カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

ミニバンに乗るならローンよりもリースがオススメ!

「新車を乗るならできるだけお得に乗りたい」と誰もが思うことですが、最近人気のカーリースはどうなのでしょうか?カーリースの仕組みやデメリット、ローンで購入した場合との比較、各カーリース業者の実際の料金を比較してみました。

まずはカーリースの仕組みを知っておこう!

カーリースは、ユーザー(契約者)が希望する新車をリース会社が購入し、3年、5年、7年、9年などの長期間契約によってユーザーに一定期間貸し出すサービスです。

 

ローンでの購入などと違い、まとまった頭金が必要ありませんので、少ない自己資金でも乗り始めることができます。また、あらかじめ「残価設定」をして車両本体価格から差し引きますので、さらにお得に乗ることができます。

 

*残価設定とは?

リース期間満了時のその車の価値(下取りに出したらいくらになるか)を予測することです。例えば300万円の車を5年リースした場合、5年後は100万円の価値が残っていると予測したとすると200万円で乗り始めることができるというものです。

 

リース料金には車両本体価格のほか車検代、自賠責保険料、自動車税、自動車重量税、メンテナンス代などが含まれているパターンがほとんどで、それらをリース期間(月数)で割って毎月一定額を支払っていくというものになります。

 

それにより月々の支払いが安定し、経済的にも精神的にも負担が少なくなるメリットがあります。近年カーリースを利用する方が急増している大きな理由の一つです。

 

カーリースとローンではどちらが良い?

ミニバンに乗りたいと思った時にローンで購入するという選択肢もあります。

 

ローンで購入をすれば自分の所有物として乗り続けられますし、好きなようにカスタマイズをしたり、走行距離を気にしながら乗らなければならないということもありません。

 

ただ、カーリースと違ってある程度の頭金が必要になること、残価設定はありませんので車両本体価格全額をローンで支払うこと、車検や自賠責保険、自動車税などはその都度支払わなければならないことなどはデメリットと言えるかも知れません。

《車両本体価格300万円のミニバンをローンで購入した場合》

(300万円+諸経費+金利)÷ローン回数=月々の支払い額

*車検代、自賠責保険料、自動車税、自動車重量税、メンテナンス代などは都度

《車両本体価格300万円のミニバンをリースで購入した場合》

(300万円-100万円+諸経費+金利)÷リース月数=月々の支払い額

*車検代、自賠責保険料、自動車税、自動車重量税、メンテナンス代などは込み

 

上記は一例ですが、同じ車をローンで購入した場合とリースで購入した場合の違いはこのようになります。残価設定がある分、ローンで購入するよりもお得に乗ることができます。

 

カーリースをする際に注意したいポイント

カーリースを検討している方は、デメリットについても把握しておきましょう。

 

まずリース期間中の車の所有権はリース会社にありますので、決して自分の所有物という訳ではありません。「自分の所有物にしたい」「好きなようにカスタマイズしたい」という方は向いていないかも知れません。

 

また、リース期間中は「月間2,000kmまで」「年間15,000kmまで」など走行可能距離が決められています。これをオーバーしてしまうと超過料金が発生します(走行距離は車の残価に大きく影響してくるため)。

 

もう一つ、大切なことが『原則として中途解約ができない』ということです。リース期間で価格を設定し貸し出していますので、途中での解約はリース会社の損害となってしまいます。

 

ただ、リース期間中、ユーザーの状況がどうなるかは分かりませんので、どうしても解約をしなければならない理由などがある場合は早めに相談をしましょう。解約金等を支払うことで解約に応じてもらえるケースもあります。

 

全損などの大きな事故を起こしてしまった場合は即時解約となり、残金の一括払いなどを求められることがありますので、事前にしっかりと確認しておいてください。

 

ミニバンのカーリース費用はどれくらい?

実際にミニバンをリースする場合、いくらくらい必要になるのでしょうか?トヨタのアルファードを例に、リース料金を比較してみます(料金はすべて税込みです)。

■もろコミ(カーコンビニ倶楽部)の場合

《もろコミ7年リース》

*ボーナス払い併用で月々30,024円(ボーナス時加算額111,240円)

*均等払いでは月々53,568円

 

《もろコミ9年リース》

*ボーナス払い併用で月々30,024円(ボーナス時加算額93,312円)

*均等払いでは月々45,576円

>>もろコミ(カーコンビニ倶楽部)

■定額ニコノリパックの場合

《5年リース》

*ボーナス払い併用で月々32,400円(ボーナス時加算額88,800円)

*均等払いでは月々48,384円

>>定額ニコノリパック

■コスモスマートビークルの場合

《3年リース》

*月々80,460円

 

《5年リース》

*月々63,612円

 

《7年リース》

*月々57,024円

>>コスモスマートビークル

■オリックスカーリースの場合

《いまのりくん5年リース》

*月々74,520円

 

《いまのりセブン7年リース》

*月々65,880円

 

《いまのりナイン9年リース》

*月々53,136円

>>オリックスカーリース

このようになります。なお、上記は各業者ともスタンダードなプランで契約をした場合となります。例えば何かしらのオプションをつける、走行可能距離を増やす、希望ナンバーを付けるなど様々な条件によって金額が増減します。

 

また、コスモスマートビークルとオリックスカーリースについてはボーナス払いの金額をユーザーが設定できます(それぞれ上限額が決まっています)。

 

安いのはもろコミ(カーコンビニ倶楽部)!でも料金以外はどうなの?

概算ではありますが、トヨタアルファードの月々のリース料金が最も安かったのはカーコンビニ倶楽部が運営する「もろコミ」でした。でもその他のサービスや条件はどうなのでしょうか?他

 

■もろコミ(カーコンビニ倶楽部)の特徴

もろコミ(カーコンビニ倶楽部)の月々のリース料金には車両本体価格のほか、リース期間分の「登録時諸費用」「車検基本料」「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険料」「オプション代」などが全て含まれています。

 

走行可能距離が月間2,000kmと業界でもトップクラス、支払いプランをユーザーが自由設計できる、7年や9年のリース期間が満了するとその車がもらえる、などの嬉しいサービスが満載です。

 

また、もし途中で車を返却したり乗り換えたいと思った時でも、7年リースであれば5年経過後、9年リースであれば7年経過後に可能となります。返却をする場合でも原則として解約金は発生しません。

 

月々のリース料金も最も安く、このような充実したサービスもついてくるもろコミ(カーコンビニ倶楽部)は、今最も人気が上昇しているリース業者です。

 

ミニバンをできるだけお得に乗りたい!という方はぜひ、もろコミ(カーコンビニ倶楽部)をチェックしてみてください。

人気カーリースを見る

 

関連する記事

カーリースは利点がたくさん!?カーリースの仕組みから注意点、メリット・デメリットまで細かく解説!

カーリースには様々なメリットや利点があり、それゆえに人気を集めています。今回はカーリースの利点について、徹底解説します。また、カーリースには利点もある一方で注意点やデメリットもあります。その点についてもご説明しますので、参考になさって下さい。

利用者に聞くのが一番!レビューや口コミから見えるカーリースの特徴とは?

そもそも、カーリースはどのような特徴があるサービスであり、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?このような疑問の答えを知る一番の方法は、利用者に聞くことです。今ではインターネット上にカーリースについてのレビューや口コミがたくさん載せられていますので、それらのレビューを見ることで、利用者の声をいわば「聞く」ことができます。