カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

マニュアル車で運転を楽しみたい人へ!マニュアル車をお得にカーリースする方法をご紹介

マニュアル車の数は減ってきているとはいえ、まだまだ根強い人気があります。マニュアル車は「マシーンを操作している」という実感が運転中に存分に味わうことができるため、とても楽しいものです。カーリースでも多数のマニュアル車が取り揃えてあるのは、そうしたファンが多いからだと言えるでしょう。今回は、マニュアル車のカーリースについて詳しくお伝えしていきます。

オートマ車とマニュアル車の違い

オートマチック(AT)車とマニュアル(MT)車の決定的な違いは、その燃費です。マニュアル車は運転の仕方によって燃費に大きく差が出るのに対し、オートマチック車はどんな人が乗っても基本的には同じ燃費です。

マニュアル車の燃費が良いと考えられている理由に、トランスミッションの構造が理由として挙げられます。マニュアル車は自分でギアをコントロールできるのに対し、オートマチック車はそれができません。そのため、オートマチック車は不必要に燃料を消費してしまう事があるのです。

しかし、マニュアル車の場合は半クラッチさえ上手く行えば、2速からでも3速からでも、ちょっと無理をすれば4速からでも発進できます。3速よりも2速の方が、2速よりも1速の方が燃料を消費するので、発進の際に早めにギアを上げていくことにより低燃費運転ができます。

とはいえ、最近はCVTなど高性能のオートマチックトランスミッションが開発され、オートマチック車でも燃費を抑えられるようになりました。そのため、最近の車はオートマチックとマニュアルで燃費の大きな差はありません。

なお、安全性の面でもオートマチック車とマニュアル車は多少異なると言われています。マニュアル車の場合、減速する際にギアを落としてエンジンブレーキを利用できるため、効率的に減速する事ができます。

しかし、マニュアル車では半クラッチや坂道発進など、複雑な操作を行なわなければならないため、運転になれていない場合は危険です。オートマチック車に乗り慣れている方は、注意してマニュアル車に乗る必要があります。

世界の車業界の動向として、マニュアル車が減少しつつあるというのも事実で、アメリカや日本では現在、ほとんどマニュアル車が生産されていない状況です。将来的にはスポーツカーなど特殊な用途を除いて、ゼロになる可能性もあります。

例えば、アメリカでは1992年に25%だったマニュアル車は、2012年に7%に激減し、2017年には3%以下になっています。一方、ロシア、中国、ヨーロッパの国々では、まだまだマニュアルの乗用車が流通しているのが現状です。

 

マニュアル車を取り扱っているカーリース会社はある?

カーリースでもマニュアル車を借りる事ができます。

たとえば、オリックス・カーリース・オンラインでマニュアル車を選択して検索すると、27車種ヒットします。スズキアルト、スズキスイフト、ホンダフィット、トヨタカローラアクシオなど、軽自動車および乗用車のマニュアル車が豊富です。

料金もオートマチックより特段高いということはなく、同じ条件で車種を選べます。マニュアルで運転を楽しみたい方にピッタリの、ダイハツコペン、スズキスイフトスポーツ、マツダロードスターなどもカーリースできます。

オリックス・カーリースでは、ホンダシビックのハッチバックをカーリースできます。ターボエンジンで、182馬力となっており、燃費も18km/Lで経済的なのが特徴です。5年契約、7年契約、9年契約があり、9年契約なら月43,524円で乗れます。

なお、新車で出ているマニュアル車には例えば、以下があります。

トヨタ86

トヨタ86は昔からコンセプトを保っているトヨタの有名なスポーツカーです。トヨタレンタリースなどでもレンタルできる現代スポーツカーの代表的存在で、低重心の安定したコーナリングを楽しめます。

トヨタカローラアクシオ

トヨタ車の中でも、プリウスに次いで売れ行き好調の乗用車である、カローラアクシオ。コンパクトセダンとはいえ、4ドアでゆったりとした車内の空間が魅力です。マニュアル車のグレードは1.5Gと1.5Xの二種類から選べます。

マツダアクセラ

アクセラにはスポーツタイプが用意されています。アクセラはクリーンディーゼル技術で有名な乗用車で、低燃費、低コストの人気乗用車です。アクセラスポーツだけではなく、セダングレードでもマニュアル車を選べます。

 

マニュアル車をカーリースしてガソリン代も節約できる?

では、マニュアル車はオートマチック車よりも燃費が良いといえるのでしょうか?

燃費については、以下の3つの要素を考える必要があります。

1.マニュアル車は運転の仕方が悪いと燃費が逆に悪くなる

マニュアル車はエンジンの回転数を少なくできるので燃費が良くなると言われますが、運転の仕方によっては、その逆になる可能性もあります。たとえば、ずっと1速で走っていると、高トルクでエンジンがフル回転している割に距離を走っていません。そのため、燃費は落ちます。

一方、半クラッチを上手く使って発進した後、すぐにギアを上げるようにすれば、低燃費な運転ができるのです。このように、燃費が良くなるか悪くなるかというのは、運転する人の技術による場合がほとんどです。

2.オートマチック車は重量が重い

車が重ければ、エンジンのトルク(回転力)が必要になるので、燃費が悪くなります。オートマチック車は、トルクコンバーターやオートマチックオイルなどを搭載するため、マニュアル車よりも多少重くなります。そのため、マニュアル車より燃費が悪くなると言われています。

3.燃費の良いオートマチック車もある

最近では、CVTやクリーンディーゼルのエンジンが増えてきており、オートマチックでもマニュアルでも燃費に大差はない状況です。重要なのは、オートマチックの性能と、マニュアル操作の技術であり、この2つが燃費に大きく関わるポイントです。

カーリースでマニュアル車を選べば、燃費節約に繋がることは確かです。慣れてくれば、低燃費のマニュアル操作ができますし、何よりも、その独自の操作感で、運転が楽しくなるでしょう。

一方、マニュアルは面倒くさいと感じる方や、左手が塞がってしまうので運転が不便だと感じる方は、カーリースによる別の方法で燃費を節約する事ができます。

例えば、カーコンカーリースもろコミは軽自動車のカーリースを対象に、ガソリン代キャッシュバックキャンペーンを行っています。カーリース車に給油すると、1リットルあたり、20円のキャッシュバックを受けられます(毎月最大2,000円)。

カーコンカーリースもろコミのガソリン代キャッシュバックは、全ての油種が対象です。ハイオク、レギュラー、軽油でも、同じく20円のキャッシュバックがあります。理論上、クリーンディーゼル車を選んでも、キャッシュバックされるということになります。

※ガソリンキャンペーンは予告なく、変更・終了する可能性があります。

日本では、マニュアル車が少なくなっているとはいえ、新車でもまだまだマニュアル車が手に入ります。カーリースでもマニュアル車が選べるので、ぜひ利用しましょう。運転の技術を向上させて、低燃費化に繋げることもできます。低燃費化で、環境保護に貢献でき、さらに節約にもなるのは一石二鳥ですよね。
人気カーリースを見る

関連する記事

カーリースのサービス内容とは?メリットやデメリット、今注目のカーリース会社のサービスまで詳しくご紹介!

これまでは新車を導入するとなると、購入するのが一般的でした。新車の購入の際には現金で一括購入するか、オートローンを利用するかの二択でしたが、どちらにしてもかなりの初期費用がかかります。 新車の購入はマイホームの次に大きな買い物である、というのがこれまでの一般的な認識だったのではないでしょうか。ですが、話題となっているカーリースは、今までの認識を覆すようなサービスとして注目を集めています。 ここでは、カーリースのサービス内容についてはもちろん、メリット、デメリットについても詳しくご説明します。

カーリースはクレジット払いで利用可能?クレジットカードが使えるカーリース会社のメリットをご紹介!

従来車を所有するためには、現金一括購入かオートローンを利用するのが一般的でした。どちらにしてもまとまった初期費用が必要なため、新車の購入は住宅の次に大きな買い物であるという意識が根強くありました。しかし、近年では月々に決まった使用料を支払って利用できる、個人向けのカーリースが浸透しつつあります。 カーリースの支払方法としては口座振替、クレジット払いがありますが、ここではカーリース料金のクレジット払いのメリットやデメリット、クレジット払いが利用できるカーリース会社をご紹介します。