カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

リース車のパーツ交換やカスタマイズはしても良い?カーリースの基本的なルールを知っておこう

車好きの方にとっては、パーツ交換やカスタマイズをするのも車の楽しみ方の1つだと思います。では、カーリースで利用している車のパーツ交換やカスタマイズは自由にできるのでしょうか?今回は、カスタマイズについてのカーリースの基本的なルールについてご説明します!

カーリースの所有者はリース会社になっている

カーリースは、月々のリース料を支払うことで定められた期間車を貸し出してもらえるサービスです。ユーザーが希望する車を、カーリース会社がディーラーから購入し、それを貸し出すという流れになります。

月々のリース料を決める際には「残価設定」をする場合が多いです。つまり、契約期間が終了する時点での車の予想残存価格(残価)を設定し、その金額を車両価格から差し引いてリース料を算出するのです。

カーリースの契約期間は一般的に言って3年、5年、7年などの長期に及びますが、リース車の「所有者」はあくまでもカーリース会社で、契約期間中に所有権がユーザーに移ることは基本的にありません。ローン購入の場合は車が自分のものなりますが、カーリースの場合はそうではないのです。

ですから、カーリースの契約満了時には、原則として車を所有者であるカーリース会社に返却しなければなりません。

しかも、ただ返却すればよいということではなく、元の状態で返却するのが原則となります。このため、契約後にリース車のパーツを交換したりパーツを追加したりするなどのカスタマイズを行なうのは原則としてNGです。

ただし、カスタマイズについてのルールはカーリース会社によって多少異なりますので、カスタマイズに興味があるのであれば、カーリース会社に個別に問い合わせてみることをお勧めします。

パーツを交換したりしても、返却前に原状回復できるのであればOKとしているところもありますし、法令に違反せずに車の価値を下げない範囲でのパーツ交換であればOKという会社もあります。

とはいえ、カスタマイズは一般的にはNGですので、独断でリース車のドレスアップはやめた方がいいでしょう。契約違反として高額な違約金が発生してしまう可能性があります。

契約時に、オプションなどでパーツを選べるカーリース会社もあります。トラブルにつながることもある契約後のカスタマイズとは違って、契約時にオプションとして選ぶ方法であれば、安心してカスタマイズできます。

カスタマイズに興味のある方は、自分好みのパーツをオプションとして扱っているカーリース会社を利用するのも1つの方法でしょう。

 

リース期間満了時の選択肢

カーリースの契約期間満了時には、一般的に下記の3つの選択肢がユーザーに与えられます。

1 車を返却する

2 契約を延長して同じ車のリースを続ける

3 残価分を支払って、車を買い取る

※契約プランによっては契約の延長や車の買い取りができない場合もあります。

先ほど、リース車のカスタマイズは原則としてNGだというお話をしましたが、実は、上記の3つ目の選択肢を選ぶ場合、つまり車を買い取る場合にはカスタマイズしていても問題とはなりません(違法改造を除く)。車をカーリース会社に返却しないからです。

ただし、契約時に最後に車を買い取るかどうかを明確に決めている人はあまりいないでしょう。見切り発車でカスタマイズしてしまって、結局買い取らないことにした場合、原状回復の費用が発生してしまいますので、余計にお金がかかってしまいます。

ですから、むやみにカスタマイズするのは避けた方が無難でしょう。

 

契約満了後に車が自分のものになるカーリースサービスもある?

実は、契約期間満了後に、リース車をそのままもらえるカーリースサービスも存在します。そうしたカーリースの場合、車をカーリース会社に返却する必要がない訳ですから、基本的に車を自由に扱えて、パーツ交換などのカスタマイズもできます。

以下で、そうしたサービスを提供しているカーリース会社をご紹介したいと思います。

カーコンカーリースもろコミ(カーコンビニ倶楽部株式会社)

残価設定なしのカーリースですので、契約期間満了後に追加料金なしで車をそのままもらえます。契約期間中の車の使い方に特に制限はありませんので、パーツ交換などを楽しむことも可能です。

支払いプランは、7年リースの「もろコミ7」と9年リースの「もろコミ9」のいずれかから選択します。「もろコミ7」では契約から5年経過後、「もろコミ9」では7年経過後から、原則解約金なしで車の返却や乗り換えができるようになります(返却車両の損耗状況により請求が発生することもあります)。

月々のリース料は8,000円(税込)~と非常にリーズナブルです。月々2,160円(税込)でカーナビやETCなどのアクセサリーをまとめたパッケージの「カーアクセサリーセット」、月々2,700円(税込)でタイヤ交換やバッテリー交換などのメンテナンスサービスを受けられる「メンテナンスパック」を付けることも可能です。

カーコンカーリースもろこみは、契約期間中ガソリン1ℓあたり何と20円(毎月最大2,000円)をキャッシュバックしてもらえるお得なキャンペーンを実施中です。

※詳しくは、カーコンカーリースもろコミHPまたはもろコミ販売店にてご確認ください。

※キャンペーン・サービス内容は予告なく変更・終了する場合があります。

いまのりくん(オリックス自動車株式会社)

5年契約の「いまのりくん」、7年契約の「いまのりセブン」、9年契約の「いまのりナイン」の3つのプランがありますが、「いまのりセブン」と「いまのりナイン」では契約期間満了後に車をもらえる仕組みになっています。

契約期間中の車の使い方に特に制限はありません。車を購入した場合と同じように使うことができますので、パーツやカー用品を後付けすることも可能です。

「いまのりセブン」は契約から5年経過後、「いまのりナイン」は7年経過後から自由に車の返却や乗り換えができるようになります(返却時の車の損耗状況により、料金を請求される場合があります)。

いまのりくんを利用すると、「オリックスレンタカー」を基本料金の半額以下で利用できるといううれしい特典を楽しむことができます。

Carsma(住友三井オートサービス株式会社)

5年契約の「Carsma5」(売れ筋車種限定)、7年契約の「Carsma7」(売れ筋車種限定)、3年・4年・5年の中から期間を選べる「CarsmaC」というプランがあります。その中でも「カースマ7」は契約満了時に車をそのままもらえる仕組みになっています。

契約期間中に車の価値が下がっても清算金は特に発生しませんから、パーツ交換などのカスタマイズを自由にできます。ただし、途中で車を自由に返却したり、乗り換えたりできるようになるシステムは残念ながらありません。

車のパーツ交換やカスタマイズを自由に楽しみたい方は、車の使い方に特に制限がない上記のようなカーリースサービスを利用すると良いでしょう。
人気カーリースを見る

関連する記事

車をリースで購入する場合の値段と月々の費用まとめ

リースで車を購入する際の最重要ポイントは月々の支払金額といった方が多いと思います。しかし、各業者のHPをみても本当にその金額で抑えられるのか、その他の費用は必要ないのかなど様々な点が不安になります。ここでは、リース車を購入した際の月々の支払いやその他にかかる費用などを詳しく解説していきます。

マイカーリースの時代がやってきた?個人向けカーリースの特徴やおすすめのリース会社をご紹介

カーリースと聞くと、あまり馴染みがない方も多いのではないでしょうか?カーリースは個人で利用するものではないと思っている方も未だにいるのが現状で、利用したことがない人もたくさんいます。しかし、カーリースについて本当のことを知ると見方が変わります。今回は、個人向けのカーリースについてご説明します。

日産の人気車、カーリースの料金は?日産の人気車種の見積り額を徹底比較!

日本を代表する自動車メーカーの日産。その技術力は高く評価され、「技術の日産、販売のトヨタ」などといわれた時代もあったようです。 フェアレディZやスカイラインなど、歴史に残る名車を多く生み出してきました。実は日本で初となる3ナンバー車、セドリックシーマやグロリアシーマを販売したのも日産です。このシーマは大ヒットとなり、一大ブームを巻き起こしました。 カーリースでも、日産の人気車種も、もちろん利用できます。そこで、現在の日産の人気車種のカーリース料金を、カーリース会社別に比較してみました。サービス内容の違いにも注目です。

カーリース利用時に車検を受ける際の必要書類は?確認しておきたいポイントを解説!

車を持っていると必要な手続きの1つが車検です。この車検はどのように行なえばいいのでしょうか。そもそも、車を借りている状態のカーリースでも、使用者が車検を行なわなければいけないのでしょうか。 車検の必要書類など、どのように用意しなければいけないのか正確に知らないという人も少なくありません。「車検の期限が迫ってきたのに必要書類が足りない!」なんてことにならないように、車を持つなら車検についてきちんと把握しておきましょう。