カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

ペーパードライバー卒業を目指す人にカーリースをおすすめする理由とは?

気がついたらペーパードライバーになってしまったという方も多いのではないでしょうか。生活スタイルが車に乗る必要がない場合、いつの間にか車を運転しなくなっていたということがあります。 車がなければ、なかなかペーパードライバーから卒業するのは難しいものです。そこでおすすめなのがカーリースです。このカーリースを活用して、ペーパードラーバーを卒業しましょう。

ペーパードライバー卒業のためには、何より実践!

ペーパードライバーだと運転するのが怖いという気持ちが強いかもしれません。しかし、かつては教習所で練習し、運転免許を取得できたわけです。決して技術がないわけではありません。

この気持ちを克服するには、運転をして慣れることしかありません。ペーパードライバー卒業に大切なのは実践です。運転の実践をするにはいくつか方法があります。

教習所に通う

教習所はペーパードライバーの講習を設けていることがあります。自分だけの力だけでは運転を再開できる気がしないのであれば、教習所に通うことはペーパードライバーを抜け出す近道です。

家族や友人と練習をする

家の近くに練習できるような広い道路があるなら、家族や友人にその場所までは運転してもらい、練習に付き合ってもらいましょう。真っすぐの道を何度も進むだけでも運転することに自信がつくようになります。

近所にでかけることから始めてみる

ある程度運転を思い出して来たら、どこかに出かけてみましょう。ここに車で来られた、とさらなる自身につながります。また、車で行けると楽しいと思えることで運転する意欲が高まります。

最初は駅前や混んでいる道を通る場所は避けましょう。広い平面駐車場があるところなら同時に駐車の練習もできます。このように、ペーパードライバーから抜け出すにはとにかく実践するようにしましょう。

 

ペーパードライバーにカーリースをおすすめする理由とは?

車を頻繁に運転するきっかけにおすすめなのがカーリースです。カーリースがおすすめの理由を3つ見てみましょう。

少額の負担で自分の車を持てる

ペーパードライバーを抜け出すには運転練習を積むことが大切ですが、車がなければ運転はできません。気軽にいつでも運転できる環境を整えるには車を持つことが不可欠です。

しかし、ペーパードライバーの状態で車の購入に進むのは、ハードルが高い話です。特に経済的なハードルが高いでしょう。車に乗るか分からない状態で高額の車を買うのは、ためらってしまいます。そうしているうちに、ペーパードライバーでもいいか、と振り出しに戻ってしまうのです。

そこでカーリースなら車両代金と初期費用を契約年数で割って、毎月一定額を支払っていくので月々の負担が少なく車を持てます。車種によっては1万円前後でカーリースできるので、車を持つハードルがぐんと下がります。

必要経費がリース料に含まれているので簡単

車を所有するということは車両代金を支払うだけではありません。まず、購入時には登録費用や自動車取得税、自動車税、自動車重量税、自賠責保険代など様々な費用がかかります。

税金や自賠責保険は年ごとに払っていかなければいけません。また、大きな出費となるのが車検です。新車の場合は3年目、それ以降は2年ごとに車検を受けなければいけません。

こういった費用を把握し、取り分けて準備したり期限までに支払ったりするのは結構な手間になります。車を持ち始めた初心者には難しく、うっかり忘れてしまって延滞料がかかった、なんてこともあり得るでしょう。

カーリースはこれらの必要経費がプランに含まれていることが多く、毎月カーリース料金の一部として支払っていきます。指定の整備工場があれば、そこに持っていって手続きするだけで維持管理ができるのです。カーリースならこういった複雑な手続きをお任せできるので、車を維持するのが簡単になります。

将来乗り換えができる

車の特性がよく分からないと車選びに失敗してしまうこともあります。車に乗っているうちに、どんな車が自分の生活スタイルに合うのか分かってきます。

また、運転に慣れないうちは小回りの利くコンパクトカーや軽自動車がおすすめです。しかし、荷物が乗る大きな車の方がいいという気持ちがあるかもしれません。

カーリースは契約期間が満了したら車を返却、乗り換えすることができます。短めのものだと5年契約などです。カーリース会社によっては、決められた期間が経過すれば、契約期間中なら車の乗り換えを違約金無しで行えます。

カーリースなら車が合わないと感じても、乗り換えができる期間まで待てば、気軽に車を替えることができます。また、ペーパードライバーを卒業するまでは軽自動車で練習し、慣れてきたら好きな車に乗り換えるということも可能です。

いつでも車を替えられるという気軽さは、自分の車を持つハードルを下げてくれるポイントの一つです。

 

ペーパードライバーの方も利用しやすいカーリース会社をご紹介!

今や数多くのカーリース会社があります。その中でも、車について初心者ともいえるペーパードライバーの人も利用しやすいおすすめのカーリース会社と特徴を紹介します。

カーコンカーリースもろコミ

カーリース料金には車両登録費用や各税金、自賠責保険など必要経費が込みになっています。また、リース期間中に使える「車検無料クーポン」をもらえるので、車検基本代と印紙代をまかなうことができます。契約期間は7年契約の「もろコミ7」と9年契約の「もろコミ9」の2種類から選び、契約満了2年前から乗り換えや返却を行なえます。

2019年1月1日から3月31日までの期間に成約特典を行なっています。「もろコミ7・9(※特選車を除く)ご成約特典」では期間中もろコミ7もしくはもろコミ9で特選車以外の車を契約した方にガラスコーティング剤、車載用防災セット、ドライブレコーダー、キズへこみ保証クーポンをプレゼントしています。

「もろコミ7の特選車ご成約特典」では、WEB申し込み限定で期間中に特選車を「もろこみ7」のプランで契約すると、折りたたみ電動アシスト自転車、キズへこみ保証クーポンがプレゼントされます。

※特典の内容は予告なく変更、終了する可能性があります。

コスモスマートビーグル

好きな車種を選んだ後は、自分の予算と生活スタイルに合わせてプラン内容を細かく組み合わせていくことができます。契約期間、走行距離制限、頭金とボーナス払いの有無、メンテナンスパックの内容を選択していきます。

メンテナンスパックをフルメンテナンスのゴールドパックにするとタイヤやバッテリーなど様々な部品交換がセットになっています。車の維持の際に発生しがちな消耗品の交換が一通り含まれていると言ってもいいくらいのフルサポートです。必要経費とメンテナンスをすべてプランに含めれば、車にトラブルが起きた際も安心です。

オリックス自動車

プラン料金には自動車取得税、登録費用、自動車税、自動車重量税、自賠責保険といった必要経費が含まれています。5年契約の「いまのりくん」7年契約の「いまのりセブン」9年契約の「いまのりナイン」の3種類のプランすべてにオイル交換、車検の無料クーポンが付いています。

いまのりくんは契約2年経過すれば自由に車を乗り換えでき、契約満了後は返却します。いまのりセブン、いまのりナインはそれぞれ5年、7年経過後に乗り換えができ、契約満了後は車を自分のものになります。短期間で車を乗り換えるかもしれない人でも気軽に車を選ぶことができます。

人気カーリースを見る

関連する記事

最近人気のカーリースとは?

昨今、カーリースというサービスが人気を集めています。昔はカーリースと言えば法人向けのサービスでしたが、今は個人向けのカーリースを行なう業者も増えています。ここでは「そもそもカーリースとは一体何なのか?」「リースとローンとではどちらがお得なのか?」をチェックし、「おすすめのカーリース会社」を徹底解説します。

カーリースの利用者が年々増加!なぜカーリースは需要があるのか?その理由や魅力について解説

昨今のマーティング動向を観察すると、物は「買うもの」という考え方から、「借りるもの」という考え方へシフトしている様子が伺えます。そして今、車も「所有するもの」から「借りて使用するもの」として、カーリースへの需要が高まってきていることをご存知でしょうか。 カーリース業界は現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長しています。今回は、そんなカーリースの人気の秘密を探り、その需要や魅力について解説します。

車検はいつからいつまで受けられるの?見積もりから当日の流れまで詳しく解説

車を持っていると必ずやってくるものが「車検」です。何年かごとに受けるのは知っていても、いつまでなのかはあやふやかもしれません。しかし、車検をいつまでに受けるのか、手続きをしっかり知っておくことは大切です。いつのまにか有効期限が迫っていて満了日を過ぎてしまうと面倒なことになってしまいます。 車検をいつまでに受ければいいのでしょうか。この機会に、車検の手続きはどのような流れで行われるのか、しっかり把握しておきましょう。