カーリースの口コミ・人気ランキングの情報をお届け!!

個人向けカーリース車比較 | お役立ち記事

リース車の事故で全損!修理代や解約金はどうなるの??

気を付けていてもリース契約をしている車両で一部破損事故や全損事故を起こしてしまった場合、どのようなことが発生するのでしょうか。「修理費用は自己負担なのか?」「解約金が発生するのか?」という疑問の答えから、自己負担が大幅に軽減されるカーリース車専用の保険も合わせてご紹介します。

タイトルアイコン

万が一に備える!車に乗るなら専用保険有のもろコミへ

カーコンビニ倶楽部が提供するカーコンカーリースもろコミは、カーリース専用の任意保険あり!万が一の時も安心保証。頭金0円・各種税金等コミコミで月々8,000円から新車に乗れる!

借りものであるリース車の全損事故を起こしてしまったら

 

事故はいつどのタイミングで起こるか予想ができません。もし事故が発生してしまった場合、どうなってしまうのでしょうか?

 

▽リース車の所有者はリース会社にある

契約者は月々の料金を支払うことによりリース車を使用する権利を得ているので、所有権はリース会社にあります。賃貸物件を借りるのと同じように、建物を所有しているオーナーと、実際に住む住人の関係であると考えるとわかりやすいでしょう。

 

▽事故が起きたらすぐにリース会社・警察・保険会社に報告をする

事故が発生した場合は以下へ連絡をする義務があります。

・警察

・消防(救急)

・リース会社

ここで気を付けなければいけないことは所有権のあるリース会社への報告義務です。これを怠ると契約違反となりますので注意しましょう。今後のリース契約にも悪影響を与える可能性が非常に高くなります。

また事故の規模に限らず、車両本体に小さな傷やへこみを発見した場合もカーリース会社へ申告をしましょう。小さな傷だし黙っていてもバレないと思っていても、車のプロにはすぐばれてしまうのでリース契約強制解除にもなりかねません。要注意です。

▽焦らないで!事故現場での対応の流れ

事故を起こしてしまった時には、焦って正常な判断がきかなくなる可能性があります。でも、事故現場でどう対応しておけばよいのかを前もって把握しておくことで、その焦りを小さくすることができます。以下で、事故現場での対応の流れをご紹介しますので、覚えておくようにしましょう。

1.負傷者の救護

怪我人がいる場合はその救護が最優先となります。怪我人の状況を見て必要であればすぐに消防に連絡しましょう。

2.車を移動させる

車を移動して路肩など交通の妨げにならないところに停車しましょう。

3.危険防止措置を行う

ハザードランプをつける、停止表示機材を置くなどの、後続車の追突防止措置を行いしょう。これを怠ると、二重事故の原因になります。

4. 警察へ連絡する

後で「交通事故証明書」を発行してもらうために、たとえ軽微な事故であっても、必ず警察に事故届をしてください。警察にはあいまいな言い方は避け、事実をはっきり伝えるようにしましょう。

5.任意保険に加入していれば、保険会社へ連絡する

事故の相手方との話し合いや賠償金の交渉などに関しては、保険会社に連絡すれば代行してくれます。事故を起こした際にどうするべきかを指示してくれますので、警察や消防への連絡の後に保険会社に電話するのは重要です。

6.リース会社に連絡する

先ほど述べた通り、リース会社にも忘れずに連絡しましょう。

7.相手方の連絡先を確認する

加害事故か被害事故かに関わらず、免許証などで相手の氏名、住所、連絡先などを確認しておきましょう。また、相手の車両の登録番号もメモしておいてください。さらに、相手が任意保険に加入している場合には、保険会社名、証券番号、契約者氏名、連絡先についても確認するようにしましょう。

8.事故状況の確認や記録を行う

事故状況は、過失割合や賠償額を決める上で大事な要素になります。事故時のスピード、停車位置、信号などを忘れないうちに記録しておきましょう。目撃者がいる場合には、氏名や連絡先などを聞いておきます。

 

全損事故の場合、修理負担額や契約はどうなる?

 

▽任意保険に加入していれば修理費用を保険会社が負担してくれることがある

任意保険の補償対象は以下の項目になります。

 

・対人賠償保険

対人賠償保険は無制限が基本です。保険会社によっては無制限しか選択できない場合もあるほどの必須項目となっています。

 

・対物賠償保険

近年では対物事故でも高額な賠償が生じる可能性があることから、無制限に設定する人が増えてきています。

 

・人身傷害補償保険

保険会社によって異なりますが1,000万〜3,000万円刻みで1億円までの設定が可能となっており、通常約5,000万円まであれば十分な補償がされるといわれています。

 

・搭乗者傷害保険

人身傷害補償保険と内容は重複しますが、この保険をつけておくことにより別々に保険金が支払われるので安心感が非常に高くなります。事故を起こした側のためにある保険なので、車体の修理費用や運転手、搭乗者の傷害に対しても保険会社が費用負担をしてくれます。

 

・車両保険

自分の車の修理費等を補償する保険です。カーリースの場合は、リース車の修理費等をカバーしてもらえるということになります。例えば、車同士の事故で故障した、車にいたずらされた、盗難にあった、ガードレールで車をこすった、当て逃げされたなどの場合に保険金が支払われます。大きな事故や自然災害などで自分の車が全損になってしまった場合は、車を買い替える費用として保険金を充てることができます。後ほどご説明しますが、カーリースで全損事故を起こした場合には契約が解約となり、違約金を支払うことになりますが、車両保険の保険金をその支払いに充てることができます。

▽リース車を修理できる場合は契約続行となる

リース車で事故を起こしたものの全損まではいかず、修理可能な状態の場合、カーリースの契約は基本的に続行となります。ただし、カーリースの月々の料金にリース車の修理費用は含まれていませんので、費用はすべて契約者が自分で負担することになります。もちろん、任意保険に加入していれば、保険を使うこともできます。

また、修理が必要になった場合の方法や場所をカーリース会社が指定していることもあります。ですから、自分の判断で勝手に修理するのではなく、事前にカーリース会社に相談するとよいでしょう。

事故によって相手が怪我をしていたり相手の車が損害を被っていたりする場合、過失割合によって慰謝料や治療費、修理費を求められることがあります。これも任意保険の補償の対象となります。

▽全損によって契約が終了となり中途解約金がかかる場合がある

不慮の事故とはいえ、全損事故によりリース車の走行が不能となった場合は、リース会社により契約が強制解除となり中途解約金が発生しますので事故には十分注意しましょう。任意保険ではカバーしきれない金額になる場合もありますので、このあとご紹介するカーリース車専用保険も参考にしてみてください。

 

リース車を全損事故で廃車にしてしまったら、解約金はかかる??

 

▽修理不可能なほどの傷・故障の場合は解約金が発生する

全損して走行不能となりリース車として役目が果たせなくなるほどの場合、リース契約強制終了となり、途中解約金が発生することに加え事故により査定額が減少してしまいます。それによって、当初予定していた予定残存価格に変動が起こるので、多くの支払い金額が発生することになります。

 

▽解約金=残存価格だが、保険に入っていれば解約金の一部が補填される場合も

全損事故により解約金が発生した場合、加入している任意保険の補償内容によっては一部の金額がカバーされることがありますので、任意保険に加入することにより自己負担が大幅に減ることもあります。

なお、解約金の計算方法はカーリース会社によって多少異なりますが、一般的には次のような式で算出されます。原則として、一括で支払います。

解約金=残期間分のリース料+残存価格+事務手数料-未経過費用-返却車両の査定価格

※「残存価格」は契約時に設定した契約満了時点での車の予想下取り価格のことで、リース料はその金額を車両価格から差し引いて算定します。「未経過費用」はリース料に含まれる費用の中で、解約時までに発生しなかった税金や車検代、メンテナンス代などのことです。「返却車両の査定価格」は全損事故の場合「0円」になります。

 

▽任意保険への加入はおすすめ

カーリースのプランによって、リース車の全損事故を起こした場合に対応できるプランがある場合があるので要確認です。

■全損事故の補償に対応、カーリース専用の任意保険プラン

・保険料

リース車専用の自動車保険は通常の任意保険に比べ料金が安いので気軽に加入することができ、かつ補償内容も充実しています。

・全損事故発生時の対応

通常の自動車保険ではリース車の全損事故による費用はカバーしきれないところがありますが、カーリース車専用の自動車保険になりますので、事故発生時による走行不能の状態であっても違約金等を含めた費用を保険により賄うことが可能になり、自己負担が大幅に軽減されます。

例えば、人気のカーリースサービス「カーコンカーリースもろコミ」では、「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」を用意しています。この保険では、全損事故に伴って必要となる解約金は全額補償され、負担は免責費用分だけになります。また、通常の任意保険の車両保険では、中途解約費用よりも車両保険の補償額の設定が上回るという超過補償部分、つまり「無駄な保険料」が発生してしまう場合がありますが、「リースカー車両費用特約付き 自動車保険」ではそうした問題は起きません。

この例からわかる通り、リース車専用の自動車保険は経済性と効率性の点で優れていますので、カーリースを利用する場合には加入を検討できるでしょう。

車に乗る以上、急に起こる事故は避けられない場合もあります。もしものときのために、しっかりとリース契約の内容を確認し加入保険を検討したうえで、仮にリース車の全損事故に遭ってしまったときでも安心して対応できるよう心掛けていきましょう。

 

関連する記事

軽自動車を白ナンバーに!ラグビーワールドカップの特別仕様ナンバープレートに注目

デザイン・性能ともに優れた軽自動車は税金も安いため、愛車候補としてピッタリなのですが、黄色ナンバーが気になる方も少なくないでしょう。しかし、ラグビーワールドカップにちなみ、軽自動車を白ナンバーにすることのできる方法があるのを知っていますか?実は、そんなチャンスが目の前にあるのです。

オリックスカーリースともろコミはどっちがお得?評判やサービス内容の違いとは

希望する車種を月々の定額料金でお得に利用できる自動車のサブスクリプションサービスとしてカーリースに対する注目が高まるなかで、多くの企業がカーリースサービスの提供を開始しています。 数あるカーリースサービスのなかでも特に人気が高いと言えるオリックス自動車が提供するオリックスカーリースとカーコンビニ倶楽部が提供するカーコンカーリースもろコミに注目し、提供されるサービスの内容や評判などを紹介します。

車のリース期間はリース会社によってどう違うの!?リース会社各社を比較してみました!

カーリースを検討している方の中には「リース期間ってどれくらいで設定すれば良いのだろう?」と迷っている方も少なくないようです。確かにリース会社によって2年、3年、5年、7年、9年など設定されているリース期間は様々で、それによってリース料金なども変わってきますので慎重に選びたいところです。今回はリース会社各社のリース期間を比較してみましたので、カーリースを検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。