カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

ハイエースに乗り換えを検討している方は必見!カーリースの仕組みを知って、お得に賢く乗り換えしよう!

仕事用だけでなく普段用として乗るためにも選ばれるハイエースは、ミニバンに並ぶ人気です。そんなハイエースを手に入れるなら、できるだけお得に買いたいと考えるのは自然なことではないでしょうか。 賢く車を手に入れる方法として、多くの人に活用されている方法が「カーリース」です。上手に使えば、ローンや一括払いよりお得にハイエースに乗ることができます。なぜカーリースを選ぶ人が増えているのか、その仕組みを詳しく見てみましょう。

カーリースではどのような車を取り扱っている?ハイエースも対象車種?

通常の車の購入とカーリースの大きな違いは「所有者」です。車を買うと、その車の所有者はユーザーとなります。一方、カーリースの場合、車の所有者はカーリース会社です。リース料金を払うことでその車を使用する権利をもらい、カーリース会社の車を借りて乗る形になります。長期レンタカーのようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。

一般的なカーリースの料金の設定の仕方は、契約終了時の車の価値を予想残存価格として算出します。車本体の価格から予想残存価格を引いた金額を車両代するので、契約期間中だけの車の代金を支払うという形になります。そのため、一定の契約期間中だけ乗るのであれば、車の代金を丸ごと払うよりお得になることがあります。

これに税金や保険料などの諸費用、車検代やメンテナンス代といった維持費を合計したものを契約月数で割ったものを毎月支払います。車の代金だけでなく、契約期間中にかかる維持管理費用もすべて月割りするので、毎月決まった出費で車を維持することができます。維持管理に必要な費用を取り分けておく必要がないので、車を維持するための出費の計画が立てやすいというメリットがあります。

カーリースといっても、レンタカーのように車種が固定されているわけではありません。基本的に、ほとんどのカーリース会社で国産車の全車種を取り扱っています。そのためハイエースを購入したいと思っている人もカーリースを利用することが可能です。

もちろんカーリース会社によって取り扱い車種は異なり、全車種揃えていても、一部の特殊車両は扱っていないこともあるので注意しましょう。

 

ハイエースにはどんなメリットがある?

ハイエースは1967年以来改良を重ね、販売が続いているロングセラーであり、商用バンのイメージが強いですが、プライベートに使う目的でも乗る人の多い車です。そんなハイエースのメリットを見てみましょう。

バリエーションが多い

ハイエースとひとことで言っても、長さや高さ、乗車定員に様々なバリエーションがあります。それぞれのハイエースを乗りたい目的に合わせて、ちょうどいいサイズのものを選ぶことができます。

広い室内

ハイエースはエンジンが運転席の下の部分に収められています。通常運転席の前にあるボンネットがないので、その分、室内部分が広く取れています。人が乗っていても、キャンプなど、アウトドアのかさばる荷物を収容できる広さがあります。

シートの稼働が良い

広い室内に加えてシートを色んな風にアレンジできます。2列目、3列目のシートは折りたたんだ後、前方にスライドできるので、シートをたたんだ部分はフラットな状態になります。自転車やサーフボードのような長いもの、スペースが必要なものも楽々で積むことができます。また、シートをアレンジすることで足を延ばして寝転がれる空間も作れます。

カスタマイズができる

ハイエースは、人も荷物も乗るメリットから趣味のために選ぶ人が増えています。特にアウトドアをする人から高い人気を誇っています。そんなプライベートで活用する人に向けて、外観をカスタマイズするものやバイクを上げるための専用スロープなど豊富なカスタムパーツが販売されています。

燃料費が安い

ハイエースにはガソリン車とディーゼル車があります。ディーゼル車を選べば、ガソリンより安い軽油を利用できます。

 

ハイエースのデメリットとは?

ハイエースには、人も荷物も乗る、豊富なカスタムパーツで楽しむことができるといった魅力があります。そんなハイエースにも、もちろんデメリットがあります。ハイエースへの乗り換えのときに知っておきたいデメリットを見てみましょう。

乗り心地が悪い

多くのミニバンは乗り心地を考えてコイルスプリングを使っています。しかし、ハイエースはトラックのように荷物の重さに耐えられるように考えて、耐久性の良いリーフスプリングを使用しています。そのため、乗り心地という点では、劣る部分があります。

燃費が悪い

車体が大きく重量もあり、空気抵抗を大きい形をしているハイエースは燃費が悪いです。1Lあたり10kmくらいで、乗用車だと20kmから30kmくらいが標準なことを考えると燃費の悪さが分かります。

エンジン音が大きい

ハイエースは運転席の下にエンジンがあるため、音が外に抜けずエンジン音が直接車内に伝わってきます。普通の車に比べてエンジン音をうるさく感じることがあるでしょう。

整備がしにくい

普通車であればちょっとボンネットを上げてエンジンの様子を見たり、エンジンオイルをチェックしたり、気軽に行なえます。しかし、ハイエースのエンジンルームを見るためには、前方座席をあげてからエンジンルームのふたを開けます。そこからエンジンの様子を見るのですが、狭いので見にくく、作業がしにくいというデメリットが生じます。

高さがあって乗り降りがしにくい

ハイエースは運転席の下にエンジンがあったり、床下に駆動用のミッションがあったりするため、車高が高いです。アウトドアを楽しむ元気な大人であれば苦になりません。しかし、年配者や小さな子供も乗るのであれば、このデメリットを頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

おすすめのカーリース会社で、賢くハイエースに乗り換えよう!

これらメリット、デメリットをふまえてハイエースに乗り換えるのであれば、賢くカーリースを利用してみましょう。ハイエースを取り扱っているカーリース会社おすすめ3つを紹介します。

カーコンカーリースもろコミ

残価設定がないので、契約満了後は車を手に入れることができます。自動車取得税、自動車税、登録諸費用、重量税、自賠責保険がカーリース料金に組み込まれています。

契約期間は7年の「もろコミ7」と9年の「もろコミ9」の2種類のプランがあり、契約満了の2年前からは、車の乗り換えや返却をすることができます。

なお、2018年10月1日から12月31日までの期間中には「もろこみ7および9(※特選車を除く)ご成約特典」があります。

もろコミ7もしくはもろこみ9を契約すると、

車載用防災セット「Refill Box 24」
ドライブレコーダー
キズへこみ保証クーポン

この3つがプレゼントされます。

※特典の内容は予告なく変更および終了する可能性があります。

コスモスマートビークル

組み込まれているメンテナンスや諸費用などが固定されていないので自分に必要なものを組み込んでプランを作ることができます。メンテナンスオプション、契約期間、走行距離、頭金、ボーナス払いを自分のライフスタイルと予算に合わせて設定します。

また、コスモ石油が運営するカーリースのため、指定カードでのガソリン給油の値引きが付いて、燃料費のコストダウンを狙えます。

オリックス自動車

3つの契約期間から、どれくらい同じ車を乗り続けるのかに合わせてプランを選べます。「いまのりくん」は5年契約プランで、契約後2年で乗り換え、返却ができます。契約満了後には車を返却しないといけないので、短期間で乗り換えていきたい人向けのプランです。

「いまのりくんセブン」は7年契約、「いまのりくんナイン」は9年契約で、契約満了後は車を自分のものにできます。契約満了2年前からは、車の返却、乗り換えも可能です。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースでリースした車をドレスアップすることはできる?カーリースの仕組みやルールなど基本事項をおさらいしよう

「カーリースで契約したリース車をドレスアップしたい」「どこまでドレスアップして良いものなのか」と疑問を持たれている方も多いことでしょう。このページでは、カーリースで契約したリース車をそもそもドレスアップしても良いのか、どこまでなら大丈夫なのか、といったことを解説していきます。

カーリースで短期の契約はできる?一ヶ月から契約可能なプランを紹介!

最近注目を集めている車の利用方法でもある「カーリース」。このカーリースですが、基本的には3年から5年といった長期の契約を前提としたサービスとなっています。ここで気になるのは、短期のカーリース契約はできるのかということですよね。今回はカーリースで短期契約ができるかどうかという点や、一ヶ月から契約可能なプランをご紹介します。