勝手に改造した場合は、返却時に元の状態に戻す必要があります。場合によっては違約金を払う可能性もありますので、あくまで「借り物」であるということを忘れないようにしましょう。

制限距離があることが多い

リース契約によっては、走行距離に制限がかけられている場合があります。これは、契約期間満了後まで車の価値を残すためです。もし制限距離を超過したときは追加料金の支払いが発生する場合もありますので、日頃から走行メーターをチェックしておくとよいでしょう。

また、もしカーリースのチラシなどを見たとき、リース料金が極端に安い場合は制限距離が非常に短く設定されている可能性がありますので、注意しましょう。

 

カーリースでアクアに乗るにはいくら必要?カーリース会社ごとの料金を比較

実際に、カーリースを利用してアクアに乗る場合の料金はいくらなのでしょうか?代表的なカーリース会社の料金をピックアップしましたので、参考にしてください。

ORIX カーリース・オンライン

リース契約が5年、7年、9年の3パターン用意されており、自分のニーズやライフスタイルの変化に合わせやすいのが特徴です。

例えば、アクアのおすすめグレードである「2WD 5ドア S 5人 1500cc ガソリン CVT」に「フロアマット(純正)」のオプションを付けた場合は、以下が基本リース料金となります。

5年契約「いまのりくん」の場合 月額35,964円(税込)
7年契約「いまのりセブン」の場合 月額33,264円(税込)
9年契約「いまのりナイン」の場合 月額28,080円(税込)

カーコンカーリースもろコミ

残価設定なしのシンプルな契約となっており、契約期間が満了すれば、追加料金なしで車をもらえるのがメリットです。アクアLの場合は、以下のリース料金設定となっています。

7年契約「もろコミ7」の場合

ボーナス併用払い 月額13,068円(税込)
均等払い 月額27,216円(税込)

9年契約「もろコミ9」の場合

ボーナス併用払い 月額13,068円(税込)
均等払い 月額31,428円(税込)

このほか、カーアクセサリーセット(月額2,160円〜)をオプションとして付けた場合、その分が加算されます。

定額ニコノリパック

車を大切に乗ることを条件にした「値引き」が売りのカーリースサービスです。また、リース契約満了後も、「返却して別の車に乗り換え」「返却して契約終了」「延長して乗る」「残価を支払って買取り」を自由に選べます。

アクアLの新車リース(5年契約のみ)の場合

ボーナス併用払い 月額21,600円(税込)
均等払い 月額34,992円(税込)

カーリースを上手に利用すれば、憧れの車にお得に乗ることが可能です。ぜひ、新車のアクアに乗って、快適なドライブを楽しんでみてはいかがでしょうか。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースでナビ付きの車を利用したい!後付けもできる?

カーリース会社を選ぶ上で重要となるのは、料金や利用できる車種だけではありません。車本体だけではなく、付属品のオプションについても悩むところでしょう。特に、車に乗る上で必須のカーナビについては、オプションで付けるかどうかは特に悩みますよね。今回はカーリースでカーナビを利用する場合についてまとめていきます。

車検は必ず必要?有効期間はどれくらい?気になる車検制度について徹底解説!

国内で登録されている自動車には「車検を通過する条件に整備されていること」が自動車検査登録制度を採用する日本では義務付けられています。最初の車検は新車登録時に行われ、その後の継続車検は一定期間ごとに車検の必要があることから自動車の維持費用に大きく影響する制度となります。今回は、国内のカーライフと密接な関係にある車検について考えます。

カーリースの利用者が年々増加!なぜカーリースは需要があるのか?その理由や魅力について解説

昨今のマーティング動向を観察すると、物は「買うもの」という考え方から、「借りるもの」という考え方へシフトしている様子が伺えます。そして今、車も「所有するもの」から「借りて使用するもの」として、カーリースへの需要が高まってきていることをご存知でしょうか。 カーリース業界は現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しています。今回は、そんなカーリースの人気の秘密を探り、その需要や魅力について解説します。