カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

リース車がへこんでしまったらどうする!?リース車に傷やへこみが生じたときの対応法と注意点

「リース車をぶつけて、へこませてしまった…!」車の運転をしていると、こういった予期せぬ事態に遭遇することは多々あります。もし、リース車をぶつけて傷つけてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?カーリースを使用する上で知っておきたいポイントとともに解説します。

カーリースの仕組みについて

 

リース車がへこんだり傷がついてしまったりした場合の対処法などをお伝えする前に、まずカーリースのしくみの中で最も重要ともいえる「残存価格」について知っておく必要があります。

 

<リース車の残存価格とは?>

カーリースは、契約から3年、5年、7年など一定の決められた期間車を使用することができるサービスです。ただし、あくまで所有者はリース会社であるため、契約期間が満了したら、車はリース会社に返却しなくてはなりません。

通常、車を一括またはローンで購入する場合、購入時の価格をまるっと車両代(ローンの場合はプラス金利)として自動車販売店に支払います。一方、リースの場合は、契約終了時にその車にどれだけの価値が残っているかをあらかじめリース会社の方で想定し、その想定金額を車両価格から差し引いた金額をリース料金として毎月支払います。

例えば、新車で300万円の車を5年契約でリースする場合、5年後に残るであろう車の価値が170万円だとしたら、残りの130万円をリース料金として毎月支払うことになります。

この「契約満了時に○○円分の価値が残るだろう」と想定して金額を決めることを「残価(残存価格)設定」といい、最終的に残る車の価値(価格)を「残存価格」と言います。

残価設定は、契約年数や走行距離などによって変動します。契約年数が長い場合、当然その分返却時の車の価値は下がるため、残価設定はより低くなり、リース料金は高くなります。

契約時に設定される残存価格は、あくまで契約内容に従い何も問題なく使用した場合の価格であり、リース契約中に事故にあったり、乱暴な乗り方をしたり、故障してしまった場合は、契約満了時(返却時)の残存価格は当初想定していた価格よりも下がり、差額を支払らわなければならない、というケースがあります。

 

 

リース車をぶつけたり事故などでへこませてしまった場合はどうする?

 

リース車はあくまで一定の契約期間中、車を借りるサービスのため、所有者はリース会社となります。したがって、契約満了時には「車を現状復帰させて返却しなければならない」ということが原則となります。

そのため、事故などでリース車をへこませてしまったり、傷つけてしまった場合は、契約満了時までに自身で修理に出して修復しなくてはなりません。リース会社と提携している修理工場を紹介してもらえる場合は、提携先の修理工場で修理をすることが望ましいですが、もし提携先の工場がない場合は、自身で信用できる修理工場を見つけて修理依頼をする必要があります。

ただ、修理をしっかり行ったとしても、その車は「修復履歴あり」とみなされてしまうため、返却時の残存価格に影響が出る可能性は十分にあり得ます。

リース車を傷つけないことが一番ですが、万が一傷をつけてしまった場合は、

 

・傷の度合いにかかわらずリース会社にまずは報告、相談をする

・修理工場に修理を出して車をきれいに現状復帰させる

 

ということを頭に入れておきましょう。

 

傷の大きさにもよりますが、リース会社によっては「特に借主の方で修理を行わなくても良い」と言ってくれる場合もあります。

ただし、契約が満了し返却する際に残存価格が下げられ差額を請求される、という思わぬ金銭トラブルが起こる可能性もあります。「修理を行わなくても良い」とリース会社から言われた場合でも、返却時の残存価格に影響はあるのか、といった点も必ず併せて確認しておくと、清算時のトラブル回避につながります。

 

 

リース車が傷ついた時に困らないための対策

 

事故などによりリース車にへこみがついたり、傷がついてしまったりした場合、車の残存価値は下がってしまいます。とはいえ、車を運転する以上は、「もらい事故に遭う」「駐車の際にうっかりぶつける」などといった可能性は必ずついてきます。そんな時の対策として、任意保険に加入しておくことをおすすめします。

車を使用する際、自賠責保険には必ず入る必要があるのですが、任意保険はその名のとおり任意で加入する保険なので、入らなくても車に乗ることはできます。ただ、任意保険に加入しておくと、自賠責保険とは比べものにならないくらい補償の幅が広がります。保険の契約内容やオプションにもよりますが、「修理代が思いのほか大きく膨れ上がってしまった!」という場合でも、全額保険でまかなえるケースもあります。

また、「修復履歴アリ」ということで返却時に残存価格が下がり、差額が請求されることがあっても、場合によってはその差額分も任意保険で補填できるという可能性もあります。任意保険も種類はさまざまですが、返却時の清算トラブルで困らないためにも、リース会社と提携している保険会社に加入しておくとより安心です。

 

 

車の傷や故障が心配な方におすすめのカーリース業者

 

リース車を傷つけてしまうと残存価格が下がり、返却時に差額を清算しなくてはならないケースがあるというお話をしましたが、残価設定を行わないカーリース業者もあります。残価設定がないということは、返却時に清算トラブルが起きるといった心配がなく、リース車を使用することができます。

カーコンビニ倶楽部が提供している「もろコミ」というサービスは、残価設定なしのクローズドエンド方式でリース車を提供しています。

<カーコンビニ倶楽部の「もろコミ」>

https://morokomi.carcon.co.jp/products/list.php?category_id=19&a_cd=wasite

リース車の使用にかかるすべての費用が月々の料金にすべて含まれているので、毎月の支出が安定する上、残価設定がないため契約満了時には使用していた車をもらえ、マイカーとして車に乗り続けることができます。

リース車を検討しているけれど、「リース車をへこませてしまったときのことがどうしても心配…」という方は、残価設定なしの「もろコミ」を利用してみるのはいかがでしょうか。

 

関連する記事

人気のカーリース会社のお得なサービスをご紹介!

個人向けのカーリースでは、月々の料金に「車両代」に加えて「登録諸費用」「各種税金」「自賠責保険料」「車検代」などが含まれるのが一般的です。多くのカーリース会社では、他にもメンテナンスサービスを実施したり、付加的な特典を付けたりして、他社との差別化を図っています。 今回は、人気のカーリース3社(カーコンビニ倶楽部株式会社、コスモ石油、オリックス自動車)がどんなサービスを提供しているのかをまとめてみました。