カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

リース契約で車を購入する際の流れと注意点

リース契約は月々一定の支払いで車に乗ることができ、各種手続きや支払いなどをすべてリース会社に一任することが出来る手軽さから、最近話題になっている新しい車の所有方法です。しかし、気軽に車に乗れるからと安易に手を出してしまい失敗したといケースも増えています。リース契約で失敗しないためにも、ここでは購入する際の注意点についてご紹介していきます。

カーリースとは

カーリースとは、車両をリース会社から一定の期間借りて、月々の利用料を払う方法です。レンタルと異なり、リース期間は最低でも1ヶ月以上、多くの場合は3〜5年の長期の契約となります。カーリースの場合は、所有者がリース会社となるため、車を所持しても資産になりません。そのため、資産計上の必要もなく、固定資産税の支払いが発生しなかったり、自動車税や車検代などが月々の利用料に含まれており、それらをすべて経費で計上できるなど、財務上でのメリットがあることから、企業や個人事業主の方に多く利用されています。しかし、最近では個人向けのカーリースサービスも多く出てきていることから、個人での利用者も増えてきています。

リース料金の仕組み

カーリースは、契約年数に合わせて残存価格を設定し、その分を差し引いてリース料を設定するプランと、残存価格を設定しないでリース料を設定するプランの2つがあります。それぞれメリット・デメリットがあり、自分に合ったプランを選択して契約することが可能ですので、合理的に車を所有することが可能です。また、リース料金には車両本体価格以外にも車検費用・各種税金・プランによってはメンテナンス費用も含まれています。

 

重要!リースする際の注意点

カーリースにはメリットも多く、上手に利用すればローンを組んで車両を購入するよりもお得に乗ることができます。しかし、いくつか理解しておかなければならない注意点もあります。

 

・所有権について

カーリースの場合、車両の所有権はリース会社にあります。ローンの場合は、設定された支払い回数が終われば車両は自分のものになりますが、リースの場合は基本的に契約満了時に買い取る以外、自分名義の車になりません。契約が終了したらリース会社へ車両を返却しなければならないため、自由にカスタマイズなどを行うことも許されないのです。また、車のローンを完済し、所有権が自分にある場合は、ローン完済後はこれまで払っていたローンの分を貯金に回すことができますし、乗り換える場合は中古車として車両を販売したり、下取りに出すこともできますが、リースの場合は契約を続けている限り、リース料を払い続けなければなりません。

 

・走行距離について

リース契約では、ほとんどの場合、毎月の走行距離が設定されています。契約満了時に、設定距離を超過していると、1kmあたり、3〜10円程度の超過料金を支払わなければなりません。走行距離は1ヶ月1,000〜2,000kmに設定されていることが多いです。自分の契約したプランの走行距離の上限をきちんと把握し、気をつけておかないと思わぬ出費になりかねません。業者によっては年間〇〇㎞と記載しているところもありますので、注意して確認してください。

 

・中途解約について

カーリースは原則として中途解約ができません。やむをえず、中途解約をする場合は、解約金が発生します。その金額は、本来契約満了時までに支払う予定だった金額から、これまで支払った金額を差し引いた金額となります。例えば、月3万円の5年契約を1年で解約した場合、契約満了時の支払総額予定180万円から、支払った1年分36万円を差し引いた、144万円を解約金として支払わなければなりません。中途解約となるケースは、大きな事故を起こし、車両が修復可能になってしまう場合などが多く、運転する以上事故には十分気をつけなければなりませんが、リース車両で事故を起こしてしまうと、金額面でも大きな負担となってしまいます。また、結婚前に憧れの2シーターのスポーツカーのリース契約をしたけれど、結婚し、子供が生まれて乗れなくなってしまった。などの理由もあることから、リース契約を結ぶ際には、数年後のことまでしっかりと考え契約しなければなりません。

 

お気に入りの車が見つかったら?リース利用の流れについて

お気に入りの車、乗りたい車が見つかったら、どのような流れで契約になるのでしょうか。カーリース会社によって、多少契約の流れが異なりますが、申し込みから納車までのおおよその流れを解説します。

 

希望車種の決定

まずは乗りたい車を見つけましょう。国産メーカーや、大手カーディーラーが運営しているものから、国産全メーカー、全車種から選べるリース会社もあります。また、新車の場合、ボディカラーはもちろん、カーナビやETCなどメーカーオプションや、ディーラーオプションを自由に選ぶこともできます。一部例外を除き、限定車や特別仕様車、スポーツ仕様車、福祉車両社も契約できます。業者によって取り扱っている車種が限定されることもあるので、まずは自分が欲しい車種があるかどうかを確かめるところから始めましょう。

プランの決定

リース会社によって、契約期間や、走行距離などが選べます。自身の車の乗り方にあったプランを選びましょう。また、月々の利用料にオイル交換などのメンテナンス料を込みにしたり、任意保険を追加したりするオプションプランもあります。

見積り・審査

詳細が決まったら、申し込みをしましょう。ほとんどのリース会社は、サイト上で見積もりを確認でき、そのまま審査を申し込めます。

契約

審査が通ったら、リース会社より契約書が郵送で送られてきます。契約内容を確認し、署名、捺印の上、契約書をリース会社に返送します。

登録手続き

カーディーラーより、車庫証明など登録に関する書類一式が送られてきます。駐車スペースの確保、住民票などの必要書類を揃え、カーディーラーに郵送します。

納車

無事に手続きが完了すると、カーディーラーから指定箇所まで納車されます。契約車両によって異なりますが、契約成立〜納車までは約1〜2ヶ月を目安としている会社が多いです。

 

契約前には念入りに確認を!申し込む前に知っておきたい2つのこと

リースというとローンを契約し購入するよりも気軽なイメージがあります。しかし、リースといえども、カーリースの場合は長期契約となり金額も大きいものです。リース契約を申し込む前にきちんと理解しておかなければならないことがあります。

 

・審査がある

カーリースは借金ではありません。しかし、ローンと同様、一定期間毎月料金を支払っていく必要があるため、きちんと支払い能力があるかどうか契約をする前に審査があります。審査基準は、各会社によって異なりますが、年収や債務整理歴が重要とされています。まず、年収の基準となるのは、最低200万円とされています。年収200万円を下回っていると、審査で不利になる可能性があります。

次に、債務整理歴ですが、過去に自己破産や任意整理、個人再生など法的な手段を用いて、債務整理をしたことがある場合は、審査のうえで不利になるでしょう。また、現在他に債務を抱えていると審査に通りづらくなるケースがあります。個人事業主の場合は、事業の経営状態を審査されることがあります。

 

なお、契約の際には連帯保証人が必要になるケースもあります。一般的には、親や兄弟が保証人となることが多いですが、保証人になると万が一、支払いができなくなった時に、支払いを肩代わりしなければなりません。カーリースは、中途解約ができず長期間に渡り、支払い毎月続けていかなければなりませんし、支払い総額でいうと数百万という大金になります。契約を結ぶ前には、きちんと支払っていけるかどうか将来を見据えてよく考えなければなりません。

 

・車庫証明が必要

車を購入する時と同様、カーリースでも車庫証明が必要になります。車庫証明とは、車両を保管する場所を確保してることを証明するものです。車庫証明を受けるには、管轄の地域の警察署に申請を行う必要があります。特に、一軒家で自宅に駐車場がある場合は良いですが、マンションやアパートなどで、自宅から離れた場所に車を保管する場合は、自宅と駐車場の距離が2km以上離れていると申請できないため、駐車場と契約を結ぶ際にも注意が必要です。車庫証明の申請書は、警察署の窓口でもらうか、インターネットで申請用紙がダウンロードできるところもあります。申請書に必要事項を記入し、2,710円の証紙を貼り付け、申請を行います。申請後約4日前後で車庫証明が取得できます。
人気カーリースを見る

 

関連する記事

今人気の“カーリース”、どんな問題点がある?デメリットもしっかり把握して自分に合った乗り方を見つけよう

今、カーリースの人気が急上昇しています。この記事を読んでいるあなたも、カーリースに興味をお持ちでしょう。カーリースを利用しようと考えているかもしれません。 しかしながら、契約の段階に行く前に、カーリースの問題点や注意点について、しっかり把握することは大切です。今回は、カーリースの人気の理由と併せて、その問題点を徹底解説します。